競馬小説「アーサーの奇跡」第55話 大事な人

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

はっぴの男に声を掛けられて、くじ引きをすることになった匠。

落ち込んで座るベンチの近くで、語られる真実を知るのでした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第54話 バカじゃないの?

競馬小説「アーサーの奇跡」第55話

第55話 大事な人

 

「…」

匠は結衣を見つめたままじっと、耳を赤くして腰を掛けていた。

 

「あの…。すみません、ごちそうになって。ただでさえ長く待たせちゃったのに…」

雛松(ひなまつ)という店に入った結衣はアーサーのぬいぐるみを手に、目を閉じて嬉しそうに両腕でぎゅっとしてから椅子の上に置いた。

 

「いいえ…。わたし、ついさっき知り合いの女の子に偶然そこで会って…。彼と一緒だったんですけど、しばらく一緒にパドックをやって。だからちゃんと集中もできて、たまたま運よく当たりましたから…」

結衣は障害戦の馬券をパドックで選んで購入したが、オッズも見ないで最低人気の応援馬券を的中していた。

 

昼食代を払おうと匠が財布を出すのに気がついた結衣が

「わたしが払います」

とそれを制し、匠の分もまとめて支払った。

 

「しかし結衣さんは、障害戦でも関係なく的中するんですね。そんな結衣さんに教われるなんて、おれは本当に幸せ者です…」

感心した匠の様子に、結衣は頬を真っ赤にして答えた。

 

「偶然です…。匠さんをびっくりさせたいなって思っただけなので…。そしたらほんとに当たっちゃって…」

まるでその熱を冷ますように、結衣は両手で頬を押さえていた。

 

「それにずっと匠さんにこれまで、ごちそうしていただいていましたし…。少しでもお礼したいなって…」

「そんな。おれの方こそバイトも、何もかもお世話になりっぱなしで…。なんとお礼を言ったらいいか…」

そう言うと二人は沈黙し、お互いまた視線を下げていたが、定食からのぼる湯気に気づくと

「…まあ取り敢えず、いただいちゃいますか…」

匠が顔を見上げて言った。

 

結衣はオムライスを頼んでいたが、嬉しそうに口に運んでいくと、匠も視線を伏せて忙しく、マーボーライスを平らげていった。

 

「…そう言えばその、ぬいぐるみなんですが…袋がないのでごめんなさい…。割かし大きいのに袋が、用意されてないのが笑えますね…」

困ったような顔で匠が、苦笑しながら結衣にそう話すと

「平気です。とっても可愛いですし…。わたしずっと持っていますから…」

そう返す結衣は目を細めて、愛し気にぬいぐるみを撫でていた。

 

匠は結衣が彼氏を連れてきて、自分に紹介したがっていると、勘違いから帰ろうとしたのを、一人猛烈に反省していた。

 

「(こんなに大事に思っているのに、あんなにすぐに絶望したおれは…。ほんと情けないけどやっぱり、大事だからこそでもあったわけで…。結衣さんの気持ちを知らないと、やっぱり大事にはできないんだな…)」

雲がかかったようにぼうっと、結衣を眺めていた匠に向かい

「…匠さん?あの、どうかしたんですか…?」

結衣が首を傾げて尋ねた。

 

「あ…いいや…その、ぬいぐるみですが、持ち歩くのが大変かなあって…まだメインまで時間あるのに…。帰るまでおれが持ちますから…」

とっさに結衣に言った匠に

「平気です。わたし持ってたいんです。大切な思い出になりますから…」

そう言って結衣は目を細めて、匠は耳を赤くするのだった。

 

「(…それにしても、結衣さんの知り合いが「すっごく大事な人と来た」ってさ…。確かにそう言ってたんだよな…。それってつまり、そういうわけで…。でもバイト先の人だったら、取り敢えず大事だって気もするし…。デートっていう言葉にしても、他に言葉が無かったのかもなあ…)」

パドックで待つ結衣を見つけて、匠はすぐに駆け寄っていったが、そのまま勢いで両手に持ったぬいぐるみを結衣にポンと渡した。

 

「わあ、アーサー!どうしたんですか?これ…」

尋ねる結衣に匠は不意に

「プレゼント…サプライズってやつで…」

引っ込みがつかずにそう言った。

 

「(いきなりこんなものを渡されたら…、正直、迷惑かもしれない…。でも帰ろうとしていたなんて、口が裂けたって言えないからな…)」

真剣な表情の匠に

「嬉しいです…ずっと大事にします…」

結衣はぎゅっと抱きしめて言った。

 

「(「人間万事塞翁が馬」だな…。まさに競馬場にぴったりだ…あんな色々あっていきなり、こんな光景が待ってるなんてさ…。まったく、人生分からないよ…)」

匠はしみじみと食べ終えた定食の皿を見つめて思った。

 

それからふと顔を見上げて見ると

「ふふっ」

と結衣が見て微笑んでいた。

 

「(あっ…)」

ドキンと胸が締め付けられたまま、匠は言葉を失っていたが、止まった時の中で不意に結衣が、小さく言う声で我に返った。

 

「…匠さん、ここにネギがついてます…」

結衣は自分の唇を指し

「ここです…」

と匠を見つめて言った。

 

「…!」

匠は唇からネギを取ると、一瞬じっとそのネギを見つめて、パクッと口に放り込むとすぐに、ニヤリと結衣を見てひとこと言った。

 

「これはついさっきの、小川さんです…」

緑の丘のことに触れると

「ふふっ…!」

と微笑んだ結衣を見つめて、匠は胸を撫でおろすのだった。

 

次回予告

 

パドックに現れたアーサーから、相馬談義を繰り広げる二人。

アーサーに跨る真凛の笑みに、匠は何かを感じるのでした…

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第56話 シャッターチャンス

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第54話 バカじゃないの?

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。