競馬小説「アーサーの奇跡」第59話 命の性

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

荒尾 真凛(あらお まりん)

女性騎手。22歳。亡き父・栄一に代わり転厩直後のアーサーの緒戦に臨む

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

ロングフライトの動きを見つめて、中盤から仕掛ける荒尾真凛。

しかしアーサーはその指示を聞かず、匠も溜め息を漏らすのでした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第58話 真凛の手綱

競馬小説「アーサーの奇跡」第59話

第59話 命の性

 

「ユーサーか…」

匠の訊く言葉に、善男は深々と頷いていた。

青葉賞当日の朝の二人。

結衣が来る前の出来事であった。

 

「あの馬は…そりゃいい馬だったさ…。GⅠを7勝もしたしな…。血統も欧州血統で、いまとなっては珍しい馬だな…」

アーサーの父「ユーサー」とある競馬新聞の馬柱を見つめて、匠が

「どんな馬だった?」

と訊き、善男がその疑問に答えていた。

 

「競走馬って、成績良かったら種牡馬(しゅぼば)としてまた仕事するんでしょ?それで何頭も子どもが産まれて、活躍するっていう話だけど…」

匠の問いに対し善男は

「ほう…お前も、何だかいつの間にか、競馬に詳しくなってきたんだな。そうだが種牡馬になれたとしたって、仔馬が活躍する補償はない。ユーサーもアーサーが出なかったら、成功したとは言えなかったしな…」

眉間に皺を寄せて頷き、どこか険しい表情で答えた。

 

「うん…。かなり厳しい世界なんだね…。だからこそアーサーはやっぱり…願いを背負って走ってるんだ…」

匠が善男にそう返した。

 

「そうなんだが…。このユーサーってのは、不思議な運命を背負った馬でな…。落雷が馬運車にあたって、死んでしまったという話でなあ…。牧場長には相当悲しい過去になってるんじゃないかと思う…」

そんな善男の話を聞いて、匠は武内のことを思った。

 

「(そうなんだ…。それで武内さんは、あんなにアーサーを大事に見てて…。おれに声を掛けてくれたのも、余程嬉しく思ったんだろうな…)」

匠は武内と会話した、川崎のことを思い出していた。

 

「だからアーサーは中央入りして、大きいところを目指しているけど、ユーサーは元々中央馬だし、活躍の下地はある馬だよな…」

善男は感慨に耽りつつ、思い出すようにそう答えていた。

 

「競馬はブラッドスポーツと言って、血統が予想ファクターになるが、ユーサーと言えば凄いスタミナと末脚を武器に持つ馬だったな。そういう意味ではアーサーはかなり、父親に似た馬だと思うがな…」

善男が続けるその言葉に

「お母さんはどういう馬だったの?」

匠がふと善男に尋ねかけた。

 

「イグレイン?中々の馬だったな。他に子どもを残しているけどな、やっぱりアーサーは特別だよな…」

善男が頷きながら言った。

 

「へえ、父さん。なんでも詳しいねえ…」

「はっはっは。お前もいずれなるさ。なんたって血統っていうやつは、人間にだって存在するんだ。実際この頃おれに似てきたし、いい男に生まれて光栄だろ?」

「父さんよく言えるね、そんなセリフ…。言ってて恥ずかしくないのかい…?」

呆れた声で返す匠に

「なにを!」

と善男が羽交い絞めにした。

 

「わあ!やめろー!」

ジタバタする匠を、すぐにぱっと離してから善男が

「はっはっは!元気が一番だな。そういやユーサーっていう馬はな、勝負根性が特に凄くてな。並ばれてからが異常に強くて、接戦で勝つことが多かったな。簡単に諦めないというのは、勝負事では大事なことなんだ…」

そう頷く善男にすかさず

「そうなんだ…。でもおれ信じるのは、正直ちょっと怖いときがあるよ。アーサーが中山で負けたときも、やっぱりすっごくガッカリしたしさ…」

「当然だ。なんで負けたときまで、笑っていられるやつがあるもんか。でも一度や二度負けたくらいでは、本当の意味で負けにはならない。それが一発勝負でない限り、諦めたやつから消えていくんだ」

坦々とそう返す善男に

「父さんも、負けたことがあるんだね…」

匠が何気なくつぶやいた。

 

「そりゃそうだ。負けることが嫌なら、初めから何も挑戦できない。でもせっかくこの世に生まれたんだ。挑戦するのは命の性(さが)だろ?」

善男は構わずそう返した。

 

「父さんて、父親らしい話を、なんだか時々いきなりするよね」

「当然だ。父親なんだからな。そういや今度アーサーに跨る荒尾真凛も父親に似てるな。諦めるような騎乗はしないし、なんとかしようとジタバタするしな。さっきのお前にも何か似てるな…」

「あれは父さんが絞めたからだ…!」

匠はふっと我に返った。

 

―そこは東京の最後の直線。

 

「ワアアアアッ!」

ぼうっと目の前を駆け抜けていく先頭の馬を見ながら匠は

「ロングフライト…」

ポツリつぶやくと、結衣がその声を振り切って言った。

 

「アーサー!」

匠は半ば諦めて、ぼうっとレース画面を見ていたが、そのあいだも結衣はただの一度も、弱音を吐かずにレースを見ていた。

 

「匠さん!カメラ構えて下さい…!アーサーが凄い勢いで来ます!見てください、一頭だけどんどん、前の馬を追いかけてきましたよ…!」

回想するほど呆けていた匠は目の前の出来事を見て、結衣の声と実況の声を聞き、一気に現実に引き戻された。

 

―さあさあ前は逃げ切り寸前だ!ロングフライトは坂を上がったぞ!脚色も殆んど衰えはない!ああ~っとしかし2番手のアーサー!馬場の中ほどを突き抜けてきます!15馬身ほど開いていますが、もの凄い勢いで迫ってきた~!―

そこには鬼気迫る勢いの、真凛とアーサーの姿があった。

 

「真凛さん!アーサー!諦めないで…!」

結衣の声がただ響いていた。

 

次回予告

 

呆然と見ていた匠の目にも、希望を灯すアーサーの末脚。

結衣と匠の声援を受け取り、真凛は先頭を目指すのでした…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第60話 真空を裂いて

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第58話 真凛の手綱

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

2 COMMENTS

しがない学生

タイキシャトルが昨日亡くなりました
リアルタイムでは見てなかったけど引退後の動画は漁っていたので寂しいです

返信する
はしくれ

タイキシャトル残念ですね><
実ははしくれは(ご存じかもしれませんが)98年の宝塚記念からリアルの競馬を見始めたので、タイキシャトルの活躍はとても印象にのこっています。
本当に強く、馬体も分厚く、ジャックルマロワ賞では現地で「牛のようだ」と言われたと報道もされていました。
後日エルコンドルパサーが渡仏したあとで、「これこそサラブレッドだ」とタイキシャトルとの比較で言われたというエピソードもあります。
藤沢調教師の管理馬なら、多少太い感じに見えても、走るというのは納得できます。
僕はまだ相馬眼がなかった頃ですが、それでもボリュームたっぷりに見せる同馬のことは良く覚えています。
本当に名馬でした。名馬は永久不滅ですね^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。