2017アルゼンチン共和国杯結果・優勝馬はスワーヴリチャード

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

日曜日は東京競馬場で、

GⅡアルゼンチン共和国杯が開催されました。

 

差しも決まる馬場状態でしたが、

内で脚を溜めて突き放したスワーヴリチャードが見事な勝利。

歴戦の古馬相手に、ダービー2着の実力を遺憾なく発揮してくれました。

 

同馬に本命◎を打ったはしくれにとっても嬉しい勝利となりましたが、

今回もしっかりと復習をして、次に繋げて参りましょう。

 

それではまずははしくれの予想からご覧頂き、

結果をご覧頂きましょう。

予想は以下の通りでした。

 

<2017 アルゼンチン共和国杯予想 印&買い目>

◎スワーヴリチャード

○セダブリランテス

▲アルバート

☆プレストウィック

買い目・・・馬連・ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*><*)

 

はしくれの◎スワーヴリチャードが1着・・・!

それでは早速、アルゼンチン共和国杯の結果を回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

流石に古馬の重賞戦、揃った飛び出しとなりました。

中々行く馬が決まらない中、

先手を切ったのはマイネルサージュで、

◎スワーヴリチャードは好位の内を進んで行きます。

 

1000mの通過タイムは60秒4で、

途中で大きく動く馬もなく、

ほぼ例年と変わらない平均ラップを刻んでいきます。

 

 

道中は一団となって向こう正面を回ります。

3~4コーナー中間地点でも殆ど馬群は一団で、

スワーヴリチャードはこの時もずっと内で我慢です。

 

 

4コーナーを過ぎた時点でスワーヴリチャードはこの位置。

最内は馬場が荒れていますが、進路はそこにしかありませんでした。

普通のレースであれば少々慌てるところですが、

今日の同馬は仕上がりも良く、手応えもばっちり残っていたので、

見ているこちらの不安は全くありませんでした。

 

前を交わし去った同馬はその後も鮮やかな抜け出しを見せ、

後続を寄せ付けずにしっかり伸びてくれました。

 

 

2馬身半の差をつけて後続を離したところがゴール。

3歳馬の優勝は20年振りになりましたが、

やはりここでは能力が違って感じました。

 

○セダブリランテスが3着で配当的にはトリガミでしたが、

とりあえず的中できてほっとしています。

 

因みに今回のスワーヴリチャードの勝因ですが、

まず間違いなく馬体の仕上がりが挙げられます。

 

実ははしくれは最近、

有料パドックメルマガ配信に向けたテストを実施していまして、

その時に配信した印が以下の通りでした。

 

 

ブログ予想とは印が違っていますが、

やはりはしくれはパドック党ですので、

こちらの予想の精度の方が高かったですね(^^;)

 

それでもデータ予想とは本線が全く同じで、

☆にソールインパクトを昇格させる形となりました。

仕上がり順序は以上の印の通りですが、

アルゼンチン共和国杯のパドック予想では、

4着までを印が独占という結果になりました。

 

今回は買い目も配信しまして、

◎・○単勝、ワイド流し◎軸ー○▲☆、馬連◎ー○で計6点でしたが、

これだときっちりプラスですね。

 

まだ色々テスト中で手探りではありますが、

実際にはしくれがこの目で選んだ印を、はしくれ自身が配信していますので、

もしご興味がおありでしたら下記ボタンからご覧ください。

(クリックしただけで課金されたりしませんのでご安心を。)

 

購入する!

 

また、方針が固まりましたら改めて告知致しますが、

予想の配信自体はこの間も積極的にしていく予定です。

 

さて、

今年のアルゼンチン共和国杯はスワーヴリチャードの圧勝で幕を閉じましたが、

これだけのパフォーマンスを見せた同馬には、

今後の期待も高まりますね。

 

ダメージも少なそうで、

この土日は内枠馬が活躍していましたから、

荒れ馬場による影響も限定的だと思います。

 

因みに同馬は今回仕上がっていましたが、

それでもまだ100%ではありませんでした。

素晴らしい形で今走を消化できましたので、

きっと次走も良い走りを見せてくれると思います。

楽しみですね。

 

それでは今回のアルゼンチン共和国杯の回顧は、以上となります。

また週末にはGⅠが始まりますので、

今度こそガミらないよう、的中したいと思います。

来週の週末も、どうぞ当ブログの予想を、

お楽しみになさって下さいね☆

それでは!

 

*勝利されたスワーヴリチャードの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




2017毎日王冠結果・ベストパドック賞は・・・☆

皆さんこんにちは、はしくれです。

先週の週末は豪華3日間開催でしたが、

皆さんの馬券の調子はいかがでしたでしょうか。

 

その3日間開催の中で、

最後の回顧となる毎日王冠の結果と、

はしくれも驚いたベストパドック賞の馬を、

今回は特別な形で取り上げたいと思います。

ぜひ、ご覧になって下さい。

 

それでは早速はしくれの、

毎日王冠の予想からまずはお伝えしたいと思います。

予想は以下の通りでした。

 

<2017 毎日王冠予想 印&買い目>

◎ソウルスターリング

○グレーターロンドン

▲リアルスティール

☆マカヒキ

△サトノアラジン

×ヤングマンパワー

買い目・・・馬連流し◎ー○▲☆△×各100円、複勝×100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

 

はしくれ・・・完敗です!!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)




はしくれの本命◎ソウルスターリングは8着・・・。

 

この3日間の重賞開催ではひとつも当てる事ができず、

本当に情けない結果となってしまいました。

後悔も沢山ありますが、

その毎日王冠の結果を、

しっかり振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

アストラエンブレムがやや出負けした感はありますが、

その他は特に問題なく、各馬スタートしました。

 

3番のダイワキャグニーが先手を主張する構えでしたが、

ここで最内からペースを窺い、

1番人気の◎ソウルスターリングがハナに立ちました。

はしくれの推し馬である×ヤングマンパワーは3番手に控えます。

 

道中はこの3頭が先陣を形成し、

少し縦に長い展開でレースが進んでいきます。

1000m通過は60秒丁度で、

良馬場でこの時計なら決して速くはありません。

4コーナーを迎えるときも、まだ3頭が先団でした。

 

 

ここからスタンドに居たはしくれは、

大観衆の中でヤングマンパワーに声援を送ります。

「ソウルスターリングと一緒に上がってきてくれ」

という思いで見つめていました。

しかし・・・。

 

直線坂下では既にソウルスターリングの手応えが怪しくなりました。

ですがヤングマンパワーの手応えはまだ、かなり残っているようでした。

殆ど絶叫状態でしたが、周囲の声援はそれ以上。

このレースへの注目度が分かる状況でした。

 

 

ここから、長い直線の攻防が始まりましたが、

最後はやはり切れ味勝負。

馬場も外側が伸びる事もあり、

差し馬が台頭します。

特に後方に居た▲リアルスティールと、

△サトノアラジンの勢いは、目を見張るものがありました。

 

 

この2頭が競り合うように馬場の3分どころを突き抜けてゴール。

軍配はリアルスティールにクビ差で挙がりました。

そこから1馬身半差の3着に○グレーターロンドンが入り、

内で限界まで粘ったダイワキャグニーが4着でした。

 

×ヤングマンパワーも人気以上に頑張ってくれ、

このメンバーが相手だった事もあり、

はしくれの目頭は熱くなりました。

 

さて、こうして大興奮の毎日王冠観戦劇となりましたが、

馬券の方がさっぱり当たらず、

皆さんのお役に立てず、

大変申し訳ございませんでした。

 

この3日間、はしくれと共に戦って下さった皆さんの為にも、

このままただ回顧だけで終わる訳には行きません。

 

ですので、

パドックが一番得意なはしくれが、

今回選んだベストパドック賞を発表し、

その画像を自由に使って頂いて構わないという特典を、

今回に限り設けました。

ぜひ、その素晴らしい馬体を収めた写真にご注目下さい。

 

それでは早速、毎日王冠に現れた

素晴らしい優駿に登場してもらいましょう。

 

今回のベストパドック賞は・・・!

 

 

サトノアラジン号です☆☆☆

 

「え・・・2着なのに・・・??」

と思われた方もいらっしゃるでしょうが、

それは別の問題です。

今回、パドックで最も輝いていたのは、

間違いなくこのサトノアラジンでした。

 

見てください、この筋肉の張りと均整の取れた好馬体を。

そしてフワフワと全身をまとう、オーラのようなツヤを。

これほど完成された仕上げには、そうそうお目にかかれません。

 

残念なことですが、

はしくれは正直同馬を見てすぐに、

自身の予想が外れる事を意識しました。

 

因みに、同馬はなぜ2着だったのかというと、

リアルスティールも仕上がっていた事と、

体形的な距離適性、

鞍上のパフォーマンスが差になっていると考えています。

 

上位馬の仕上がりは本番にかなり近い状態で、

毎日王冠というレースが、

いかに目標にされているかを実感した一戦でした。

 

因みにパドックの仕上がりと短評を、ランキング形式で発表すると・・・

 

1位サトノアラジン(100%の仕上がり)

2位リアルスティール(95%の仕上がり)

3位マカヒキ(89%の仕上がり)

4位グレーターロンドン(88%の仕上がり)

5位ソウルスターリング(80%の仕上がり)

 

でした。

そしてこの仕上がりを見てはしくれが思ったことは、

サトノアラジンが今後のレースでもう一度ピークに持ってこれるのかという不安と、

ソウルスターリングが例え100%でも及ばなかったのでは、

という事です。

 

伸びしろを考えたとき、

勝ち馬リアルスティールはまだもう一段見込みがありますし、

グレーターロンドンも更に良化が見込めます。

また、マカヒキも6着でしたが、

4kgほど絞れてくれば更に走っておかしくないです。

 

ただ、

今回のサトノアラジンは目一杯仕上げてきましたし、

ピークを2度作ると言うのは並大抵ではありません。

 

またソウルスターリングは、

形は出来ていたのですが、中身が伴っていない事が非常に気になりました。

馬体の迫力も強豪牡馬には及ばない感じでしたし、

これから2週間で仕上げるのはかなり厳しいと言えそうです。

 

ソウルスターリングはもっと言えば、

夏を越しての成長も、あまり感じられませんでした。

レースで凡走してしまったのも、

このあたりが原因の可能性が有ります。

特にレース展開も、前にそんなに厳しい流れでもなかっただけに・・・。

 

と、いう事で今回は、

様々な感想が浮かびましたが、

サトノアラジンの素晴らしい仕上がりに驚いたはしくれでした。

 

GⅠ戦でもそうそうこれだけ仕上がっている馬はいません。

凱旋門賞は残念でしたが、

やはり池江調教師はとても優秀なトレーナーだと改めて敬意を表します。

 

さて、このサトノアラジンの画像ですが・・・。

著作権に関してははしくれが所有しますが、

引用元さえ明記して下されば、自由に使って頂いて結構です。

ご自由にプリントしたり、

手を加えて使って頂いても構いませんし、

ご連絡を頂く必要も有りません。

 

意外と競走馬の写真というのは、

手に入らないものですので、

ささやかながら日頃のご愛顧に感謝して、

お使い下されば幸いです。

 

 

また、今回はせっかくですので、

騎手が乗っていないバージョンも特別にご提供致します。

著作権に関しましては先述の写真の通りです。

名馬といえども仕上がりには毎回差がありますので、

どうぞピーク時のサトノアラジンをご堪能下さい。

 

最後に、

これを持ってパドックに臨む方へ、はしくれからお願いがあります。

このような理想的な仕上げは本当に稀なもので、

ましてサトノアラジンほどの名馬でさえも稀な事です。

下級条件の馬たちの中に同様の仕上がりを探すのは、

相当に困難な事と言えます。

 

ですから、これはあくまで理想の状態として考えて欲しいのです。

良い仕上がりの馬というのは、

その馬なりに優れた仕上がりになるものですから・・・。

ぜひ、この点はご理解頂き、ひとつの雛形としてご活用下さい。

 

それでは、長くなりましたが、

今回の回顧は以上になります。

はしくれも皆さんと共に、

馬券の収支改善を目指して日々精進致します。

 

これからも的中を目指して努力して参りますので、

どうぞ当ブログを末永くご愛読下さいますよう、

心からよろしくお願い申し上げます。

 




馬体重に左右されないたった一つの方法

皆さんこんにちは、はしくれです。

新聞や各種データを使って、

必至に予想して組み上げた馬券ですが・・・。

いざ、買ってから馬体重の発表を聞くと、

不安になる事ってありますよね。

 

これで行ける!と思っていた予想ですが、

前走からプラス10kgとか、

マイナス10kgとか言われると・・・。

 

まして10kgくらいならまだしも、

これを超える上限というのも、

ままあるのが競馬です。

 

そこで今回は、

馬体重を気にしなくて良いたった一つの方法

を、実践を交えてお話しましょう。

 

馬体重を気にしなくて良い、

たった一つの方法とは・・・?

 

それは・・・・・・

相馬眼を鍛える事

です!




当ブログでは何度となく、

この事実に触れていますが、

皆さん実際にパドックを見て勉強して下さっていますか?

 

はしくれは本当に役に立つと思えばこそ、

パドックの見方、お教えします!

極意を公開しているのですが・・・。

 

開催場所にもよりますが、

はしくれは当該馬が、

大体何kgプラスかマイナスか、

この目で見て判断できます。

 

その実践として、先日の小倉9レースで、

実際に本命にした馬の画像をご覧頂きましょう。

 

 

この馬は画像の通り、

1番人気でプラス14kgという馬体重での出走でした。

これを見て皆さんは、

どう思いますか?

 

プラスでしょうか、

それとも、マイナスに見えるくらいでしょうか・・・??

 

はしくれの判断としては、

「ベスト体重~プラス2kg」

でした。

 

果たして結果は・・・。

 

 

・・・2着でした。

と、いう事は・・・

プラス2kgが正しかった

ようですね。

 

実際、同馬は枠入れの際、

若干発汗も見られましたので・・・。

因みに成績表は以下の通りになります。

 

 

1番人気が2頭いますね。

そしてこの時の、はしくれの馬券ですが・・・。

 

 

このような形です。

的中していますね。

1着馬の画像を保存しておらず、誠に申し訳ございません。

 

因みにこの時の1着、ブライトムーンですが、

馬体のつくりはほぼ完璧でしたが、やや緩さが残っていたため、

本命にはしませんでした。

結果論ですが、

同馬の方がムダが無かった分、走りましたね。

 

印の数や買い目の数も、

当ブログでお伝えしている通りの内容で投票しているのが、

画像からもお分かり頂けると思います。

 

印に関しては予想印が競馬スタイルを決める!で、

買い目に関しては買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

で既にお伝えしていますので、

そちらもぜひ参考になさってみて下さい。

 

という事で今回は、

馬体重に左右されないたった一つの方法とは、相馬眼を鍛えること

という事実を、

改めてお伝えさせて頂きました。

その実際のサンプルとして以上の画像を上げておきますので、

時々参考に眺めて下されば幸いです。

 

また、パドックに集中していると、

馬券の買い目を考える時間が極端に短くなります。

ですので、

あまり点数が多くなりやすい三連系馬券は避け、

単複を基本とする馬券術を、併せておすすめしたい

と思います。

 

当ブログの基本理念は、

ご覧下さっている皆さんの、競馬の収支改善

にあります。

相馬眼上達の道のりは平易ではありませんが、

絶対にやるだけの価値はあります。

ぜひとも皆さんも楽しんで、

上達を目指して下さい。

 

それでは、今回はこの辺で。

今回もご精読下さいまして、誠にありがとうございました。