ローズステークス2022結果・優勝はアートハウス

好仕上がり。

秋華賞トライアルの今走を好位追走で見事に抜け出し、重賞初制覇を達成したオークス7着馬のアートハウス

良発表も多少降雨のある天気が気になる一戦でしたが、「捉まることはない」という鞍上・川田騎手の騎乗も光りました。

実績・展開・騎手に仕上がりと4拍子揃った勝利でしたが、ローズステークス2022の結果をしっかり復習しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

ローズステークス2022着順

優勝馬アートハウス

2着馬サリエラ

3着馬エグランタイン

ローズステークス2022予想結果

本命◎アートハウス

買い目=◎複勝600円

予想結果=的中:複勝130円×6

ローズステークス2022予想・本命はアートハウス

パドックロード配信結果

◎1着→☆2着→〇10着→▲11着でした。

パドックロード(2022)9月度会員募集&前月度実績

本命快勝!おめでとうございます

のりしお

はしくれ

ありがとう、ワンツーも嬉しい
早速馬体診断をしましょう

のりしお

はしくれ

うん

◎1着→☆2着→〇10着→▲11着
日曜ローズステークス本命アートハウスからワンツー的中

ローズステークス2022結果・馬体診断

優勝馬アートハウス

まず優勝馬アートハウスです。

同馬は相変わらずバランスよく、筋肉質で目立つ馬体ですが、さすがは中内田厩舎所属の一頭という仕上げにありました。当厩舎は休み明けもきっちり仕上げてくることが特徴ですが、腹目の絞れたラインがいかにも、スタミナを感じさせてくれました。

こうした馬体を「収縮馬体」と名付けているはしくれでありますが、詳細は「シークレットオブパドック」の方に任せたいと思います。馬場も不問で距離も問題なく長い直線も頼もしいですし、トモも広く、張りが有って坂でもパフォーマンスの落ちない仕上げです。

2着馬サリエラ

2着馬はサリエラです。

実は同馬は最初は2番手の評価を下していた馬でしたが、トモが狭く、まだ発達途上で、この点を気にして特注でした。しかし素晴らしいフワフワのツヤと柔軟な筋肉がありますから、今後も上昇してきて不思議は全くない馬だなと思います。

正直兄妹であるサリオスやサラキアとはタイプが違いますが、中距離向きのスタミナとバランス、柔軟性に秀でた馬体です。もし今回、開催が京都なら本命にしたくらいの馬ですが、何分本番も阪神となり、この点が試金石になるでしょう。

3着馬エグランタイン

3着馬はエグランタインです。

同馬は一見少し太いかと思われる腹周りに見えますが、実際これを懸念して無印、3着入線の結末でした。結果的にも速い脚を使い上位入着を果たしていますが、見た目にもトモの面積が広く、良いバネを持っていると思います。

今回同様仕上がってくれば本番も可能性がありますが、ライバルも更に仕上がるでしょうし、締まりが出てきた方が良いでしょう。まだ成長途上の馬体ですが距離適性では二千は順当、権利も取れ、上昇が可能なら本番も怖い馬と言えましょう。

アートハウスの次走も注目と

のりしお

はしくれ

今回かなり仕上がってたからね…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

ローズステークス2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は予想通り展開も騎手の判断もはまったのですが、馬場が良馬場で雨の影響も限定的なのが助かりました。おそらくスタミナ勝負になってもアートハウスは強いところですが、泥を被った競馬になったなら、どうなるか分からないところでした。

先週予想時失敗していた人気馬一点で仕留めましたし、配当的には低かったですが、プラスの出る結果で満足です。やはり競馬は「自分らしいこと」が大切な楽しみになりますから、的中を目指し、ガミッたとしても精度を上げて行きたく思います。

意外と一点は難しいとか

のりしお

はしくれ

人気馬でも簡単に飛ぶからね

騎手のコメント

1着川田将雅騎手・・・「春の改善をしながら結果が出て良かったです。自然と取れたポジションで我慢できるように乗っていきました。捉まることはないと思いました。オークスのときは良いバランスを取ることができずに敗れましたが、本番は更に良い状態で出られるのではと思います。しっかり準備をしたいと思います」

2着C.ルメール騎手・・・「最初スピードが足りなくて、後ろからの位置取りになりましたが、冷静に走っていました。ラスト300mは良い脚を使ってくれました。広い競馬場がいいですね

3着池添謙一騎手・・・「まだ馬体に芯が入ってなくて左右のバランスがブレていますが、権利は取れましたし、これからが楽しみです」

池添騎手は難しい騎乗をこなす天才と言って良いですね

のりしお

はしくれ

本当に。すごいバランスだよね

ローズステークス2022結果データ

勝ちタイム=1分58秒5(良)

前半1000m通過=60秒2

ペース=スローペース(1秒9差:前後半1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒2(3位)

レース上がり3ハロン=34秒5

4コーナー通過順位=3→10→8

クッション値(当日午前6時半)=9,6(標準)

おわりに

今回はミドルハイと予想してペースでは読みが外れたのですが、展開的には「前に数頭が居る好位」というのは当たりました。川田騎手は無理せず宥めながら競馬を教えて乗っていましたし、抜け出してからもプッツンさせずに、しっかりエスコートしてくれました。

個人的にはインタビューの際のマスクは外してほしいものですし、酸欠の心配が先に立った、危険なインタビューに映りました。馬の安全も騎手の安全もファンの安全も大切ですから(もちろん主催者の方々も)、このあたりの見直しも考慮して取り組んでいただきたいところです。

川田騎手、かなり苦しそうでした…

のりしお

はしくれ

日本競馬の宝を大切に…

パドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。温かいご声援に感謝して、配信に邁進して参ります。

はしくれ

明日も頑張ります
またお会いしましょう!

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。