競馬小説「アーサーの奇跡」第62話 真価

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

上山 真弓(かみやま まゆみ)

匠の母。47歳。上山家を支えるベテラン主婦

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

青葉賞が終わった帰り道で、握った手に慌てふためく匠。

一人駅に向かうと告げる結衣を、ただ見送るしかない匠でした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第61話 いやです

競馬小説「アーサーの奇跡」第62話

第62話 真価

 

青葉賞翌日。

 

日曜日もまた忙しかったが、匠は善男の指示を受けながら、しっかりとアシスタントをこなした。

ただいつもと違い、結衣の姿が見られない日曜となっていたが、匠の母・真弓が受付から、スタジオへ客を案内していた。

 

「―12時ご予約の吉田様です」

言葉こそ結衣と同じ台詞(せりふ)だが、慣れた声で案内する真弓に

「(慣れてるな…)」

匠も感心して、その違いを一人味わっていた。

 

「昼にしよう」

撮影が終了し、善男が階段を下っていくと

「うん」

と言って匠も忙しく、善男に続き降りていくのだった。

 

居間では善男が椅子に腰掛けて

「そうだ」

と競スポをその手に取ると

「昨日のアーサーの記事が凄いぞ…?」

ニヤリと笑って匠を見つめた。

 

「どれどれ…?」

匠が椅子に掛けつつ、善男の差し出す記事を見つめると、そこには「アーサー王の抜刀」と記された見出しの文字が出ていた。

 

「青葉賞で見せた上りタイムは31秒3の猛時計…。ビッグツリーの一刀両断へアーサー王が真価を発揮する…」

新聞ではダービーへ向けて期待できる内容であることや、無敗の二冠馬ビッグツリーにも、対抗し得ることが書かれていた。

 

「いや、昨日も言ったことなんだがな」

記事を読み終えるタイミングをみて、善男が匠に一声かけると

「昨日のアーサーはほんとに凄い、末脚を繰り出したもんだからな。これでもう日本ダービーですら、夢物語なんかじゃなくなった」

匠を見つめてそう続けた。

 

「なんたって上り最速を出して、ロングフライトを差し切ったからな。ラスト3ハロン31秒3というのは相当の時計だ。他の馬がバテるなかで最後の600m最速で走り、それも最後の1ハロンタイムは10秒3の時計を記録した。1ハロンは200mだから、大体時速70kmというスピードで最後駆け抜けたわけだ。馬としては殆んど限界だし、それにトップスピードの確かさと、何よりそれを生み出せるスタミナ、この両方を備えていることが、はっきりと示されたタイムだった」

興奮気味に善男が言うと

「そうなんだ…」

それを聞いた匠が、なんとも言えない表情で言った。

 

「どうした?」

その声を聞き善男が、意外そうに匠に問いかけると

「…うん。おれさ、昨日この目で見たし、凄かったことは分かるんだけどさ…」

嬉しさ半分、という顔の匠に善男が続けて尋ねた。

 

「分かるんだけど?」

「…うん。あのおれ、途中でもうほんとにだめかと思って。届くわけないし、2着も獲れるか怪しい感じだなって思ったり…。ぼうっと見てたら結衣さんがさ、カメラを構えるよう言ってくれて…」

匠はレース中あきらめて、ぼうっとしたことを恥じてはいたが、結衣の声で我に返ったことを、ごまかさずに善男に伝えていた。

 

「はっはっは!結衣ちゃんは偉いなあ…。あのレースじゃ匠のが普通だな。アーサーがあんな脚を使うとは、誰だって信じられなかったろう。ロングフライトの伊達もゴール前、驚いた感じ出してたもんなあ…。そうかそうか、本当に偉いなあ…。結衣ちゃんはいつも凛としてるけど、競馬を見るときまでそうとはなあ…」

「いやそれ、笑いごとじゃないんだよね…。なんだかおれが情けなくって…。父さんに言うのもなんだけど…」

「いいじゃんか、お前はお前だろ?」

「良くないよ、釣り合い取れないし…って」

「?」

何かを思い出したような顔で、匠ははっとし、顔を伏せていた。

 

「(そういえばいまの言葉をどこかで…。…そうだ、確か川崎のときだった。初めて結衣さんと帰ったときに「それが匠さんなんじゃないか」って…。つぶやいたときに言ってたよな…)」

それから匠は顔を上げて、黙ったまま善男を見つめていた。

 

「―忙しいヤツだ、今度はなんだい」

善男が苦笑いして尋ねると

「ねえ父さん、「それがお前」ってやつ、どんな気持ちで言ってる言葉なの…?」

真面目な声で匠が訊いた。

 

「まあ別に、深い意味はないけどな。無理するなんてバカバカしいだろう?お前は素直に育ってくれたし、それは人として大切なことだ。それに無理にかっこつけたところで、分かる人には直ぐに分かるもんさ。特に女性は見抜くのが上手いし、初めから無理すべきじゃないだろう?」

「…」

「まあ相手が誰かにもよるけどな、結衣ちゃんには意味が無さそうだよな。でもまあ結衣ちゃん自身は色々、抱え込んじゃうタイプみたいだがな…」

「え?」

善男の何気なく言った言葉に、匠は不意に声を漏らしていた。

 

「なんで?なんで父さんそう思うの?」

驚いた顔で尋ねる匠に

「だってなあ…。時々ぼうっとしたり、よく「大丈夫です」って言うだろう…?あれって本当に大丈夫なら、敢えて言うことでもない気がするし…。心にしまってるんだろうな。まあ本当に平気なときも、使って不思議ない言葉だけどな…」

善男がさらりとそう返すと

「父さんてほんと、なんだかいきなり、父さんらしい父さんになるよね…」

きょとんと匠が見つめていた。

 

「まあな」

太い声をわざと出して、今度は決め顔で言った善男に

「…そういうのが、かっこつけなんじゃない…?」

呆れた口調で匠が答えた。

 

ちょうどそこに受付を閉めてきた真弓が

「お昼お昼~」

と顔を出すと、匠と善男を一瞥しながら、忙しく台所に立っていた。

 

「すまんな」

善男がひとこと言うと

「いいえ」

真弓もひとこと返して、そのまま冷蔵庫から忙しく、あれこれ取り出してレンジにかけた。

 

「そういえば母さんが居る日曜、ほんとに久しぶりな気がするねえ…」

せわしない真弓の背中を見つめ、匠がひと言つぶやいていると

「ほんとにねえ…。でも匠にとっては、そうじゃない方が良かったかもねえ…?」

チラと匠に目配せをしながら、ウインクをしつつ、真弓が答えた。

 

「…」

そんな真弓を見つめ、匠は善男に視線を戻すと

「(父さん色々、話しているなあ…?)」

善男の顔をじっと見つめていた。

 

そんな匠の視線に気がついて、善男はパチクリまばたきをすると、目を伏せて新聞を開きながら、ぴゅ~っと口笛を響かせていた。

 

次回予告

 

結衣の事を尋ねる真弓の目に、たじろぎつつ答えを返す匠。

普段見ない真弓の態度につい、匠は本音をつぶやくのでした…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第63話 母・真弓

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第61話 いやです

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。