JRA(中央競馬)の一大改革!降級馬が居なくなる?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

中央競馬は今、夏競馬真っ盛り。

夏らしいハンデ戦や、荒れる重賞、

突然の大雨や上がり馬の台頭など、

今年も夏競馬らしい熱戦が繰り広げられています。

 

そんな中、先週の7月28日土曜日、

JRA・日本中央競馬会から、このような驚きの発表が競馬ファンにもたらされました。

 

<4歳春季競馬までに獲得した平地収得賞金の取扱い>

現行
4歳春季競馬までに獲得した収得賞金を(4歳の)夏季競馬開始時点で2分の1とする

変更後
4歳春季競馬までに獲得した収得賞金を(4歳の)夏季競馬開始時点で2分の1としない

 

上記はJRAのホームページより抜粋したものですが、

これはとても大きな改革です。

今日はなぜこれが重要な改革なのか、

それを皆さんにお伝えしたいと思います。

 




 

☆降級馬が居なくなる

・・・この文面から先ず分かることは、

夏競馬の風物詩の一つである、上位クラスからの降級馬が存在しなくなる

という事です。

 

これだけだと分かりづらいので、簡単に説明すると

中央競馬にはまず、

収得賞金に応じたクラス分け制度

というものがあり、これは

レースで1着か2着に入ると得られる「本賞金」を

いくらその馬が稼いだかでクラス分けされる制度

になります。

 

3着以下でも賞金は出ますが、それらは本賞金には加算されず、

「総賞金」として加算される事になります。

(*一般的に競走馬が稼いだ賞金としては総賞金が取り沙汰されます)

 

現行の制度では、

競走馬がデビューできる2歳戦から、4歳の夏を迎えるまでに、

一頭の馬が収得した本賞金を一度、4歳の夏に半分にして計算する

という制度で施行されていまして、それによって

本賞金が現行クラスの収得賞金に満たない馬は、

下位クラスへと降級する措置

が取られていました。

 

そして、この制度には以下のようなメリットがありました。

 

1.早熟傾向の強い馬が、早い時期に賞金を稼いで成績が頭打ちになり、

上位クラスで活躍できなくなったりしている時、クラスが落ちて活躍しやすくなる。

 

2.逆に晩成傾向の強い馬が、体が完成される前に上位クラスで伸びあぐねている時、

下位クラスに降級する事で賞金を稼ぎやすくなる。

 

3.降級する事を見越したローテーションを考え、少しでも多くの賞金を稼げるよう、

所属馬を管理する調教師は作戦が立てられる。

 

4.馬券を買う競馬ファンは、上位クラスから下位クラスに転じる実力の高い馬たちを、

馬券で狙い撃ちすることができる。

 

主に以上の4点が挙げられますが、

こうしてみると4以外は、主に

馬主が一頭の馬で賞金をより多く稼げるような配慮

とも見られます。

 

もちろん、これは競走馬の為にもなるわけですが

基本的には馬主の強い影響力を物語っている制度と言えます。

ところが、この制度がなくなると、どうなるでしょう。

 

1.早熟で頭打ちになった馬や、晩成で伸びあぐねている馬にとっては、

活躍の場が少なくなる。

 

2.一頭の馬で多く稼ぐ事が難しくなれば、それだけ馬主の「見切り」も早くなり、

二度と見る事のできない馬が増える。

 

3.管理する調教師としても、レース選択の幅が狭まる事になり、

それだけ管理馬のローテーションに余裕が持てなくなる。

 

4.降級馬を狙い撃ちしていた馬券スタイルが、二度と再現できなくなる。

 

このような事態が訪れます。

 

 

天高く馬肥ゆる秋

という言葉がありますが、

競走馬は秋を迎える毎に成長する事が多く、

3歳の夏を越えて他馬が成長してくると、

どうしても早熟の馬には苦しくなるわけです。

救済処置としては地方競馬への移籍などもありますが、

やはり一番の心配は早熟馬の今後でしょう。

 

地方競馬では競走馬そのものが不足し、

1レースの出走馬が少なくなる傾向もありますが、

この改革で全ての競走馬が地方に移籍するわけではありませんので・・・。

地方競馬への移籍が救済処置になる場合は、多くはないでしょう。

 

ではなぜ、長年に亘って施行されてきた現行制度を

JRAが見直す事になったのか。

JRAの発表としては、次の通りです。

 

<期待できる効果>

・各クラスに応じた実力の拮抗した興趣溢れる競走を提供できること

・高条件競走の増加により、レベルの高い競走をより多く提供できること

・原則として、勝利度数に基づいた分かりやすい「クラス分け」となり、お客様にとって、より分かりやすく参加しやすい制度となること

 

この3つが理由です。

つまりJRAの趣旨としては、

馬主側ではなく、ファン側の視点に沿った改革

という事です。

 

これは果たして事実と言えるのでしょうか。

はしくれの見解は・・・事実だと思います。

 

確かにファン目線では、特に競馬初心者の方には、

現行のクラス分け制度は分かりづらいと思います。

新規競馬ファンを開拓する事に主眼を置いているJRAにとって、

今回の改革は当然の改革と言えるでしょう。

 

また、降級馬が居なくなることで、

夏競馬で降級馬が突出した人気になりなくく、

馬券的な興味が増すレースが増える可能性も否めません。

更に、勝ち上がり制度によってハイクラスなレースが多く組まれるようになれば、

観戦するファンの側も楽しみが増えるでしょう。

 

JRAの伝えるこの3点に関しては、もっともな言い分です。

ですが、それだけでしょうか。

 

 

今、日本の競馬はかつてないほどハイレベルになり、

一時はジャスタウェイが世界ランキングで単独首位に立つなど、

スピード感をもって国際化を果たしてきました。

凱旋門賞にはあと一歩届いていませんが、

2着までなら既に3頭が入線するまでに、

日本の競走馬は劇的な成長を遂げています。

 

ですが、このような改革の陰で起こるのは

「見切り」のスピード化です。

早熟馬の見切りが早まったり、

晩成馬の成長が待てなかったり、

見切られる馬たちが増えるのは悲しい事です。

 

新しい馬を活躍させるサイクルが早まることで、

馬産も活気づくでしょうし、

それはそれで、悪い事ではありません。

ですが、スピードを追い求めるだけでなく、

競走馬を長く大事に出来るシステムも、同時に必要だと思うのです。

 

今回改変されるこの事項も、

馬を長く所有する馬主のために、役立っていただけに・・・

一概に改善とは言い切れない、複雑な心情です。

 

はしくれは名前どおり、競馬人のはしくれとして、

今までも中央競馬のお世話になってきました。

今回の発表は、JRAの挑戦として悪くない改革だと思います。

ただ、まず競走馬ありきの競馬の世界で、

競走馬はもっと大事にされてほしいとも思うのです。

 

簡単に解決策を提示できる問題ではありませんが、

中央競馬の方々の知恵と、一競馬ファンの願いをもって、

よりよい競馬の発展を探ってもらいたいと思います。

 

この改革は2019年の夏競馬から適用されます。

あと2年しかない夏を、

皆さんと共に精一杯楽しんで行きたいと思います。




 

 

競馬は牧場が左右する。ノーザンファームは生産界の巨人。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

競走馬の故郷といえば牧場ですね。

皆さんは、牧場を訪れたことが有りますか?

 




 

この牧場ですが、

競走馬を生産する牧場の事を

生産牧場

と言います。

そのままですね。

 

この生産牧場ですが、実は・・・

馬券の収支改善に、大きく影響することを

皆さんはご存知でしょうか。

 

実際に馬券に絡んでいる馬たちが、

どの牧場から出ているのかが分かれば、

競馬全体の流れが見えてきます。

 

そこで、

今回はその「牧場」の影響力について、

触れて行きたいと思います。

 

まず、タイトルにもあるように、

現在の日本の競馬界をリードしているのは、

生産界の巨人・ノーザンファームです。

 

同牧場がどれほど凄いかと言うと、

2017年7月2日現在で、JRAの勝利数は275勝、

2位の社台ファームの159勝を大きく引き離してのリーディングに輝いています。

 

これだけではまだ分かりづらいので、

更に分かりやすく言うと・・・。

3位~12位までの牧場が束になってかかっても、勝数が及ばない

というくらい、圧倒的な開きがあります。

 

因みにノーザンファームは、

元は社台ファームから枝分かれした牧場ですので、

3位の社台コーポレーション白老ファームも含めて、

この御三家は身内と言えます。

 

ライバルと言えるのは4位の岡田スタッド

からとなりますが、その岡田スタッドにしても37勝、

ノーザンファームとは7倍以上の勝数の開きがあります。

 

この数を見ても分かるとおり、

日本の生産界は社台系か、非社台系か

に2分されます。

 

 

因みに社台系御三家の勝数を合わせると・・・

現時点で481勝、4位~46位までを合算した、479勝よりも多い数字

となります。

そもそも27位以下は一桁の勝利数なので、

これから更にこの格差は広がる事になりそうです・・・。

 

重賞勝利数(GⅢ以上のレース)はこの半年間で33勝。

この半年間の国内GⅠ・12戦の内、

実に7勝がこのノーザンファームの生産馬です。

 

どうでしょう、

ノーザンファームの恐ろしさ(?)

凄さが、

お分かりいただけたでしょうか。

 

今年は最初、連続で芝のGⅠを落としていたノーザンファームですが、

フェブラリーステークス

皐月賞

NHKマイルカップ

ヴィクトリアマイル

東京優駿

安田記念

宝塚記念

と、終盤になるにつれ、生産馬が連続で勝利を飾っています。

 

種牡馬ランキングトップを走る

3冠馬ディープインパクト

もノーザンファーム出身です。

 

日本の馬産は、ノーザンファーム(及び御三家)が握っている、

ということ・・・。

今日は、この事をまず、お話いたしました。

 

ではこれが馬券にどう影響するのか

はしくれ流の使い方は、

また来週、

詳述したいと思います。

 




ありがとう、クラレント。引退。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、6月16日に引退が発表された競走馬

クラレント

についてのお話をさせて頂きます。

 

このクラレント、

はしくれの大好きな競走馬の一頭でした。

 

競馬ファンなら誰しもお気に入りの一頭が居るものだと思いますが、

年齢を重ねても走り続け、

しかも馬券を的中させてくれる馬はそうそういません。

無事是名馬(ぶじこれめいば)を地で行く事は、

その言葉通り、

過酷なスピードで走り続けるサラブレッドにとって、容易な事ではありません。

 

クラレントという馬が、

そういう類稀な名馬で有った事を

ここで改めてお話させて頂きたいと思います。

 

まず、クラレントのデビュー戦ですが

京都の芝1400m、ここを1着で駆け抜けました。

高い前評判通りに強敵・サドンストームを退けると、

続くデイリー杯2歳ステークスで重賞を初制覇。

デビュー2戦目でいきなり重賞ウィナーの仲間入りを果たしました。

 

こういう成績を上げた2歳馬が、

その後ダービーを目標にする事は至極自然な流れであり、

クラレントも中距離路線を走る事になります。

 

ですが、距離が伸びると持ち味が活きず、

日本ダービーで15着(勝ち馬ディープブリランテ)と敗れた後は、

マイル路線に再び照準を合わせます。

 

そして復帰2戦後の富士ステークス。

新コンビとなる岩田康誠騎手を背に、

見事復活Vを成し遂げます。

元々マイラーだと思っていたはしくれにとって、

これは嬉しいニュースでもありました。

 

 

この後のクラレントは、

天皇賞・秋の出走を除いて、

全て1800mまでの距離を走り続けます。

競走馬の距離適性は、主に気性から来るものですが

同馬に合った走りが出来るのは、

間違いなくこのマイル周辺の距離だったと思います。

 

陣営とファンの期待に応え続けたクラレントの走り。

GⅢを5勝、GⅡを1勝しながら、

2014年9月14日の京成杯オータムハンデの勝利を最後に、

引退までの3年9ヶ月間、勝ち星に恵まれませんでした。

 

それでも、世界の名マイラーに上り詰めたモーリスに

コンマ2秒差に迫った15年・安田記念や、

今年17年・安田記念の1・3着馬を排出した

京王杯スプリングカップでの2着など、

負けて強しの走りでファンの胸を熱くしてくれました。

 

今後のクラレントは、

ノースヒルズの本拠地・鳥取の大山ヒルズにて乗馬になる予定です。

ここまでクラレントが稼いだ賞金・4億886万円。

屈腱炎は不治の病ではありませんが、

年齢を考えると、引退は止むを得ないところです。

 

橋口慎介調教師は腕のある調教師であり、

馬体はいつも仕上がっていました。

一ファンとして、師にはその事に感謝したいと思います。

 

41戦7勝。

中央競馬所属の重賞馬としては、

出走数も多く、

長い間ファンの目を楽しませてくれたクラレント。

その走りには感謝しかありません。

 

今後も大山ヒルズにて、

余生を楽しく過ごす姿が目に浮かびます。

ありがとう、クラレント。

そして、大変お疲れ様でした。

 

*クラレント血統・・・父ダンスインザダーク×母エリモピクシー(43戦7勝・母父ダンシングブレーヴ)2009年3月2日、新冠町・ノースヒルズマネジメント生産。馬名の意味=アーサー王の重宝。

*冒頭写真:ヤフー画像検索より