競馬小説「アーサーの奇跡」第57話 青葉賞・発走

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

荒尾 真凛(あらお まりん)

女性騎手。22歳。亡き父・栄一に代わり転厩直後のアーサーの緒戦に臨む

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

アーサーの仕上がりをうかがいつつ、結衣に相馬眼を教わる匠。

ファインダー越しに映った景色に、シャッターをすかさず下ろすのでした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第56話 シャッターチャンス

競馬小説「アーサーの奇跡」第57話

第57話 青葉賞・発走

 

―スタートしましたー!―

実況の声が響くと匠は、すぐにシャッターを切り落としていた。

 

「(よしばっちり、ゲートを出ていったな…)」

ゲートを出るアーサーの表情を、匠はしっかりレンズに捉えた。

 

―さあさあどの馬が先手を切るか!まずは序盤のポジション争いだ!おお~っと速い、もう出して行ったぞ!ロングフライトが既に先頭だー!―

青葉賞はゲートが開くと、ロングフライトが先頭を主張、後続を更に突き放すように馬場の良い内目を走っていった。

 

「なんて速い…」

匠の驚きにも、結衣は落ち着いた口調でポツリと

「良かった…。ちゃんとスタートが切れて…」

アーサーを見てつぶやいていた。

 

―行った、行った、ロングフライト逃げる!やっぱりこの馬が出て行きました!今日も大逃げか、わき目もふらずに後続を更に突き放していくー!―

事前に善男から情報を得た匠が想像をしていたよりも、ロングフライトが逃げるスピードは、遥かに速いものに感じられた。

 

「なんて速い…父さんはこの馬を差せるかどうかと話していたけど…」

カメラを下ろした匠がふと、ターフビジョンを見ながらつぶやくと

「でもアーサーも良さそうなところで、我慢できているように見えますよ…」

アーサーを見つめていた結衣が、匠の声にそっと答えていた。

 

「ワアアアアッ!」

そんな二人の声を、かき消すほどの歓声が聞こえて、スタンド前を颯爽と駆け抜け、ロングフライトが上昇していく。

そんな状況を盛り立てるように、実況も興奮気味に伝えた。

 

―さあさあ前へ行くロングフライト!来るなら来いという強気姿勢だ!1コーナーを回ってから既に、10馬身以上間が開いたー!―

逃げていくロングフライトには、ベテラン・伊達の存在があったが、伊達は強心臓として知られる、「勝負師」の異名を持つ騎手だった。

 

「いいぞ、伊達ー!どんどん差を広げろー!誰も付いて来れるやつはいねえぞー!」

ロングフライトを応援するファンの声もどこからか飛んできて、その追い風に乗るようにベテラン・伊達は更に前へと逃げて行った。

 

―全く手綱を緩めません、伊達!ペースを落とすつもりはないようだ!ご覧ください、中継のカメラがもう限界の位置に引いていますー!―

ロングフライトは大逃げを打つと後続を振り返る素振りもなく、まっしぐらにインコースを進んで、馬群を更に引き離していった。

 

「こ…これは…。さすがにこんな逃げは、ちょっと有り得ないと思ってました…。あんなに差が広がっていたら、後ろの馬には届かないんじゃあ…」

匠は冷や汗をかきながら、それを見て小さく声を漏らした。

 

「大丈夫…」

ポツリと言った結衣も、ぬいぐるみを強く抱きしめていた。

 

―いよいよ前半の1000mだ!通過タイムが気になるところです!…あ~っと出た!出ました!1000m、57秒4の計測です!これは速い!相当のハイペース!勝負師・伊達が博打を打ちました~!―

実況アナウンスが聞こえて、場内にどよめきが巻き起こると

「今日の芝なら何とかなるはずだー!行っちまえ~!」

ファンも叫んでいた。

 

「おいおい、3歳春でこの距離を、あのペースでぶっ飛ばして行くとは…」

「前走だって58秒、きっぱり逃げ切って見せただろうが!伊達ならきっちり逃げ粘るはずさ…!」

「そもそもこれくらいで行けなきゃ、ダービーでヤツのライバルはいねえ…!」

匠は周囲の声を聞いて「ヤツ」が誰なのか推測していた。

 

「(ビッグツリー…、きっとビッグツリーだ。弥生賞でアーサーを差し切った…。末脚で勝てないとなったら、前でいかに粘るしかないもんな…。アーサーはそれで敗れたけど…)」

弥生賞で敗戦を喫し、アーサーは皐月賞を回避した。

その皐月賞を制していたのが、他でもないビッグツリーであった。

 

「―3冠だって狙えるんじゃないか?」

中山でファンが話すその声を、匠はまだはっきり覚えていた。

 

「(ビッグツリーが特別というのは、目の前で見たし、分かっているけど…。おれにはアーサーよりも他に、特別な馬なんて居ないからな…)」

ロングフライトの位置から見て20馬身は離されたところで、2番手集団の外に位置する、アーサーをじっと匠は見つめた。

 

「今日の芝はイン前有利だから、ハイペースでも残るかもしれない…。父さんがそう言っていました」

ポツリと結衣に言った匠に

「そうですか…。わたしは詳しいこと、全然何も分からないんですが…。それでも、アーサーを信じます…」

結衣もつぶやくように答えた。

 

―向こう正面を過ぎて行きますが、ロングフライトの独壇場です!人気に応えて後続各馬を凌ぎ切ることはできるのでしょうか!もう30馬身は広がったぞー!―

いよいよスタンドのどよめきも頂点に達したところだったが、段々とロングフライトの逃げに、楽観視する声も聞こえてきた。

 

「よし、さすがにこれなら大丈夫だ!さすがに後ろも脚が届かねえ!」

「おおそうだ、あの馬はバテないし、これじゃあ仕掛けどころが分からねえ!ほかの騎手たちもペースが分からず今頃混乱しているだろうよ!」

周囲のそんな声を聞きつつ、匠はただ黙って見つめていた。

 

「(だめなのか…アーサー…。このまんまで、何もできないで終わっちゃうのかな…)」

結衣もぬいぐるみを抱いたまま、黙って実況画面を見ていた。

 

次回予告

 

逃げるロングフライトから離れて、2番手の位置に留まるアーサー。

真凛の焦る仕草に観客も、勝負の行方を想像しますが…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第58話 真凛の手綱

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第56話 シャッターチャンス

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

2 COMMENTS

しがない学生

ラップがサイレンススズカの秋天と一緒のタイムですね
すごい馬ですね

返信する
はしくれ

学生さん、お久しぶりです!
お気づきいただけて光栄です^^
ラップは初心者の方には伝わりづらいのですが、競馬予想に親しむ方には衝撃が伝わりやすいと思い記述しました。
フィクションとして楽しめること、現実に役立つことを両立させたいと思っています。
「競馬恋愛ノウハウ小説」として他にはないものを目指しますので、よろしくお願いいたします☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。