ラジオNIKKEI賞2022結果・優勝はフェーングロッテン

オープン馬。

白百合ステークスから参戦の3番人気フェーングロッテンが、直線インから抜け出し見事に勝利を飾った今回のレース。

上位は道中インで溜めていた馬たちが独占していましたが、開幕週らしい馬場バイアスを感じられる一戦となりました。

オープン実績馬の貫禄から地力の高さを見せつけましたが、そんなラジオNIKKEI賞2022の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

ラジオNIKKEI賞2022着順

優勝馬フェーングロッテン

2着馬ショウナンマグマ

3着馬サトノヘリオス

ラジオNIKKEI賞2022予想結果

本命◎ボーンディスウェイ

対抗〇サトノヘリオス

単穴▲タガノフィナーレ

買い目=単勝各100円、複勝▲100円、◎ワイド流し各100円、計600円

予想結果=不的中

ラジオNIKKEI賞2022予想・本命はボーンディスウェイ

パドックロード配信結果

〇3着→◎5着→▲6着→☆12着でした。

パドックロード(2022)7月度会員募集&前月度実績

対抗馬の3着がやっとです

のりしお

はしくれ

これは厳しい結果になったねえ…
早速馬体診断をしましょう

のりしお

はしくれ

うん

◎1着→〇2着→▲3着→☆5着
小倉の新馬は完全的中。土日本命単回値もプラス

ラジオNIKKEI賞2022結果・馬体診断

優勝馬フェーングロッテン

まず優勝馬フェーングロッテンです。

同馬は今回トモが盛り上がり、前走以上に感じたのですが、他馬が良く見え比較に失敗し、無印評価という結果でした。ツル頸で歩く歩様から見ても調整は上手く行ったようですし、ブリンカーを着用していますが、気難しさは出ていませんでした。

胴も長くスタミナがありそうで、この点好感を持つものですが、見た目以上に腰が強いようで、最後もうひと伸びが可能でした。可動域の広い踏み込みですし、切れ味勝負に分がある馬です。福島の馬場も合っていますから、納得できる勝利となりました。

2着馬ショウナンマグマ

2着馬はショウナンマグマです。

同馬は強いトモの張りがあって、中々良い仕上げに見えましたが、もうあと一歩絞れるかなと見て、無印評価とした仕上がりです。やや腹袋がある馬体ですが、重たさ自体は感じないために、これで十分走れる状態にあったという結果だと言えましょう。

全体的にかなり筋肉質、ダートも合いそうな全体ですが、胸前が深いタイプであるため、心肺機能も高い気がします。スタミナ勝負に強そうな馬がワンツーフィニッシュしてきましたから、やはり福島はイン前有利も、多少タフな馬場だと言えるでしょう。

3着馬サトノヘリオス

3着馬はサトノヘリオスです。

同馬は3歳世代のなかでも際立ったバランスを保持していて、スラリと優美な期待の大きい、器を感じさせる全体です。トモも張っていて外郭が強く、輪郭がはっきりとしていますし、腹周りもスッキリしているので好走可能と判断しました。

結果的に内枠も問題は全くなかった今回でしたが、やはりもう少し切れ味が活きる馬場になってくれたらと思います。開幕週自体は良いのですが、スピード馬場が向きそうなタイプで、全体がもっとふっくらとすれば、更に見惚れる馬になれるでしょう。

ゴーゴーユタカは5着までですね

のりしお

はしくれ

外枠からよく頑張ってくれた

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

ラジオNIKKEI賞2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は46秒8の前半ハイペースとなりましたが、もう少しタガノフィナーレが行って、見せ場を作るかなと思いました。同馬はパドックでも途上ですし牝馬という性別もあったため、思うような競馬ができないまま終わってしまったかなと思います。

対して勝ち馬フェーングロッテン、松若騎手は坦々と運んで、4角5番手以内を回って理想的な競馬に映りました。パドックでもブリンカー着用も問題ない精神力でしたし、スタミナが活きる展開になって個性がより生きたかと思います。

来年こそ当てたいところですね

のりしお

はしくれ

レースはいつも面白いから

騎手のコメント

1着松若風馬騎手・・・「全体的なリズムは良かったです。外も見ましたが、開いておらずに、一か八かイン狙いをしました。最後はすごく狭かったのですが、馬に感謝したいなと思います。まだ若い馬ですし、もっと成長してくれると思います」

2着菅原明良騎手・・・「ハナに行けたので自分の競馬はできました」

3着岩田望来騎手・・・「折り合いに専念しました。休み明けのフレッシュな状態で直線では伸びました。これからもっと良くなると思います」

オープン連勝は素晴らしいです

のりしお

はしくれ

格的にも期待が大きいよね

ラジオNIKKEI賞2022結果データ

勝ちタイム=1分46秒7(良)

前半800m通過=46秒8

ペース=ハイペース(1秒1差:前後半800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒0(2位)

レース上がり3ハロン=35秒4

4角通過順=3→1→7番手

クッション値(午前7時)=8,5(標準)

おわりに

今回はクッション値も8,5、開幕馬場としては緩いですが、良馬場になってハイペースからの粘り込みが問われるレースでした。フェーングロッテンはまさにそうしたレースに強い馬体と言えますし、精神面でも落ち着いた馬で闘争心も備わっていました。

最後の一冠菊花賞まではまだ間が空いてはいるのですが、こうしたレースができる馬体だと、距離延長も期待をいだきます。切れ味勝負のタイプでないためこれから長距離路線に行っても、活躍できそうなだけに今後も、注目したい馬だと言えましょう。

楽しみな馬が現れました

のりしお

はしくれ

楽しみはいくらあってもいいしね

パドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。温かいご声援に感謝して、配信に邁進して参ります。

はしくれ

来週も頑張ります
またお会いしましょう!

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。