競馬予想家を上手に使う方法

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、

はしくれのような競馬予想家を上手に使う方法

について、お話したいと思います。

 

皆さんはいつも、競馬の予想をご自分でしていらっしゃいますか?

 

競馬が好き、馬券が好き、お金が好き、

色んな好きがありますが、

競馬の楽しみ、「好き」の中には、

自分で予想をする時間が好き

というものもあると思います。

 

好きな事ですから、

当然自分でやりたい

という方が多い事かと思いますが、

忙しくてそれどころじゃない

とか、

当たれば何でも良い

という競馬好きの方もいらっしゃいます。

 

はしくれ達プロの競馬予想家は、

前者の方、後者の方に関わらず、

何にせよ

馬券の的中のお手伝いをする為に居る

事は確かです。

 

そこで、

競馬予想家を上手に使うための方法

について今日はお話したいと思います。




競馬予想家はプロの予想家なのに、なぜ外れるの?

とお思いの方は多いはずです。

これははっきり言ってしまえば、

競馬が難しいから、という他はありません。

 

プロでありながら予想が外れると、

時にひどいバッシングを受けますが、

これの有る無しがプロとアマの違いを分ける境目と言えます。

 

 

確かに、お金を払って高いレストランで食事をしたのに、

まずい料理を食べさせられたら誰でも怒るに違い有りません。

 

当たらない予想というのは、まさにこのまずい料理なのですが

実はこのまずい、という感覚が

馬券を買われる皆さんにとって、

非常に重要な感覚になるのです。

 

どういうことかと言いますと、

予想家の出す予想には、当たり外れが有り

それを見極める事が重要

という事です。

 

同じシェフでも、料理の得意不得意はあるわけですが、

食べる側の味覚はそうそう変わるものではありません。

ですから、

このシェフはどういう料理がまずくて、

どういう料理が上手いのか

これを見極めれば良いわけです。

 

こう言うと、外れ予想の批判を回避していると言われてしまうのですが、

はしくれが言いたいのはそうではなくて、

予想家を踏み台にして、皆さんには的中を手に入れて頂きたい、

という事です。

 

気に入った予想家を見つけたら、

まずは、

今回は当たりそうか

を気にしてみて下さい。

この意識が有るか無いかで、

結果は大分違ってきます。

 

これは、はしくれ自身の体験談を例に取るのが早いと思います。

 

 

はしくれには、尊敬するある予想家の方が居ました。

居ました、と言うのは、昨年その方が亡くなってしまったからです。

その方のお名前は、清水成駿(しみず・せいしゅん)さんと言います。

 

GⅠレースともなれば、東スポの一面を飾っていた方なのですが、

コアな競馬ファンの方なら、ご存知の方も多いと思います。

この方の予想のおかげで、

はしくれは昔、万馬券を獲った事がありました。

 

その時はもう、びっくりです。

本当に当たったのですから。

プロの予想家なのだから当たれば当然のはずなのですが、

この時は自分でも意外なほどびっくりしてしまいました。

 

それで、この方の予想とはしくれが

「普段どのように付き合っていたか」なのですが、

はしくれはいつもこの方の記事の、

ある事に注目をしていました。

それは、

論理に矛盾が見つからない時と、

☆印の馬が好調の時期は、予想が当りやすい

という事でした。

 

これは意外なほど正確で、

レースがどうのこうのではなく、

こういう時の成駿さんは確かに当たる

という、はしくれの中での一つの理論になっていました。

 

ですから、

自分で予想をしなくても、当たり外れを予期する事が可能

になる訳です。

そして未だにはしくれは、

この方の予想で取らせていただいた万馬券が、過去の最高配当

であります。

 

そして、この時にはもう一つポイントが有りまして、

それは、

買い目は自分でカスタマイズした

という事です。

 

成駿さんの予想を見て、

はしくれが当たるときには、

本命の◎よりも、☆とか▲の方が先着するという事が良く有りました。

印どおりにワン・ツー・スリーと決まる事は稀です。

そこで、買い目は自分でアレンジして、

印を組み替え、

馬単の予想を勝手に三連単に変更して買ってみました。

それが大正解で、

配当が5~6倍くらい違う配当(百円で3万6千円)をしっかり手に入れたのです。

 

このように、

その予想家のクセや当たり時を知っていれば、かなり役に立つ

のですが、

あまりこの事実は知られていないように思います。

 

そしてこれは、今になって考えれば、客観性の論理で説明が付きます。

 

予想家本人はいつも通り予想しているつもりでも、

他人から見れば、あれ?なんかいつもと違うな

という感覚はすぐに分かります。

 

これは客観性を持つ他人だから分かるのですが、

予想家本人が気づくのは、かなり厳しいものが有ります。

 

 

ですから、このブログを読んで下さる皆さんには、

ぜひ、はしくれのクセを見抜いて、的中に繋げて頂きたいのです。

あれ?今回のはしくれは、なんかいつもと違うな、とか

今回のはしくれは何か矛盾しているぞ?

という時には、迷わず捨てていただいて構いません。

 

あくまで予想家は、皆さんの的中のための踏み台

に過ぎませんし、

ひとつの予想ツール

と言っても過言ではないでしょう。

 

ですから、どうかはしくれの予想を、

冷静な目で見つめて下さい。

その上で、

使えそうなら使ってみる

このスタンスが重要です。

 

いかがでしたでしょうか。

最後にはしくれがはっきりお伝えしたいのは、

プロの予想だからと言って、丸乗りするのが得策とは言えない

という事です。

 

なぜなら

皆さん自身の中に眠る、的中の予感を鍛える事

こそが、

本当に収支改善に役立つ、最も重要なスキル

になるのですから・・・。

 

どうかこの事を覚えて頂き、

これからもはしくれの予想を、

皆さんの収支改善にお役立て頂ければ幸いです。




パドックを見たい方、鍛えたい方の強い味方

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

皆さんは競馬を心から楽しんでいますか?

 

はしくれはプロの競馬ライターなので、

個人的な勝ち負けよりもその成績が気掛かりですが、

個人的に競馬を楽しむ時は、

とにかくパドックを見たい人間です。

 

個人的には競馬の楽しみを訊かれれば、まず

「馬を選ぶ楽しみ」

が大半を占めていると答えるはしくれですが、

つい一年前までは、

「パドックを見られない飢餓感」

に襲われていました。

 

予想がデータ主流という方には分かりにくいかと思いますが、

パドック党のはしくれにとって、

「パドックが見られない事=競馬に参加していないという事」

というくらいの飢餓感がデータ予想時にはあります。

 

だからせめて、

仕事と関係のないレースくらいはパドックを見たい。

パドックで癒やされながら(?)競馬予想を楽しみたいのです。

それも手伝ってはしくれの休日は、

ネット環境が整う、つい1~2年前まで

殆ど競馬場でのライブ観戦で埋め尽くされていました。

(中央・地方を問わず。)

 

どうにかしてパドックを、

心ゆくまでタダで見られる手軽な方法はないものか・・・

そう考えていたところ、

これが激変する事態が起きます。

それがこの画面です。

 

 

なんじゃこりゃあぁああ!!

・・・この画面を開いたとき、はしくれは歓喜に震えました。

地方競馬が見放題、

レースもパドックも丸々見放題で、しかもタダ!!

更に同時に複数の競馬場の様子をチェックできる

マルチヴィジョンを備えた画面・・・。

 

こんな、夢のような光景が、はしくれの目に飛び込んで来たのです。

冗談ではなく、この瞬間、はしくれの脳ミソから、

何か喜びの化学物質が放出されるのを、確かに感じました。

 

そして思いました。

地方競馬が見放題って事は・・・

平日でも空き時間で相馬眼が鍛えられる!!

と。

 

パドック狂いのはしくれ、

それからはもう、

仕事の前にパドック、

帰宅してからもパドック、

休みの日もパドックと、

ストイックなボクサーよろしくパドックに明け暮れました

言うなればパドック依存症であります。

 

 

正直に言ってこれは、

グリーンチャンネルwebよりも、高画質な画像です。

 

こんなきれいな映像が、タダで見放題。

知らなかった!!

と損した気分になりましたが、

そんな事も始めてしまえばすぐに忘れてしまいます。

 

あれもこれもとレースを見続け、気がつくと一日が終わっていた・・・。

そんな日もありました。

 

中央競馬はグリーンチャンネル加入が

自宅でパドックを見るための必須条件ですが、

地方競馬はそうでは有りません。

そして、地方だからと侮るなかれ、

はしくれはこのサイトを使って、

モニター観戦時の相馬眼を着実に向上

させる事ができました。

 

少しだけお話しすると、大井の夜開催と

中央・小倉の開催、モニター中継は

かなり似通った要素が有ります・・・。

 

 

返し馬もご覧の通りの高画質で、

締切りギリギリまで馬選びに没頭できます。

 

これはパドックを見たい、という欲求に

確実に応えてくれる素晴らしいツールです。

ただし、無闇に必要としないで下さい。

本気でパドックが見たいので無いのなら・・・。

 

それではそろそろ、このサイトの種明かしと行きましょう。

既にご存知の方も多いかと思いますが、

これは・・・。

 

「楽天競馬」のサイトであります。

 

楽天と言えば楽天カードや楽天銀行など、

楽天市場を日本に広めたネット業界の先駆者ですが、

その楽天が運営しており、怪しいサイトでは全く有りません。

トップ画面はこんな感じです。

 

 

このように、その日の開催場が表示され、

クリックすると各競馬場のデータ画面、

もしくはライブ中継に飛ぶことができます。

 

そして、更に魅力的なサービスがありまして、

それは、

「馬券の購入で、ポイントが溜まる!」

という衝撃のサービスです。

 

これがどれほど凄い事か、皆さんにはお分かりですか?

 

普通、中央競馬では「100円元返し」の際、

10円の払戻金をプラスする

「JRAプラス10」というサービスがありますが、

これはそれの遥か上を行くサービスなのです。

 

 

これはサイトの左サイドバーに表示されているイベント画像ですが、

見てみて下さい。

2017年のGWには、なんと10%ポイント還元決定レースが、

初めからこんなにありました!

 

これが何を意味するのかお分かりですか?

これは、

当たっても外れても、買った金額の10%がポイントとして還元される

レースなんです!

しかも配当の高低に関係なく!です。

と、言う事は・・・。

 

仮にディープインパクトのような鉄板級の馬がいたなら、

複勝100円元返しでも、利益が出る

という事です!

 

実際これは裏技として、

以前は更にポイント還元率が高い時期が有り、

その際に大金を複勝に賭けて、ポイントで大儲けしていた人が沢山いた

という話です。

 

その事実から楽天競馬も、

ポイント還元率を見直さねばならなくなったそうなのですが・・・。

未だに太っ腹です!

 

こんなサービスができるのも、楽天競馬ならではです。

どこの馬の骨かも分からない企業力では、

ポイントの価値は有りません。

楽天ポイントだからこそ、現金に匹敵する価値が有るというものです。

 

では、画面の右サイドバーも見てみましょう。

ここには、会員の購入金額に応じた

「大盛りプログラム」

が表示されます。

 

これは買えば買った分だけポイントが溜まりやすくなるサービスの事であり、

これのランクが高いほど、指定されたレースかどうかに関係なく、

どんなレースでもポイント還元が受けられるようになります。

 

つまりは

これが高ければ高いほど、お得に馬券を買える

訳です。

凄いサービスだと思いませんか?

 

タダでパドックを見たい

という欲求を満たしてくれ、且つ

相馬眼が鍛えられてポイント還元まで受けられる。

 

正直これは、

「JRAよりも進んだ馬券システム」です。

 

2017年のGWには、3日にレーザーバレットが出走する「かきつばた記念」

4日にはリゾネーターが出走する「兵庫チャンピオンシップ」

5日にはコパノリッキー、ベストウォーリア、モーニンらが出走する「かしわ記念」が開催されました。

 

これらを全部タダで、

パドックからレースまで観戦できて、

果てはポイントの還元まで受けられる

夢のようなサービス。

楽天競馬

これは使わない手は有りません!

ご登録はこちらのリンクバナー↓から!



それでは皆様が、これからも気兼ねなく

相馬眼を鍛えられますように・・・・・・!!

ダービー馬候補誕生!!青葉賞(2017)予想結果

こんにちは、はしくれです。

今日は天皇賞・春の回顧に続いて、

青葉賞の予想結果をお伝えしたいと思います。

土曜日に行われたレースの回顧になりますが、

どうぞ皆さんお付き合い下さい。

 

さて、上の写真の通り

今レース最大の注目馬は、アドミラブルでした。

はしくれの本命もこの馬からでしたが、

まずははしくれの予想が当たったのか?

ダービー馬候補は現れたのか?

その復習から参りましょう。

 

はしくれの予想は下記の通りです。

 

◎アドミラブル

○トリコロールブルー

▲ベストアプローチ

△ダノンキングダム

×サーレンブラント

◎から馬連流しで○~×に各100円、計400円

 

さあ、はしくれの予想結果は・・・。

 

・・・やりました!的中です!!

見事本命の◎アドミラブルが優勝を果たしてくれました。

2着に来たのは外国産馬の▲ベストアプローチでした。

払戻金は以下の通りです。

 

 

馬連で4点流しでしたので、780円の配当金です。

プラスが380円、きちんと出ていますね。

このレースはダービートライアルですが、

その中身も大変濃いものになりましたので、

的中と併せて非常に嬉しいレース観戦となりました。

それでは、いよいよレースの回顧へと参りましょう。

 

まず、GW最初の日という事で沢山のお客さんが来場していましたが、

メインレース前から暗雲が垂れ込める生憎の空模様。

パドック直前からレース前まで豪雨が突然降り続けたので、

馬場状態が心配されました。

差し脚鋭いアドミラブルにとって、これは好ましい状況とは思えません。

ですが・・・。

見て下さい、このゴール前!

はしくれの手もブレるほどの圧勝でした!

 

この走りには間近で見ていて只ならぬものを感じましたが、

実際そのレースの中身も相当濃いものでした。

 

まず、アドミラブルはスタート後、出負け気味に最後方に下がってしまいます。

これはゴール前で一周目を待ち構えていたはしくれにとって、

最初の衝撃でした。

「あれ?アドミラブルが居ない・・・」

そう思って通過する馬を見送ると、

なんとびっくり、最後方で手綱をしごいているではありませんか!!

うそ・・・(汗)

とさすがにはしくれも焦りました。

 

ですが、2コーナーを回り、

思ったより馬群が凝縮すると、

鞍上のM.デムーロ騎手はやや前目に位置を上げます。

ここで一脚使ったわけですが、

アドミラブルは動じません。

ピタッと中団で折り合ったのにはレースセンスの高さが窺えました。

はしくれ2度目の驚きです。

 

そして、勝負どころの4コーナー。

ああ、やっぱり!

名手デムーロ騎手であっても避けられない

大外のポジション取り。

これでかなりのコースロスとなりました。

既に一脚使ってしまったアドミラブル、

ここから伸びるのか・・・!?

 

それも、杞憂で終わります。

そこでもう一度見て下さい、この表を。

これは上位馬のみの着順表示ですが、

アドミラブルはあの豪雨の後で、

出負け・途中進出・大外回しとスタミナを消耗しながら、

上がり最速の34秒6で突き抜けています(全頭中No.1)

これは相当のハイパフォーマンスと言って良いでしょう。

 

鞍上のM.デムーロ騎手が、

この馬の結果如何でダービーに乗る馬を決めようと思っていた事が頷けます。

この走りは、ちょっとやそっとの馬ではできない走りです。

はしくれはこうして4度驚いたのですが、

更にレース後衝撃の結果を目の当たりにします。

それは・・・。

 

走破タイムが2分23秒6!

という事実です。

これがどれほど凄いかと言うと・・・。

青葉賞レースレコードだったのです!

(しかも、ドゥラメンテが持つダービーレコードと、コンマ4秒差!

これをこの消耗度の高い競馬で、しかも関東初遠征でやってのけるとは・・・

物凄い能力だと思います。

これはダービーを勝てる可能性を持った馬と言って

良いのではないでしょうか??

はしくれはそう思います。

 

 

・・・見て下さい、レース後の、この落ち着き払った姿を。

やはりこれは、只者ではありません。

やはりはしくれはダービーでも、この馬に厚い印を付ける事になるでしょう。

ニューヒーロー誕生の予感・・・。

恐るべき才能です。

 

という訳で、今回のまとめはとにかくアドミラブルに重点を置いて

ご説明致しました。

皐月賞組に勝るとも劣らないパフォーマンスを

ダービーと同じ舞台でやってのけたアドミラブル。

これは実にダービーが楽しみになって参りました!

 

皆さんと、はしくれの夢を乗せて・・・。

ダービーは5月28日、いよいよ発走です!

(以下の写真は、ちょっと分かりづらいのですが、雨上がりにかかった二重の虹です。

ニューヒーロー誕生を予感させるような出来事でした。)