セントライト記念2022結果・優勝はガイアフォース

上がり馬。

前走小倉でレコード勝利を果たして挑戦のガイアフォースが、アスクビクターモアを競り落としたセントライト記念2022。

各馬仕上がりは8割程度の難しいパドックとなりましたが、素質・実績上位の3頭が上位を独占する結果でした。

稍重馬場でのスタミナ勝負に強い3頭の決着でしたが、そんなセントライト記念2022の結果を復習しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

セントライト記念2022着順

優勝馬ガイアフォース

2着馬アスクビクターモア

3着馬ローシャムパーク

セントライト記念2022予想結果

本命◎アスクビクターモア

対抗〇ガイアフォース

単穴▲オニャンコポン

特注☆ローシャムパーク

買い目=ワイドボックス各100円、計600円

予想結果=的中:ワイド320円・600円・320円

セントライト記念2022予想・本命はアスクビクターモア

パドックロード配信結果

◎2着→〇3着→☆7着→▲12着でした。

パドックロード(2022)9月度会員募集&前月度実績

本線馬券内突入ですが…

のりしお

はしくれ

勝ち馬が選べず残念だった
早速馬体診断をしましょう

のりしお

はしくれ

うん

◎1着→☆2着→〇10着→▲11着
日曜ローズステークス本命アートハウスからワンツー的中

セントライト記念2022結果・馬体診断

優勝馬ガイアフォース

まず優勝馬ガイアフォースです。

同馬は予想時にも体型から中山は合うと伝えた通りに、強い走りで最後もライバルを競り落とす快勝の結果でした。文鎮体型ですし急坂で速度が落ちないことが特徴で、トモも張っており、パワー比べなら右に出るものはいなかったでしょう。

非選出の理由は自分自身、高い期待を掛け過ぎていたこと、腹目がさすがに少し太いかと判断して切ったことによります。この点はプロとしてこれまでにも様々経験を積んでいますが、自分自身が枷になったことが、非常に悔やまれるパドックでした。

2着馬アスクビクターモア

2着馬はアスクビクターモアです。

同馬は予想時に伝えた通り、やはり8割の仕上がりでしたが、全体的に仕上げが8割のメンバーなので本命にしました。まだ緩く、目標が先に感じ、皮膚感もまだ良くなるものですし、バランスが一番でなかったなら、本命も危うい仕上がりでした。

しかしバランスはやはりメンバーで一番優れた仕上がりでしたし、晩成傾向で幅が今回、増えたことが良かったと思います。もっと無駄なく絞れるかどうかは、次走に向け課題になるでしょうが、上昇途上の仕上げだったので、楽しみは大きいかと思います。

3着馬ローシャムパーク

3着馬はローシャムパークです。

同馬は半年ぶりの一戦も毛ヅヤがよく、目立つ馬体でしたが、何分多少腹目に無駄があり、この点も響いた3着でした。しかし非常に優美な馬ですし、距離適性も問題ないと言え、馬場やコースを選ばないタイプで柔軟性も持つ逸材でした。

それでも今回バランス面ではアスクビクターモアに譲りますが、どちらもきっちり仕上がってくれば、甲乙つけがたい馬と言えます。今回は相手強化でいきなりGⅡが舞台になりましたから、次走以降しっかりと仕上がれば、同様に期待できることでしょう。

ガイアフォースはさすがに太いかと…?

のりしお

はしくれ

そう思ったけど強かったからね。覚えておくよ

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

セントライト記念2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は枠順確定前に予想を公開したレースですが、稍重馬場や展開の想定、諸々上手くいったと思います。重馬場の考え方はコラムの重馬場・不良馬場の競馬予想。荒れるレースを攻略するにはに詳しくまとめてありますので、こちらをぜひご参照ください。

また今回はワイドにしましたが、JRAアニバーサリーから、配当が多少高くなったのも、僅かなこととはいえ嬉しいです。しかし人気が意外と言えるほど上位3頭に集中したので、本線2頭に絞れるくらいの予想力を目指していきたいです。

開催してくれて良かったですね

のりしお

はしくれ

人馬無事を心から祈ります

騎手のコメント

1着松山弘平騎手・・・「位置も良く、自分から動いていきました。人気馬を見ながら行くことができ、脚がしっかり溜まりました。少し怪我したこともありますが、まだまだやれる馬だと思うので、一緒に歩んでいきたいと思います」

1着杉山晴紀調教師・・・「最後は力で実績馬を抑えてくれました。雨もこれ以上降ると心配でしたが、本番では力でこなしてくれればと思います」

2着田辺裕信騎手・・・「目標にされたようでした。道中も悪いところはなく、ここはあっさり勝ちたかったです」

3着C.ルメール騎手・・・「勝ち馬の後ろ、ちょうどいい位置につけられましたが、ギアが上げられませんでした

やっぱり人気馬は狙われます

のりしお

はしくれ

それであの粘りだから凄いよね

セントライト記念2022結果データ

勝ちタイム=2分11秒8(稍重)

前半1000m通過=60秒3

ペース=スローペース(1秒1差:前後半1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒7(最速)

レース上がり3ハロン=35秒3

4コーナー通過順位=4→2→7

クッション値(当日午前7時)=8,4(標準)

おわりに

今回はスタミナが求められるレースになるとは踏んでいましたが、前に行って後ろを突き放した2頭の壮絶な競り合いでした。予想としては本命・対抗でワンツー決着となっていますが、せっかく馬体予想を活かしつつ、パドックで切ったのが残念です。

ガイアフォースは難しいタイプで腹目の許容範囲が底知れず、今回くらいの仕上がりであれば問題ないと記憶しておきます。菊花賞の際、長距離になると少々不安のある馬体ですが、当日が楽しみになりましたし、勝利してくれて嬉しかったです。

雨も陣営は懸念していたと

のりしお

はしくれ

馬体はまだ中距離向きだからね…

パドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。温かいご声援に感謝して、配信に邁進して参ります。

はしくれ

来週も頑張ります
またお会いしましょう!

のりしお

2 COMMENTS

しがない学生

どうも、生涯収支マイナス10万円君です
とうとう、マイナスになってしまいました

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。