距離適性とは?見極め方法を伝授します!

 

「あの馬には距離が短い」

「この馬には距離が長い」

競馬予想をする際に、こんな言葉を聞いた事は誰にでも有ると思います。

 

競馬予想において距離適性がいかに重要かは、

今更論じる必要がないほど予想家に浸透しています。

ですがいざその根拠をきちんと説明するとなると、

殆ど説明できる予想家がいないのが実情です。

 

そこで今回のコラムでははしくれ得意の相馬眼から、

距離適性を見極めるための方法を伝授致します。

巷にはびこる距離適性論とは一味違った解説を、

ぜひ最後までじっくりとお読み下されば幸いです。

 

☆そもそも距離適性とは何なのか・・・

 

距離適性とは読んで字の如く距離の適性の有無を指しますが、

競走馬にも人と同じく、距離による得意・不得意が有ります。

陸上選手も短距離走者と長距離走者に分かれていますが、

競馬では大体1600m以下が短距離、2400m以上が長距離に分類され、

その中間は中距離という呼ばれ方をしています。

 

この内対象となる馬が得意とする距離を適性と呼び、

それ以外の距離を使うときは距離不安説が唱えられます。

そしてこの距離不安説から予想の難度が上がるのですが、

これは相馬眼(そうまがん。馬を見る眼力)を養う事で、

概ね解消する事ができます。

 

☆距離不安説の正体

 

そもそも予想時によく言われている距離不安説の正体ですが、

殆どの場合対象馬の血統を元に語られています。

最近ではキタサンブラックが長距離で大活躍を続けていますが、

元々はこの馬に対する根強い距離不安説が囁かれていました。

 

相馬眼を鍛えてきたはしくれには無意味でしたが、

これらの不安を煽る予想家の多くが血統を持ち出して、

やれ、菊花賞時はさんざん母系に問題があると言いながら、

同馬があっさり勝利した後は口を堅く閉ざしたものです。

(キタサンブラックの母父は短距離の名馬サクラバクシンオーです。)

 

こんな事が平気でできるのは確たる理論を持たないからで、

それというのもまず血統が誤解されているからだと思います。

この事に関しては「はしくれの血統論。競馬は馬体で決まる。

でも既に詳述していますが、

血統というのは元々理想の馬体を作る為のものです。

 

では理想の馬体というのは一体どんなものかと申しますと、

一言で言えば距離・馬場を問わず速く走れる馬体の事です。

それでいて頑丈で病気も怪我もしない健康さがあり、

気性も大人で人に従順、手がかからなければ最高でしょう。

 

ではそんな馬ばかりがGⅠを勝つのかと申しますと、

まずこんなパーフェクトな馬は居ないのが現実です。

ですが競走馬の馬体の進化はとどまるところを知りませんし、

実際にサトノダイヤモンドは優れた馬体を見せています。

(パドックの見方は「パドックの見方、お教えします!」をご参照下さい。)

 

 

では、このサトノダイヤモンドの距離適性はと申しますと・・・。

はしくれの持論では「万能長距離型」と言えましょう。

こういうお腹がきっちり絞れてすらっとした胴長タイプは、

基本的に長距離を得意にできるタイプです。

 

バランスが良く線がやや細いシャープな輪郭が特徴で、

日本の硬い良の芝ならスピードを持続できるタイプです。

実際はしくれは2016年、同馬が3歳の時には、

3冠に有馬記念と全て本命を打ちました。

当ブログ開設以降の天皇賞・春でも本命を打ち、

長距離を走るスタミナには疑問の無いところです。

 

それでいて長距離馬という括りに同馬が収まらずにいるのは、

同馬のトモが張り出していて、瞬発力に富んで居るからです。

トップスピードはこの尻全体、トモの部分が司る為、

この部分が発達していて更に馬体も絞れる同馬は、

スピードの要求される中距離でも安定して走れる、

距離適性の幅が広い万能長距離タイプです。

 

つまり距離適性を掴もうとするなら、

馬体を見ずには判断できないとはしくれは思います。

 

それでは、サトノダイヤモンドが得意とするカテゴリーとは質の違う、

短距離のレースではどんな馬体が理想でしょうか。

もちろん、短距離のレースには短距離のレースを走るだけの、

短距離馬の馬体の作りというものが存在します。

 

そこで万能長距離型のサトノダイヤモンドと比較のし易い、

短距離専門で活躍しているダート馬の紹介を致しましょう。

 

 

☆短距離馬と長距離馬の違い

 

写真のニシケンモノノフはサトノダイヤモンドとは打って変わって、

地方競馬(門別)でデビューして、

2017年のJBCスプリントを制したダートの代表的短距離馬です。

先のサトノダイヤモンドと比較してみると分かり易いのですが、

同馬は馬体が平面的で全体にすんぐりとしています。

 

なるべく分かりやすい特徴を持った馬を比較に挙げていますが、

短距離馬は同馬のようにお腹周りがぽてっと太めで、

長方形より正四角形に近い胴の詰まった馬体をしています。

短距離のレースというのはスピードが命ですので、

筋肉量が多くなり、体がずんぐりと膨れやすいのです。

 

これは特段、短距離馬でもダートが得意な馬に限らず、

芝もダートも両方こなせる、

レッドファルクスのようなGⅠ馬にも見る事のできる傾向です。

 

特に日本は芝の長距離、ダービーを頂点とする競馬ですので、

まだ何となく短距離馬でもすらっとした部分が残っていますが、

香港やオーストラリアの短距離志向の強い国では、

更に鎧のような筋肉をまとった四角い馬が多く見られます。

 

どういう距離で活躍させたいかが馬産に影響する以上、

こういう体型の違いは常に生まれてくるのが道理です。

(欧州の長距離馬の傾向につきましては、凱旋門賞で日本馬が勝てない理由をご参照下さい。)

 

このように短距離馬と長距離馬では体型が異なりますから、

これを事前に把握できれば、

的確に距離適性を見極める事ができますし、

距離不安説に惑わされる事も殆どなくなる訳です。

 

ですがこれらの例とは逆に、

中には適性の幅が広すぎて判断しにくい、規格外の馬というのも存在しまして・・・

そういう馬の実例としては、この馬を挙げておきましょう。

 

☆歴史的万能の怪物

 

時は昭和44年、1969年のこと。

この年競馬界を席巻した歴史的な名馬が居ました。

その名はタケシバオー。

現代表記で4歳の同馬が刻んだその驚くべき蹄跡は、

今尚日本競馬の伝説として語り草になっています。

今とは競馬が違うとはいえ繰り返すのが歴史の常なら、

予想におごらない為にも同馬を取り上げておきましょう。

 

この年、同馬は年明け初戦を2着に落として始まりますが、

その後の成績はご覧の通り大車輪の活躍でした。

 

・東京新聞杯(東京ダート2100m稍重・58kg)レコード優勝

・オープン(東京ダート1700m重・60kg)レコード優勝

・京都記念(京都芝2400m重・62kg)優勝。

・オープン(阪神芝1600m良・60kg)レコード優勝

・天皇賞・春(京都芝3200m良・58kg)優勝。

・ジュライステークス(中山芝1800m不良・65kg)レコード優勝

・毎日王冠(東京ダート2100m良・62kg)優勝。

・英国フェア開催記念スプリンターズステークス(中山芝1200m良・62kg)レコード優勝

 

一体どういう馬なんでしょう。

天皇賞・春を勝っていながらスプリンターズステークスに参戦、

ダートも芝も問わないばかりか距離不問で馬場も気にせず、

無茶なハンデを背負った挙句にレコード5回のおまけつき・・・。

まさに歴史的怪物です。

 

因みにこの後同馬が渡ったアメリカでは最下位沈没、

調子が悪かった事も重なり引退となりましたが、

国内で同馬が刻んだ27戦(16-10-1-0)の蹄跡は、

決して歴史の中に埋もれる記録ではありません。

 

手元にある写真を見ますとやや胴長でトモが大きく、

はしくれの知る競走馬ではキタサンブラックに似ています。

そう言えばこの馬もスプリングステークスを好内容で勝ち、

今年の天皇賞・春ではレコード勝ちを収めていますね。

 

芝の1800m~3200mで重賞を勝っていますし、

馬体重も最低体重から40kgも増加するなど、

成長力と安定感には似通った面があります。

タケシバオーの産駒にはGⅠ馬が出ませんでしたが、

重賞馬は誕生しておりキタサンブラックにも期待です。

 

☆その馬の距離適性を知るという事

 

以上のように距離適性は馬体から推測できます。

同じサラブレッドでも体型は違っていますし、

それぞれの距離に合った馬体のつくりが有るものです。

ただ時にはタケシバオーやキタサンブラックのような馬も居り、

一概には決め付けられないというのもまた一つの事実です。

 

競馬はとても奥が深く、距離適性もまた然りです。

距離適性やその根拠を安易に血統に求める前に、

まずはその馬の馬体や走りを把握していきましょう。

そうした真摯な努力の末に、的中馬券が実るのですから・・・。




異常な複勝オッズ・・・連馬券に囚われるな!

 

この掲示板を見て直ぐに違和感を覚えたあなたは、

かなりの競馬通です。

 

そう、本当にこれは異常なオッズ・・・

競馬歴20年のはしくれでさえも、

滅多に拝む事のできない非常に珍しいオッズです。

 

え?どれどれ??

と分からなかった方の為に、

改めて説明致しますと・・・。

 

見てください、この複勝の確定配当。

単勝640円に対して、複勝が460円。

これっておかしくないですか??

 

え?別に・・・。

と思われた方、そんな事ないんです。

 

そもそも優勝馬は2番人気。

複勝が460円も付くなんて事、

まず普通じゃありません。

 

この配当を記録したのは、

2017年11月5日の日曜日、

東京6レースの新馬戦、芝1800m戦での出来事でした。

 

この複勝オッズの異常さは、

実はこれだけに止まらず、

2着馬の複勝配当を見たときに、

更に驚きに変わります・・・。

 

それは・・・。

 

1~2着馬のワイドの配当よりも、

2着馬の複勝の方が高配当になっている

という事実です。

 

 

な、なんと・・・こんな事が・・・!!

 

更に良く見てみると、

1~3着馬のワイドよりも、

3着馬の複勝の方が高配当になっていますね・・・。

 

この時はしくれは結果を見て、本当にびっくりしました。

今まで沢山のレースを経験し、

当たり・外れにかかわらず、

地方・中央問わず何度も配当を目にしてきましたが・・・。

 

はしくれの知る限り、

複勝がワイドの配当を超えたケースは、今回が初めてです。

 

競馬場に通い詰め、

他場の結果も気にしつつ、競馬を見る事20年。

こんな珍事にお目にかかったのは、本当に初めてでした。

 

この珍事の立役者になった馬こそ・・・。

1番人気のステージインパクトという馬でした。

 

 

どうです?

新馬戦から中々の好仕上がり。

多少腹目が太い印象も受けますが、

人気に応えて不思議無い仕上がりにあると、

はしくれは思います。

 

パドック狂いのはしくれでさえ太鼓判を押した同馬でしたが、

結果はまさかの4着。

因みに全着順をお伝えしますと・・・。

 

 

このような結果になります。

 

単勝1.2倍という圧倒的な人気でしたが、

それもそのはず。

これだけの好仕上がりでM.デムーロ騎手が騎乗し、

仕上げたのも堀調教師となれば・・・。

これでは人気にならない方がウソと言うものです。

 

では、他の馬の仕上がりはどうだったかと言いますと・・・。

はしくれは同馬以外の写真をこの時、撮っていませんでした。

勝つのはこの馬だと思ったからです。

 

その為、写真で回顧する事はできませんが・・・

◎を上回るほどのインパクトはありませんでした。

 

そしてこの時のはしくれの予想は、

◎ステラーインパクト(4着)

○キリシマテソーロ(5着)

▲ドゥマン(2着)

☆シナモンフレイバー(1着)

で、全て◎ステラーインパクト絡みの馬券しか買っていませんでした。

 

多少腹目が太い事もあり、

ワイドで買っていたのですが、

まさかの4着敗退で驚いていたところに・・・。

この配当となりました。

 

あまりの驚愕に次の7レースでは、

ワイドが的中していたにもかかわらず、

複勝しか買っていないという事態を引き起こしてしまいます・・・。

 

それにしても、なぜ、こんな現象が起きたのでしょうか。

実はその答えはそんなに難しくありません。

 

既にご存知の方も多いかと思いますが、

オッズというのはそもそも、

各式別毎に個別で計算されています。

 

単勝なら単勝、

複勝なら複勝というように、

その式別の売り上げの中から、

控除分を除いた金額を配当として計算しているわけです。

 

ですから、複勝とワイドではそれぞれ別の計算になりますし、

独自の配当が弾き出されて確定するというわけです。

 

オッズというのはこのように、

違う式別とは相容れないので、

単勝の配当がどうであろうと、

ワイドの配当がどうであろうと、

複勝の配当には影響を及ぼさないわけです。

 

この時はつまり、

複勝馬券の売り上げの殆どをステラーインパクトが占めており、

皆複勝は低配当になると踏んで、

他馬の複勝を買う事なく、連馬券ばかりに手を出した

という事になります。

 

お恥ずかしながらはしくれも、その一人であります。

こういう人気を背負った馬が馬券圏内を外すとき、

複勝配当が跳ね上がる事は、身に染みているつもりでしたが・・・。

まさかワイドをも凌ぐ配当になるなんて、想像もしていませんでした。

 

ああ、1~2着馬のワイドに流していた100円を、

複勝に充てられていたら・・・。

と、今でも後悔の念に駆られます。

 

なまじ普段から単複重視の予想スタイルをしているだけに、

この配当にはとてつもない衝撃を、はしくれは受けました・・・。

 

因みに当ブログでは、

以前から単複を笑うものは単複に泣くなどの記事でも、

連馬券に囚われて単複をないがしろにしてはいけない、

と注意を呼びかけているだけに、

この結果には本当に、正直参りました。

 

今回の一件では、

馬券の選択の仕方一つで、収支が簡単に変わる

という事の、良い見本になると思います。

どうぞ皆さんもお気をつけて、馬券をお選び下さい。

 

そして競馬の収支改善を、

着実にこなして行きましょう☆




競馬予想が当たらない!そんな時は・・・。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

皆さんは、

競馬予想が当たらなくて、

競馬場や、テレビの前で嘆いたこと

はありませんか?

 

今でこそプロの競馬予想家として活動しているはしくれですが、

「競馬は難しいよ。」

の記事でもお伝えしたとおり、

以前のはしくれは当たらないことを、競馬場で嘆いていました。

 

もちろん、

当ブログの週末競馬予想でも、

実際に何度か連敗を喫していて、

そういう時はやっぱり落ち込み、嘆きたくなる

事もあります。

 

それでも何とか予想をお伝えしていけるのには、

はしくれ流の

「前向きになれる方法」

が存在しているからに他なりません。

 

そこで今日は皆さんに、

はしくれ流の「前向きになれる方法」について、

お伝えしたいと思います。




早速ですが、はしくれが

馬券が当たらなくて落ち込んだときに、前を向く方法

とは・・・。

 

ずばり、

「時間をかける事」

です。

 

・・・それだけ??

と思われた方が多いかと思いますが、

実際にこれだけです。

 

というのも、

技術的な事はさておき、

当たらない事を嘆きたくなるような時は、

どれだけ競馬の回数を重ねても、

やはりこの方法しか実際に立ち直る術が無いからなんです。

 

だって、考えても見て下さい。

外れて落ち込んで最悪な気分の時に、

すぐさま前を向けますか?

 

本当の心の強さというのは、

そういう揺れる自分の心を、ごまかさずに受け止められる事

だとはしくれは思います。

 

ですから、

意地を張ったり無茶をしたりして、

自身に負荷をかけるよりも、

まずはしっかり落ち込んで、

それから前を向くのが自然な事だと思います。

 

それで、

実際競馬をやっていると、

どういう風になるかと言いますと・・・。

 

はしくれの例えで言えば、

勝負レースで外した後は、

落ち込むのに時間を使って、

次のレースがやれなかったり、

ひどい時は

その後のレースを全て放棄して帰ったりします。

 

 

これが実況や解説の仕事を請け負っている方ならともかく、

一個人として競馬を楽しむのであれば、

全くしてはいけない事ではありません。

 

そして、帰りの電車やバスの中で

散々負けの記憶を繰り返すのです。

ああでもなかった、こうでもなかった、と・・・。

 

競馬は、確かに馬券を手にするたびに

戦場にいるような気分

になる事がありますが、

落ち込んでいるからといって、

敵に槍で刺されたり、馬に蹴られる

という事はありません。

 

もちろん予想家としては、

厳しいお言葉を頂戴することもありますが、

それでもまずは一個人として、

ただ落ち込むことを否定されることは無い

のです。

 

ですから、

まずは落ち込んでしまえば良いです。

そうすると、

「何でおれってこうなんだろう・・・」

とか

「何でこんな事になったんだろう・・・」

とか、そういう思いが浮かんでくるものです。

 

これって、

心に少し余裕が出てきた証拠

なんですね。

だって、

ついさっきまでの瞬間には、

敗因を考えるなんて、思いもよらなかったんですから。

 

そうやって、

人には負けを受け止める為の時間があって然るべきです。

ですから、

前を向くためにすぐさまできる事は、

「時間をかける事」

まずこれしかないと思います。

 

競馬を長く続けていれば、

誰でもスランプや長いトンネルを経験する事があります。

そして、それは決して間違いではありません。

問題はそういうときに、

無理をして追い上げたり、当り散らしたりする事です。

 

ですから、

外れた時、落ち込んだ時は初めから、

「時間をかける」と決めておく。

たったこれだけの事で、随分気持ちが楽になります。

 

あとは、ひたすら復習です。

思考が感情に引っ張られる限り、

真実は見えてきません。

まずは冷静な状態を作ってから、

結果を回顧されることを、

ここで強くおすすめしたいと思います。

 

それでは、

少しでも当ブログが役に立ち、

皆さんの馬券の収支改善が果たされる事を願って・・・。

今回はこの辺で。

失礼致します。