クイーンステークス2022結果・優勝はテルツェット

連覇。

昨年函館で開催された当レースの覇者テルツェットですが、今年も最内枠から差し切り、強い内容で連覇を達成。

イン前有利な馬場と枠順を存分に活かした走りでしたが、池添謙一騎手の手綱には素晴らしい腕を感じられました。

末脚勝負に懸けて正解と鞍上も納得のゴールですが、そんなクイーンステークス2022の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

クイーンステークス2022着順

優勝馬テルツェット

2着馬サトノセシル

3着馬ローザノワール

クイーンステークス2022予想結果

本命◎テルツェット

対抗〇ウォーターナビレラ

買い目=◎単勝100円&複勝200円、〇単勝300円、計600円

予想結果=的中:単勝670円・複勝230円×2

クイーンステークス2022予想・本命はテルツェット

パドックロード配信結果

▲1着→☆2着→〇4着→◎10着でした。

パドックロード(2022)7月度会員募集&前月度実績

ワンツー2頭を見抜けていますね

のりしお

はしくれ

本命・対抗が来なかったけど…。代わりと言ってはなんだけどね
早速馬体診断をしましょう

のりしお

はしくれ

うん

☆1着→〇2着→◎3着→▲5着
土曜新潟のJGⅢは3着以内独占を達成

クイーンステークス2022結果・馬体診断

優勝馬テルツェット

まず優勝馬テルツェットです。

同馬は相変わらず線が細く華奢な馬体をしている馬ですが、体幹自体はしっかりしており、毛ヅヤもふわふわで柔らかいです。トモが勝っていて胴が凝縮しマイラー体型にも映りますが、洋芝巧者でスタミナを見せる絞れた馬体も良いつくりでした。

札幌の芝はこうした毛ヅヤの柔らかいタイプがよく走るので、対抗評価とも迷いましたが、馬格を気にして3番手でした。いつもバランス良好で馬体の旬が維持されているタイプですし、真夏日になったことも同馬には、向く天候だったかと思います。

2着馬サトノセシル

2着馬はサトノセシルです。

同馬は堀厩舎の所属でありバランス良好な仕上がりですが、品のある馬で毎回馬体もしっとりと毛ヅヤの良い仕上げです。先述の通りこうした仕上げは札幌に向いたものと言えますし、コロンとした柔軟性の高い、質の高い筋肉をしています。

距離適性もぴったりな感じで中距離は向くタイプに見えますし、無駄のないバランスの良い馬体でトモもしっかりと張って見えました。低重心で落ち着いた気性でレースセンスも高い馬ですから、これからもハイレベルな活躍を期待できる存在と言えましょう。

3着馬ローザノワール

3着馬はローザノワールです。

同馬は前回GⅠ4着、フロックに思えないものでしたが、今回もやはりバランス良好、選出も迷った仕上がりでした。結果的にサトノセシルの方を上に取ったのは良かったのですが、馬格があるのでこの点がやはり粘りに繋がったかと思います。

トモがしっかりと張っていますからダッシュがつくのも納得でしたし、ペースを落として競馬をしたのも、好結果につながったことでしょう。瞬発力よりスタミナタイプでハイペースも問題ないのですが、こうした走りも覚えて今後も活躍してくれたらと思います。

2~4着馬のワイドを握って絶叫していたはしくれさんです

のりしお

はしくれ

ワンツー2頭も良かったんだけど、これが入ってくれていたらなあと…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

クイーンステークス2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は意外とペースが落ちて1コーナーでもごちゃつく感じで、本命に推したテルツェットからは、厳しい結果も出る気配でした。それが一転、好騎乗によってインをするすると抜けてきましたし、池添騎手の手綱は本当に素晴らしい好騎乗と言えました。

1コーナーで首を上げたうえにポジションもギリギリのインでしたし、想定内ではあった逆境も、見事に撥ね退けての優勝です。意外と差しが決まりやすいことで知られる一戦ではありましたが、スローペースでもこうした結果で、内枠が有利だと思いました。

複勝を200円買っています

のりしお

はしくれ

ウォーターナビレラが飛んだ場合に…という想定がはまったかなと

騎手のコメント

1着池添謙一騎手・・・「ゴールした瞬間は分からなかったのですが、勝っていたので嬉しいです。返し馬は良く、初騎乗のなか、レース映像を見て把握をして、1コーナーの狭いところをクリアしてからはスムーズに行きました。よく最後は狭いところを抜けて来てくれたと思います。流れはあまり速くないなと思ってはいましたが、末脚を引き出すことだけを考えて、上手くいったと思います」

2着古川吉洋騎手・・・「1コーナーでごちゃついたのが痛かったです。勝ち馬の方に運が向いた感じですね」

3着田中勝春騎手・・・「しかったですね、ペースを予測しすぎました。もうちょっとペースを上げても良かったです

1コーナーでの不利がありながらワンツーした2頭は強いですね

のりしお

はしくれ

昨年馬券内の2頭だしね

クイーンステークス2022結果データ

勝ちタイム=1分47秒8(良)

前半800m通過=49秒4

ペース=スローペース(2秒8差:前後半800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒4(2位)

レース上がり3ハロン=35秒2

4角通過順=7→4→1番手

クッション値(午前8時20分)=7,2(やや軟らか)

おわりに

今回はスローペースで相当ペース予想は崩れていましたが、イン前有利想定が奏功、最内テルツェットで当たりました。予想公開時点でのオッズは10倍超の4番人気から、確定時点で6,7倍、相当人気になった感じです。

的中したのは嬉しいのですが少々残念な感覚もあり、オッズの変化は馬場の状況を反映しているなと思いました。今週は枠順確定を待ち公開に踏み切ったところですが、やはりこの点は精度に相当大きく影響したと思います。

枠順はやはり大事なんですね

のりしお

はしくれ

展開が左右されちゃうから

パドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。温かいご声援に感謝して、配信に邁進して参ります。

はしくれ

来週も頑張ります
またお会いしましょう!

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。