1998年毎日王冠での騎手の選択

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は前回に引き続き、

騎手の馬選び

についてのお話をさせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。




騎手がAとB、どちらの馬に乗るか選択しなくてはならない時、

騎手は乗る馬をまず間違えない

というお話を前回はさせて頂きましたが、

もちろん騎手も人ですから、

100%上手く行かない事もあります。

 

そこで今回はその実例として、

1998年に行われた、

GⅡ毎日王冠

を例に上げて説明したいと思います。

 

この日の入場人員は13万人

今年のGⅠ日本ダービーが12万3779人という数字を見れば、

GⅡでありながら、

この一戦がいかに注目されていたか

がお分かり頂けると思います。

 

主役は稀代の逃げ馬サイレンススズカ

そして2歳王者のグラスワンダー

NHKマイルカップの覇者エルコンドルパサーでした。

 

どの馬も歴史に名を残す超ハイレベルな名馬ですが、

この時、話題になった一幕があります。

それは、

グラスワンダーとエルコンドルパサー、どちらの馬を騎手が選ぶのか

という話題です。

 

この両馬の主戦を務めていたのは、

鋭い判断と果敢な仕掛けを得意とするベテラン・的場均騎手。

的場騎手はこの時、

グラスワンダーを選択するのですが、

どちらかを選択すれば、

もう一方の馬とは次からはコンビ解消となる

非常に厳しい選択を強いられていました。

 

ましてどちらも特別な名馬になる器を持った馬

的場騎手の悩みは相当に大きかったと思います。

 

そしてそんな騎手の悩みを掻き消すように、

ついに当日、決戦の火蓋は切って落とされたのですが・・・。

(レース動画は こちら からご覧下さい。)

 

 

レースの結果、的場騎手が選択したグラスワンダーは、

直線早目に仕掛けて失速し、5着。

骨折からの休養明け初戦

がこのレースでは、致し方ない結果だったと思います。

そして、手放したエルコンドルパサーの方が2着・・・。

無情な結果となりました。

 

この結果だけ見てみれば、

的場騎手は乗る馬を間違えてしまった

とも取れますが、

実はこの話には続きがあります。

 

グラスワンダーと的場騎手はこの年、

一年の総決算である有馬記念に出走し優勝

を果たします。

その後も宝塚記念、2度目の有馬記念優勝と、

時の名馬として一時代を築きました。

 

一方、エルコンドルパサーはジャパンカップを勝利、

蛯名騎手を背に渡仏し、

イスパーン賞、サンクルー大賞典と2つのGⅠも制し、

世界最強馬モンジューとの激戦の末に、凱旋門賞で2着

と世界を驚かせます。

 

まだこの頃の日本馬は、

海外でようやく成果を上げ始めたばかりの頃で、

本場である現地からは、この走りに

「今年は凱旋門賞馬が2頭居た」

と賞賛されたというエピソードまで生まれました。

 

このように2頭のその後を見るにつけ、

どちらを選んでも成功したが、どちらも捨てがたかった

という騎手の気持ちが痛いほど分かります。

 

そして、的場騎手とグラスワンダーのその後を見れば、

決してこの時の判断が間違いとは言えなかった

事もお分かり頂けると思います。

 

 

ここではしくれが言いたいのは、

騎手は長い目で見ても、その馬の特質を掴んでいる事が多い

という事です。

ですから、短期的には間違えて見えても

長い目で見ると更に騎手の乗り間違いは少ない

と言えます。

 

私達競馬ファンとしては、

競馬予想をする際は、騎手がどの馬を選ぶか

という点は非常に気になるところです。

そして、その要素が予想の手助けになってくれる事も

見逃せない事実です。

 

もし、競馬予想に迷ったとき・・・

騎手がどの馬を選んだか

に注目してみるという方法を、

はしくれは今回特に、お勧めしたいと思います。

 

*競馬に関わる「人的要素」を馬券に活かす方法としては、以下のような方法もあります。もしご興味がおありでしたら、ご一読下さい。)

職人競馬論




騎手はどの馬を選んだか?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

競馬といえば馬と人が織り成すドラマですが、

その中でも最も濃い人的要素となるのが、

馬に跨っている騎手であります。

 

これはもう言わずもがなですが、

騎手は着順に実に明確に影響を及ぼしています。

それは道中の折り合い然り、

またゴール前の仕掛けのタイミング然り・・・。

 

この騎手の判断で、その馬の着順が前後するのは当たり前の話です。

そこで今回は、

競馬予想をする時に、はしくれが騎手のどの点に注目して予想しているか

をお話したいと思います。




これは当ブログをずっとご覧下さっている皆さんには、

もうお分かりかも知れませんが、

はしくれが一番大事にしている競馬予想時の騎手を見るポイントは、

「騎手がどの馬を選んだか」

です。

 

 

ここで皆さんに質問です。

Aという馬とBという馬がおり、

それぞれが別の路線で勝ち上がって来たとします。

 

この2頭に乗っているのはOという騎手だとしましょう。

 

この2頭の馬が同じレースで顔を合わせた時、

O騎手はどちらかを選ばなくてはなりません。

この時、O騎手は一体何を基準に馬を選ぶでしょうか?

 

・・・・・・答えは出ましたか?

 

それでは回答致しましょう。

 

答えは、

「馬の背中の感触から、一つでも着順が上になりそうな馬を選ぶ」

です。

 

これは先週 こちら の記事でも少しお話しましたが、

騎手は個人成績に関わらず、

一度馬に跨ってしまえばその馬の能力が分かるもの

なのです。

 

これは元・騎手の谷中公一さんが著書の中でも語っています。

谷中騎手が地方競馬のパドックで勝ち馬予想をしているとき、

「見ているだけでは分からないけど、乗せてもらえれば分かる」

と思ったという回想からも、この話には信憑性があります。

 

そして、何より今年のGⅠ戦線を賑わせている馬の中にも

このような騎手の判断が問われるシーンは何度もありました。

 

 

アドマイヤミヤビとソウルスターリングの内、

ソウルスターリングを選んでオークスを制覇したルメール騎手。

 

ペルシアンナイトとアドミラブルの内、

アドミラブルを選んでダービーで3着と先着したデムーロ騎手。

 

グレーターロンドンとロゴタイプの内、

ロゴタイプを選んで安田記念で2着に粘った田辺騎手・・・。

 

これらの騎手は大舞台において、馬選びを一切間違えませんでした。

なぜこのような選択が可能だったかといえば、

馬の背中の感触に、騎手が自信を持っているから

です。

 

これは競馬予想をする上で、非常に分かりやすい判断材料になります。

事実、桜花賞・オークスでは、この理由から

当ブログでもソウルスターリングを上位に取っていますし、

ダービーでも同じです。

 

安田記念では残念ながら両馬とも無印でしたが、

結果は正しく出ています。

 

このように、予想に迷った時などは、

騎手がどの馬を選んだか

を指針にしてみると良いでしょう。

その順列を使って馬券を組み立てれば、

点数を抑える事ができます。

 

今回は競馬予想時の判断材料として、

騎手がどの馬を選んだかに着目する

という方法をお話しました。

次回は、

騎手の馬選びが難しかった実例

についてお話したいと思います。




買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、当ブログがこだわっている

買い目は6点以内

という数字について、

詳しく説明したいと思います。




競馬が当たらない理由は大きく分けて二つある

という事は以前 こちら の記事でお話しましたが、

馬券の種類や組み合わせ次第では、

予想の印が今一でも、

利益を出す事が可能です。

 

当ブログは基本的に

お小遣いで競馬を楽しむ方向け

に作成していますから、

大きく当てに行く三連系馬券よりも

単複がメインです。

 

そしてお小遣いで競馬を楽しむ方に向けて、それこそ

お小遣いの範囲内で買える総額

を重視しています。

 

その為、購入金額が抑えられる点数で

買い目は少なくしています。

6点と決まっていれば、

今後どれくらいお金がかかって、どれくらい当たれば安泰なのか

という計算もしやすいです。

 

また、「競馬のいろは」を覚えて頂き、

自身の馬券に活かすとき、

馬券の式別選択の悩み

を大きくしないためにも、

基本的な馬券の扱いを少点数でお見せしたい

と思っています。

 

それでは、前置きはこれくらいにして、

実際に6点あればどんな馬券が買えるのか

を実例を踏まえて説明したいと思います。

(実例はレース結果のリンクをご参照下さい)

 

 

まず、何と言っても6点という数字は

馬連・ワイドのボックス馬券を買うのに適している

と言えます。

 

これは、

当ブログの予想印の基本が、4つまで

という事と関係がありますが、

その4頭でボックスを組んだ場合は、

買い目が丁度6点となります。

( 夏至ステークス結果 )

 

そして、もし印を3頭に絞った場合は、

馬連・ワイドの両方のボックスが買える点数

でもあるのです。

 

更に、6点という数字は偶数ですから、

応援馬券を買う際も使い勝手が良いんです。

単・複を同時に買う時、

割り切れない数字だと、

応援馬券は買えません。

印を3頭に絞り、3頭の応援馬券をそれぞれ買う

という方法もあります。

函館スプリントステークス結果 )

 

そして、

大きく狙いたい時にも、この6点買いは役に立ちます。

三連単を買う時は、

◎→○▲△の2~3着づけや、◎→○▲→○▲△×のように

本命◎を1着固定で流します。

するとこれも丁度6点。

三連単なので難度は高いですが、

はしくれは個人的に、何度もこの馬券にはお世話になりました。

福島牝馬ステークス結果:大川の予想より )

 

流し馬券でも、

◎ー○▲△の馬連とワイドそれぞれに流せますし、

6点もあればかなりの数の馬券を扱う事ができます。

 

はしくれは、

競馬は一点に大きく張るより、買い目を工夫して利益を上げる

のを信条にしていますから、

馬券の扱いに慣れるためにも

6点買いはお奨めです。

 

ところで、

利益を大きくしたい

と思ったら、

皆さんはどうしていますか?

 

はしくれは普段から6点買いが主ですが、

自信のレースはこれに倍額賭ければいい

と思っています。

 

そもそも、

不慣れな三連単で勝負に出ても、そうそう当たるものではありません。

かと言って、

単・複だけでは足りない事もあります。

 

これは扱い慣れた上ですべき事だと思いますが、

三連単にも劣らない爆発力を、

きっと実感できる事でしょう。

 

いかがでしたか。

競馬は買い目を鍛えないと、

中々勝たせて貰えません。

予想の印が良くても馬券が中々当たらないという方は、

ぜひこの機会に点数の見直しを、

されてみてはいかがでしょうか。

 

競馬予想は印と買い目が噛み合って初めて利益を産むものです。

皆さんも挫けずに、ぜひ楽しんで買い目の上達をされて下さい。

その馬券のヒントをこれからもお届けできるよう、

当ブログは努めて参ります。

 

それでは、今回はこの辺で。

ご精読ありがとうございました。