セントウルステークス2022結果・優勝はメイケイエール

気性。

爆発しやすい気性を持ちつつ良績を上げるメイケイエールが、池添騎手とのコンビであっさり優勝したセントウルステークス。

気性難はお手の物の辣腕、池添騎手鞍上で折り合うと、直線一気の突き放しを見せレコード勝ちの強い競馬でした。

馬体的にも次走の上昇が楽しみな仕上がりとなりましたが、そんなセントウルステークス2022の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

セントウルステークス2022着順

優勝馬メイケイエール

2着馬ファストフォース

3着馬サンライズオネスト

セントウルステークス2022予想結果

本命◎ファストフォース

買い目=◎複勝600円

予想結果=的中:複勝340円×6

セントウルステークス2022予想・本命はファストフォース

パドックロード配信結果

◎1着→▲5着→〇10着→☆12着でした。

パドックロード(2022)9月度会員募集&前月度実績

本命優勝は良かったですが…

のりしお

はしくれ

ファストフォースが選びきれなかった
早速馬体診断をしましょう

のりしお

はしくれ

うん

〇2着→◎3着→☆5着→▲7着
札幌最後の重賞戦では本線2頭馬券内突入

セントウルステークス2022結果・馬体診断

優勝馬メイケイエール

まず優勝馬メイケイエールです。

同馬は今回プラス体重で14kg増とあったのですが、池添騎手の弁にもある通り、全て成長分の仕上げでした。どんな仕上げでも毎回馬体のバランスが最高のつくりですが、今回その点特にうっとりと毛ヅヤもよく、美しく見せました。

パドックでは落ち着いた馬ですが輪乗りの際は白い汗もかいて、ゲート入りも嫌いつつ、走ったらあっさり勝つのだから驚きです。次走では間隔が詰まりますが、まだ馬体に締まる余地があるので、GⅠでの本命も十分に考えられる馬だと思います。

2着馬ファストフォース

2着馬はファストフォースです。

同馬は今回ブログ予想では本命に選んだ存在ですが、前走より更に太目になって、これを懸念しての無印でした。ただ予想時も伝えている通り中京は合う結果と言えますし、トモの仕上がりがやはり上昇し、これが活きた結果だと思います。

太いながら粘り込んだ結果は開幕週の馬場にもよりますし、シャンデリアムーンを追えたことから、より展開が向いたと思います。馬体自体は回復傾向で、もう少し腹目が絞れてくれば、坂は歓迎の体型ですから、改めて狙いたい存在です。

3着馬サンライズオネスト

3着馬はサンライズオネストです。

同馬は今回選出をするか非常に迷う馬と言えましたが、それが千二より千四向きかと思われた馬体の伸びやかさです。マイルは長く短距離で短い、そんな体型に映る馬ですし、3着できているのは現状で、素晴らしい結果ではと思います。

5歳ですがまだ若い馬ですし、締まりもあり、毛ヅヤも光っており、旬を感じる状況でありつつ、まだ筋肉がつく余地があります。今後も期待できるつくりですし、適性のある舞台に移れれば、十分今回以上を望める好馬体のつくりだと思います。

ファストフォースまだ太かったようで

のりしお

はしくれ

逆に絞れてくれば次は狙う

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

セントウルステークス2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回はファストフォースの逃げから予想を組み立てた一戦ですが、やはり団野騎手、積極性良く行ってくれて嬉しいところでした。太目残りで出走する馬は前へ行くのが基本でもあるので、馬場と展開を考慮したことが吉と出てくれた結果と言えます。

一方パドックでは本命馬のメイケイエールが来てくれましたし、それぞれデータ・パドックで選んだ馬たちの好走が嬉しいです。まだまだかみ合わない部分があり、修正が必要な予想ですが、一歩一歩前進できたらなと、改めて思った一戦でした。

競馬予想に終わりはないですね

のりしお

はしくれ

かたやパドック。かたやデータだしね…

騎手のコメント

1着池添謙一騎手・・・「最近ゲート入りを嫌いますが、今日くらいなら良かったと思います。開幕馬場の一戦でしたので、レコードも出たのではと思います。あとはGⅠだけの状態です」

2着団野大成騎手・・・「ああいうレースをしようと思っていました。極端な競馬をしてうまくいきました。終いも自分の競馬をしましたが相手が強かったですね」

はしくれさんが口癖にしている「文鎮体型」で2着入線。実はGⅠも期待できるとか…?

のりしお

はしくれ

中山の短距離は合うから

セントウルステークス2022結果データ

勝ちタイム=1分6秒2(良)

前半600m通過=32秒5

ペース=ハイペース(1秒2差:前後半600m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=32秒9(最速)

レース上がり3ハロン=33秒7

クッション値(当日午前6時半)=9,1(標準)

おわりに

今回は控えめに見て勝ち馬メイケイエールが強かったですが、ソングラインも仕上がりは上々、適性面の差が現れました。このあたりはノーザンサイドからの使い分けの意図も感じましたが、体型的にマイラー体型で、これがどう出るか試金石でした。

ただ挑戦した上で判断をするのは良いことだと思いますし、慣れれば走れて不思議ないことも、また馬体から察するところです。強い相手に差をつけて勝利し、GⅠに向かうメイケイエールが、本番どのような仕上げで出るか、非常に楽しみな結末でした。

もっと精度を上げていきたいです

のりしお

はしくれ

競馬予想は一に復習だね

パドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。温かいご声援に感謝して、配信に邁進して参ります。

はしくれ

来週も頑張ります
またお会いしましょう!

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。