競馬小説「アーサーの奇跡」第63話 母・真弓

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

上山 真弓(かみやま まゆみ)

匠の母。47歳。上山家を支えるベテラン主婦

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

青葉賞でのアーサーの勝利を大々的に取り上げる競スポ。

数字からは日本ダービーでも、勝負になると善男が言いますが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第62話 真価

競馬小説「アーサーの奇跡」第63話

第63話 母・真弓

 

匠の母・真弓は平日には、写真館で受付の仕事をし、時間を見ては家事をこなしながら、祖母の静香(しずか)の送迎をしていた。

静香は認知症になっていたが、平日は施設に通院をして、写真館にほど近いマンションの一室で生活を送っていた。

 

「今日は叔母さんが来てくれるんでしょ?おばあちゃん、どんな感じで居るかな…」

昼食のパスタを食べながら、匠が真弓に向かって尋ねた。

 

「さあねえ…。姉さんも久々だから…」

真弓はひと言だけ返した。

 

「しかし母さんが居る日曜日は、やっぱり中々良いもんだよなあ…」

善男が辛味酢(からみす)をかけながら、何気なく真弓を見てつぶやくと

「あら、あなた。本当は結衣ちゃんが来てくれた方が良かったんじゃない?」

真弓が善男の言葉にひとこと、つぶやくようにそう声を返した。

 

「うんそうそう…って言うわけないだろう。それはおれじゃなくて匠の台詞…」

チラと匠に目配せをした、善男が苦笑いしてつぶやいた。

 

「(父さん、どこまで話してるんだろ…)」

匠は普段、真弓に結衣の話題を表に出していないため、結衣のことをどう話せば良いのか、思考が整頓できていなかった。

 

「(結衣さんとは付き合ってもいないし、バイト以外じゃ滅多に会わないし…。競馬もあんまり大っぴらに、やってるって話していないからな…)」

匠は九州旅行の際、競馬場を巡っていた事すら、真弓には言わず、その他の事実や感想だけ話すようにしていた。

 

「(本当は母さんに話せるなら、聞いてみたいこともあるんだけどな…)」

匠は結衣が泣き出したこと、送ると言っても帰ったことなど、女性がどういう思考をするのか、真弓から聞きたいと思っていた。

 

「―それで匠、どうなのよ結衣ちゃんは?」

真弓が真剣な眼差しで、唐突に結衣のことを尋ねると

「…え?う、うん。変わらず、良い人だよ…。しっかり仕事も、してくれるし…」

なるべく無難に答えていた。

 

「良かったね…」

真弓がそう返して、食事の音だけが居間に響くと

「ああ~食った~!美味かったよ、母さん!」

椅子から善男が立ち上がっていた。

 

「良かったわ」

真弓がそう返すと

「ちょっとトイレ…。あと準備があるから、先にスタジオで待ってるぞ、匠…!」

善男は風のように立ち去り、その背中を真弓が見つめていた。

 

善男がパタンと居間のドアを閉め、束の間の静寂が広がったが

「…で、どうなの?」

と訊く真弓の声に、匠は食べる手をピタッと止めた。

 

「…へ?」

裏返ったその声を聞いて

「何が「へ?」よ。まったくいい歳して。あなた、これまでちっとも母さんに結衣ちゃんの話、していないじゃない。好きなんでしょ?隠しても無駄よ無駄。父さんからもう聞いてるんだから」

真弓がはっきりと切り出すと

「ずるいじゃない。こんな楽しい話、父さんとだけ話しているなんて…。母さんだけ除(の)け者だなんて、そんな子に育てたつもりはないわ…!」

匠の方に身を乗り出すと、パスタを食べながら睨んで言った。

 

「え…えっと…どこまで知ってるわけ…?」

たじろぎながら言った匠に

「きゃー!どこまで?どこまでってどこまで?もうそんなことになっちゃってるわけ~?」

声を上げて真弓が見つめた。

 

「(こりゃ、父さんより大変そうだぞ…)」

匠が悟ったのも束の間

「でもだめよ、そんなにいきなりから!女の子はムードが大事だもの。ガツガツしている男は引けるし、体が目当てなの?とか思っちゃう…。でもそうね、匠は見た目(め)的にガツガツしてないから逆に有りか…?」

勝手に一人つぶやいていた。

 

「あの、母さん…。むしろ悪いんだけど、そんな何かあったわけじゃないから…。そもそもまだ付き合ってないし、手だってまだ…あ、手は…」

青葉賞の帰り道で匠は、不意に握ったことを思い出した。

 

「手は…?手は…?何なの?気になるわあ~!っていうか何、付き合っていないわけ?父さん確かお正月前から「彼女できたかも」とか言ってたわよ?何、それは結衣ちゃんとは違うわけ?やだ、女ったらしになっちゃうもう~…!」

真弓は一人で盛り上がると、匠の次の言葉を待っていた。

 

「(なんだこりゃ…。母さんて父さんと、こんなに似たところがあったんだあ…?しかも父さんより圧が激しい…)」

青葉賞のスタート時よりも、匠はプレッシャーを感じていた。

 

「何なのよ、二股はだめなのよ!女の敵、そんなの許さないわ!」

らんらんとする真弓の顔に、匠はその身をたじろがせつつも

「いや、あのおれ…。結衣さん一筋だよ…」

はっきりと匠はつぶやいた。

 

「いい匠…。いい子に育ったわね…。母さん、涙が出ちゃいそうよ…。良かった、チャラ男に育たなくて…」

先程とは一転、真弓はしみじみと匠に頷いていた。

 

「(めまぐるしい…。めまぐるしい、母さん…。いつもの冷静さはどこにいった…)」

じっとそれを見つめる匠に

「そう言えば!写真は撮ってないの?見たかった~。すっごい美人だって?このまえ福山さんに会った時、奏ちゃんがそう言ってたんだって!あの可愛い奏ちゃんが言うなら、そりゃもう絶対間違いないから!まあ一応履歴書の写真だけ、ちょっと見せてもらってはいるけどね…」

真弓の言う福山さんとは、奏の父・ブランの店主である。

 

「(奏の情報か)」

と思いつつ、はっとして匠は問いかけていた。

 

「え?結衣さんの履歴書持ってるの…?」

「そりゃ一応、雇ってるわけだから。でもダメよ。個人情報だもの。あなたはまだ経営者でもないし、見せてあげるわけにはいかないから」

釘を刺した真弓に匠は

「はいはい…。それでどうだった結衣さん」

すかさず感想を問いかけていた。

 

「可愛いわあ~!私も好きなタイプ。きれいだし、きれいなだけじゃないし。今度また母さんが居るときにも、アルバイトに入ってもらいたいわ」

静香の介護が始まる前、受付は全て真弓がしていた。

そのためバイトを雇う必要も、顔を合わせる状況もなかった。

 

「良かったよ…。母さんも結衣さんを見ればきっと気に入ってくれるから。写真がどんなふうか知らないけど、本当に素敵な人だからさ…」

思わずつぶやく匠を見て

「匠も大人になっていたのねえ…。子育ても思えば、あっという間ね…」

真弓は溜め息をつきながら、空いたパスタの皿を眺めていた。

 

「(なんか母さん、しんみりしちゃったな…。色々聞きたかったんだけど…)」

上下する真弓のテンションに、質問を呑み込んだ匠だった。

 

次回予告

 

どうしても結衣に一目会いたいと、時間をずらして家を出る真弓。

匠は撮影後の予定をふと、結衣に改めて確認しますが…

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第64話 こどもの日

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第62話 真価

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。