競馬小説「アーサーの奇跡」第58話 真凛の手綱

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

荒尾 真凛(あらお まりん)

女性騎手。22歳。亡き父・栄一に代わり転厩直後のアーサーの緒戦に臨む

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

大逃げを打ったロングフライトに、沸き立つ歓声と不安な匠。

安堵の声も聞こえる一方で、結衣はただ前を見つめるのでした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第57話 青葉賞・発走

競馬小説「アーサーの奇跡」第58話

第58話 真凛の手綱

 

「(落ち着いた…?)」

 

アーサーの鞍上で、真凛はロングフライトを見ていた。

前半1200m地点。

青葉賞の折り返し地点では、ペースが多少、落ちたように見えた。

 

「(ここからだ…。ペースが緩んだから、脚を使わずに上がれるはずだよ…。アーサー、そろそろ出して行こう…?このときをずっと待ってたんだから…)」

真凛は長く持った手綱を、短く持ち、態勢を整えた。

 

「(頑張らなきゃ。あなたはお父さんと、わたしの最後の絆なんだから…。無様な競馬は見せられない…)」

アーサーには調教時点で、何度かコンタクトを取っていたが、レースで乗るのは初めてのことで、真凛は折り合いを重視していた。

 

「(ここからは…さすがに追い上げなきゃ。前にいるあの子はダレてくれない…)」

前半1200mの折り返し地点に入ったことで、真凛はロングフライトのリードを詰めるようにアーサーに促した。

 

「(…)」

そんな真凛の指示に、少し加速したアーサーだったが、それ以上前に出ていかないため、真凛はすぐに違和感を覚えた。

 

「(あれ?アーサー…反応が薄いわね…。なんだか試されているみたい…)」

ハミを通して伝わる意思に、真凛は馬上から問いかけていた。

 

「(ねえ、アーサー…なんで前行かないの…?もう後半戦に入ったよ…?)」

レースの折り返し地点では、ロングフライトが大逃げを打って、30馬身近くの差をつけて、2番手のアーサーを離している。

序盤の真凛は慌てず騒がず、じっくり脚を溜めて追っていたが、アーサー任せの走りもさすがに、限界というところまで来ていた。

 

「(行かなくちゃ…!前は捉まんないよ…!あの子凄い速い馬だから…!)」

焦る真凛を見て後ろから

「おれたちそろそろ出して行っちゃうよ~!さもないと、バテちゃいそうだから~!」

2番手の真凛に声を掛け、後ろの騎手たちが追いかけてきた。

真凛はその声を無視して一人、アーサーへ馬上から尋ねていた。

 

「(どうしたの?まだ何もしていないわ!手応えだって残っているじゃない…!)」

真凛の指示をまるで気にせず、アーサーは黙々と走っている。

 

「それじゃ、お先~!」

喧嘩しているような真凛とアーサーのことを尻目に、後ろの騎手たちが位置を上げると、アーサーは馬群にのまれていった。

 

「(どうしたの…?調教ではあんなに、調子良さそうに走ってたじゃない…!返し馬もいい雰囲気だったし、悪いところを感じなかったのに…。さあもっと、上げていかなくっちゃ…!)」

スタンドではロングフライトの余裕の一人旅に見えていたが、真凛は手綱に残る手応えに、まだ余力があるのを感じていた。

 

「(あなたまだ…全然本気じゃない。全然本気で駆けてないでしょう…!?もっともっと前に出て行かないと、これじゃあインすら取れなくなっちゃう…!)」

3コーナーの大欅(おおけやき)から、いよいよ勝負所に入ったが、アーサーは真凛が思うほどには、決して加速しようとしなかった。

 

「(…こら、動け!こんなとこで終わっちゃ、何のために転厩してきたのよ!前を見て!ほらもうあんな小さく、ロングフライトが逃げているでしょう…!?)」

残り1000mを過ぎ去っても、アーサーはそれ以上ギアを上げず、4コーナーに差しかかりそのまま、前との差も詰まることがなかった。

 

「(どうしたの…!?もう、言うことを聞いて!確かに力は溜めているはずよ!どうして言うこと聞いてくれないの…!?)」

真凛の焦る仕草はすぐに、スタンドのファンにも確認された。

 

「おい、見てみろ!真凛のヤツあんなに、馬上で手綱を動かしているぞ!」

「あんな手応えじゃ差せるわけがねえ!やっぱりダート馬なんだあの馬は!」

周囲からそんな声が聞こえ、匠はその声に肩を落とすと

「ああ、結衣さん…ダメそうですよ、これは…。せっかく来てもらいましたけど…」

アーサーの手応えにポツリと、諦めたような声でつぶやいた。

 

「…」

結衣は無言のままで、ぬいぐるみを強く抱きしめていた。

 

―さあさあ残り少なくなってきた!ロングフライトがまだまだ先頭!十分差がある!最後の直線、独壇場のラストになりそうだ~!―

 

「ワアアアアッ!」

実況の声に呼応するように、スタンドから歓声が沸き上がる。

いよいよロングフライトの鞍上、伊達がチラと後ろを振り返った。

 

「鉄板だー!あの仕草は相当、手応えが残ってるときのやつだー!伊達があれやって差されたのは、一度だって見たことが無いからな~!」

ロングフライトのファンの声に圧倒されていた匠だったが、変わらずその差が縮まらないため、諦めたように息を吐いていた。

 

「はあだめだ…。これはもう無理ですね…。こんなに強い馬が居るとは…」

弱気な匠の声を聞いて

「…」

結衣は前を見つめていた。

 

―さあさあ残り600mだ!断然先頭はロングフライト!まだまだリードは20馬身ある、さすがにこれはセーフティーリードか~!―

ファンの声が更に沸き上がり、中には拍手をする者まで居た。

 

「はっはっはー!こりゃもう逃げ切ったな~!なんちゅう馬が出て来たもんだよー!ダービーの時もまたこれ頼むぞ~!」

勝利を手にしたような声で、近くのファンも声援を送った。

 

「(確かにこれじゃあ良くて2着かな…。それすらもう、厳しそうだけど…)」

匠はその声に押し黙り、カメラを下ろしたまま、黙っていた。

 

次回予告

 

絶体絶命の差をつけられて、呆然と回想に耽る匠。

善男の言葉を思い出しながら、結衣の声に視線を移しますが…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第59話 命の性

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第57話 青葉賞・発走

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。