神戸新聞杯2022結果・優勝はジャスティンパレス

快勝。

前走ダービー9着となった実績馬ジャスティンパレスでしたが、今回仕上げも良好ななかで先行抜け出しを決めて快勝。

1番人気のパラレルヴィジョンは激しいマークに苦しみましたが、そんななかでスムーズに駆け抜けた勝ち馬の末脚が目立ちました。

上りも2位で菊花賞へ向けて視界の開けた一戦でしたが、そんな神戸新聞杯2022の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

神戸新聞杯2022着順

優勝馬ジャスティンパレス

2着馬ヤマニンゼスト

3着馬ボルドグフーシュ

神戸新聞杯2022予想結果

本命◎パラレルヴィジョン

買い目=複勝600円、計600円

予想結果=不的中

神戸新聞杯2022予想・本命はパラレルヴィジョン

パドックロード配信結果

☆1着→▲3着→◎5着→〇7着でした。

パドックロード(2022)9月度会員募集&前月度実績

馬券内2頭入着でしたが…

のりしお

はしくれ

上位選出馬が残念だった
早速馬体診断をしましょう

のりしお

はしくれ

うん

◎1着→〇2着→▲3着→☆10着
本命10番人気から上位3頭パーフェクト予想達成

神戸新聞杯2022結果・馬体診断

優勝馬ジャスティンパレス

まず優勝馬ジャスティンパレスです。

同馬はダービー時も好馬体で9着と敗れはしていましたが、今回も負けず劣らず仕上げて、上位を狙える馬に見えました。特に腹目が絞れてスッキリし、雄大なトモはそのままなために、十分瞬発力がうかがえる状態に出来ていたと思います。

同馬は柔らかく皮膚が薄目で、毛ヅヤもフワフワしたタイプなので、速い馬場への対応も可能で、スピードもあるタイプに思います。菊花賞の距離も柔軟性と、絞れた腹目が維持できてくれば、勝負になって不思議ないところで、大一番の仕上げに期待です。

2着馬ヤマニンゼスト

2着馬はヤマニンゼストです。

同馬は一か八かの仕上がりで結果的に2着となりましたが、こうしたタイプはパドック的には非常に手が出しづらいタイプです。腹目もギリギリ、馬体重からもマイナス12kgとありましたが、実際細めで馬場や展開も重要になるところと言えました。

武騎手は末脚に懸けましたし、これも奏功したと思いますが、長距離は合うと思えるタイプで、菊花賞でも楽しみがあります。距離的にはむしろ今回よりも次回が期待できるところなので、反動次第で入れるかどうかを判断していきたいと思います。

3着馬ボルドグフーシュ

3着馬はボルドグフーシュです。

同馬はやや体型が以前よりがっしりしてきた感がありますが、広いトモのつくりは失われず、毛ヅヤもよく、目立つ一頭でした。バランスがよくなったこともあって全体に馬が良くなりましたが、この体型なら追い込まなくても良い競馬ができるかと思います。

仕上げにムラがあまりないタイプで、いつも毛ヅヤが光って見えますし、落ち着いていて実力の発揮にあまり支障ないタイプと言えます。気性についてはあまり判断の材料としては重視しませんが、こうしたタイプはプラスに捉えて正解という良いお手本でしょう。

ヴェローナシチーが本命でしたが…

のりしお

はしくれ

文鎮体型で良かったけどね

今週のハイライト

さあここからは今週のハイライトのコーナーです

のりしお

はしくれ

今週はこのレースがハイライトだよ

◎1着→〇2着→▲3着→☆10着
土曜中山9レースの九十九里特別です

のりしお

はしくれ

ここは会心の一撃だった
本線3頭パーフェクト予想、1番人気も切っていきました。本命のウォルフズハウルは単勝10番人気でした

のりしお

はしくれ

これがあるのがパドック予想だよ
三連単では68230円の配当です

のりしお

はしくれ

会員さんが喜んでくれたら…
なぜ10番人気の本命馬を選べたんですか?

のりしお

はしくれ

ウォルフズハウルは中山に向いた文鎮体型でもあったからね。先週セントライト記念のとき、ガイアフォースを選びきれなくて、悔しい思いをしたのも効いたね。馬場も重馬場で「シークレットオブパドック」で書いた理論もあったし…
この部分は先行者利益を守るため、シークレットなんだとか…

のりしお

はしくれ

生活を支えてもらっているし、著作や配信を買ってくれている人たちはやっぱり特別だよ
これからもお役に立ちたいですね

のりしお

はしくれ

うん!しっかり頑張っていかなくちゃ

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

神戸新聞杯2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は本命に選出したパラレルヴィジョンが1番人気で、プラダリアが人気と思ったので、この時点からかなり誤算でした。レースではルメール騎手が騎乗しインに入れたのも今一でしたが、コテコテにマークされて出られずに、苦しい展開になっていました。

しかしそれでも直線外に出し、最後はしっかり伸びてきましたし、キャリアの浅さやレース展開が不利になったところは否めません。馬体も良好、「重かった」という鞍上の声も聞かれはしますが、相馬師としては良く見えましたし、次走以降見直したいものです。

実績馬が強い競馬でしたね

のりしお

はしくれ

本命馬は揉まれに揉まれたなあ…

騎手のコメント

1着鮫島克駿騎手・・・「力ある馬で、直線抜け出すときは良い加速力でした。3週連続追切で乗って、ゲート練習にもいきましたし、初騎乗でも不安を感じず競馬をすることができました。土日、中京競馬場で競馬して、ある程度の位置にいかなければと思っていたので正解でした。今回チャンスだったので、次走継続してもらえるなら、全力で頑張りたいと思います。」

2着武豊騎手・・・「内でじっとして直線にかけました。距離も大丈夫だと思います

3着吉田隼人騎手・・・「いい位置で行けました。ただ距離は少し長いです

ボルドグフーシュ距離が長いようで

のりしお

はしくれ

馬体的にはそう見えないけどね…

神戸新聞杯2022結果データ

勝ちタイム=2分11秒1(良)

前半1000m通過=60秒0

ペース=スローペース(1秒4差:前後半1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒4(2位)

レース上がり3ハロン=34秒7

4コーナー通過順位=3→11→16

クッション値(当日午前6時半)=9,4(標準)

おわりに

今回は3馬身半差つけた勝ち馬の強さが際立ちますが、後方から差す予定でもあった人気馬が崩れた一戦でした。これをマークして行った各馬には目がない状態に思えましたし、メイン重賞はこうした結果になりやすい点もあると思います。

とにかくパラレルヴィジョンはこれまで末脚を活かす戦法でしたし、厳しい競馬になっていたことが全てだったようにも思われます。素質・馬体まだまだ見限るには本当に早いと思いますから、自己条件からなり上がっていく姿を見られればなと思います。

負けても評価に変更はないと

のりしお

はしくれ

こういう敗戦は常だからね

パドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。温かいご声援に感謝して、配信に邁進して参ります。

はしくれ

来週も頑張ります
またお会いしましょう!

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です