競馬小説「アーサーの奇跡」第82話 暗雲

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

思いがけず現れた馬車に乗り、再び決意を確かめた匠。

振り向く結衣のときめく眼差しに、何も言えずに身を焦がすのでした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第81話 勝利の女神

競馬小説「アーサーの奇跡」第82話

第82話 暗雲

 

「ゴロゴロゴロ…」

東京の10レース、パドックに向かった結衣と匠は、溢れかえる人混みの輪の中で、垂れこめる暗雲を見つめていた。

 

「どうなんだ…。この天気、持つかなあ…。もうすぐダービーだっていうときに…」

空を見ながら言った匠に

「匠さん…傘は持ってきましたか…?」

結衣も空を見上げ、問いかけた。

 

「いやまさか…。あの朝の感じなら、絶対雨は降らないだろうなと…。まあどっちにしてもこの位置じゃ、この前みたいに撮れないでしょうが…」

匠は視線を落としながら、周囲の人混みを見てつぶやいた。

 

「そうですね…ごめんなさい。わたしが、お散歩したいって言い出したから…。もうちょっと早くこっちに来て、待っていられれば良かったんですが…」

「そんな、全然悪くないです。馬車に乗ったのもおれの提案で、結衣さん付き合ってくれただけだし…。それにこんな感じじゃおそらく、朝から張らないと無理でしょうから…」

とっさに謝った結衣を見て、匠もすぐ答えを返していた。

 

「匠さんは、ほんとに優しいです…」

「いやそんな…結衣さんこそほんとに…」

互いに気遣ってうつむくと

「ドーンッ!!」

と大きな音が鳴り響き、周囲は一転、騒然となった。

 

「雷だあ…!」

その声が聞こえると、冷たい風と共にぽつりぽつり、大粒の雨が人混みの中へ、一斉に降りつけてくるのだった。

 

「大変だ!」

口々にそう言って、パドックから観客が逃げ出すと

「結衣さんもう、おれたちも行きましょう!」

その様子に匠が声をかけた。

 

「あ、待って!」

そんな匠の声に、結衣が鞄に手を伸ばして言うと

「…わたし一応、傘持ってるんです。人が空いたから前に行きましょう?」

テキパキと折り畳みを取り出して、さっと開いて匠に差し出した。

 

「あ…え、でも!これじゃあ小さいです。おれはいいけど結衣さんが濡れちゃう…!」

「構いません。このための傘ですし…。それにこれは恵みの雨です。匠さん、頑張って撮ってるから…」

結衣の声に匠はググッと、拳を握って結衣に問いかけた。

 

「あの、結衣さん。傘、貸してくれますか?それで結衣さんはスタンド入って…」

そう言いかけた匠に向かい

「わたしもです…。わたしも見たいんです。アーサーが目の前を歩く姿…。だからその…ダメって言わないで」

匠の口をそっと塞いだ。

 

「(ドッドッド…)」

匠の胸は強く、早鐘を打つように高鳴ったが、結衣の眼差しにコクリ頷くと、手を離した結衣にポツリと告げた。

 

「…分かりました。でも、危ないときには、結衣さんだけでも下がってください…」

結衣はただ黙って見つめると

「…嫌です」

匠の声につぶやいて、傘の外に視線を逸らしていた。

 

「あの、結衣さん…?」

尋ねかけた匠に

「…一緒です。危ないって思ったら…。匠さんも危ないはずです。だからそのときはわたしだけじゃなく、一緒にちゃんと場所を離れましょう…?」

振り向いた結衣の目に匠は

「はい…」

としか、言うことができなかった。

 

「でも傘は…おれに貸してください。アーサーが出るまでで良いですから…」

つぶやいた匠の声を聞き

「はい…。それじゃあ、一緒でもいいですか…?」

結衣がその声に返していた。

 

コクリと頷く匠の仕草に

「よかった…!」

結衣が微笑んで言うと

「それじゃ、行きましょう…」

雷鳴のなかで、二人は一緒に歩き出していた。

 

パドックの中は10レースに出る馬たちが雷鳴にも驚かず、大粒の雨に体を濡らして、その背に騎手を乗せて歩いている。

 

「かわいそう…」

ポツリとつぶやく結衣の、肩を濡らす雨に匠が気づき、傘をそっとすり寄せるあいだにも、10レースの馬たちは出て行った。

 

「…こうなるとあとは、ダービーの馬が出てくるまでの我慢になりますが…」

強い雨に匠が小さく、結衣の隣でそう声をかけると

「―…」

結衣が黙ったままで、匠の顔をじっと見つめていた。

 

「あの、結衣さん…?」

匠が問いかけると

「…ごめんなさい…!」

結衣が返事をして、匠が

「?」

と思った瞬間に、結衣が胸のなかに飛び込んでいた。

 

「―…!」

結衣は匠の肩に、もたれるように体を預けると、右手でぎゅっと服を掴みながら、震える声で匠につぶやいた。

 

「ごめんなさい…。あの、許してください…。こうしないと…匠さんが濡れちゃう…」

結衣の振り絞るような声に、匠は

「はい…」

としか、言えなかった。

 

暗雲に差した赤い雨傘が、頼りなく強い風に揺れている。

雨に煙る傘の外の景色を、甘い香りがそっと包んでいた。

 

次回予告

 

結衣の潤んだ瞳と重なって、ドキンと胸が鳴ってしまう匠。

自分を抑えるために唐突に、別の話を問いかけるのでした…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第83話 髪飾り

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第81話 勝利の女神

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*第3巻は5話分の先行!読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です