ラジオNIKKEI賞2022予想・本命はボーンディスウェイ

積極策。

ラジオNIKKEI賞は開幕週、イン前有利の馬場となりますが、天気も金曜時点の予報は晴天が予想されるところです。

こうなると積極策に出られる先行有利と予想されますが、今年は確固たる逃げ馬もなく、ペースがどうなるかが問題です。

それでも本命ボーンディスウェイに有利な流れと想定しますが、そんなラジオNIKKEI賞2022の予想を公開しましょう。

はしくれ

ペースはミドルハイペースと予想
軽量馬の一発に注意です

のりしお

ラジオNIKKEI賞2022予想・印&買い目

本命◎ボーンディスウェイ

対抗〇サトノヘリオス

単穴▲タガノフィナーレ

買い目=単勝各100円、複勝▲100円、◎ワイド流し各100円、計600円

*CBC賞2022はCBC賞2022予想・本命はテイエムスパーダ

◎1着→〇2着→▲4着→☆8着
先週の函館新馬戦では5→6番人気ワンツー的中

ラジオNIKKEI賞2022予想

本命◎ボーンディスウェイ

本命◎はボーンディスウェイです。

同馬は中山コースで連勝、GⅡ3着の実績馬ですが、トモが強く、スタミナも十分で千八への適性も感じます。腹袋がやや出た馬体ですが、こうしたタイプが合う福島なら、新馬戦からの2戦が両方馬券内なのも納得できます。

走力的にも持続力があり、前が意識される展開からも、前々に行って押し切れるだけのタフさがあるのは安心できます。馬場がどうしても前有利なため行ける馬が狙い目となりますが、皐月賞でも1秒差以内の先行力から期待できましょう。

石橋脩騎手も葉牡丹賞できっちり勝利を収めていますし、すっかり主戦の手綱で馴染みも生まれているコンビだと思います。直線短い福島ですからメンバーレベルが下がる今回は、一気の抜け出しも有り得ると見て、本命に選びたいと思います。

対抗〇サトノヘリオス

対抗〇はサトノヘリオスです。

同馬は最もバランスに優れ良好なトモの張りを持ちますが、世代の中でも相当上位にランクできる馬体だと思います。春先はレコード決着のあと反動もあった敗戦でしたが、GⅠレベルは高かったですし、今回は走りやすくなるでしょう。

小回りもできる曲飛節ですしコンパクトな馬体をしているので、馬体重からは推測できない加速力も頼れる存在です。前半ペースが速まれば更に末脚にも期待が持てますから、上り最速の計時も十分、あると踏んで対抗抜擢です。

更に同馬は岩田望来騎手が連戦手綱を手放しませんし、友道厩舎で仕上げも良いので、あとはきっかけだけのところでしょう。走破タイムは自信がありますし、速い馬場自体歓迎ですから、あとはどれだけ末脚が溜まるか、この一点に懸けるところでしょう。

単穴▲タガノフィナーレ

単穴▲はタガノフィナーレです。

同馬は前走1勝クラスでスローのなか逃げ切ってきましたが、ここは人気馬をまとめて蹴散らす、頼もしい逃げ切りにもなりました。元々マイルの競馬は十分、勝機があるところと言えましたが、それは雄大な馬体から見ても、納得いくところだと言えましょう。

実際同馬は3歳馬ながら490kgはありますし、それも牝馬なら馬格は十分、他馬に見劣ることはないものです。トモの面積も大きいですから坦々とラップを刻めたときは、あるいは逃げ切り勝利も可能と判断して単穴に据えました。

今回ハンデも51kgで、吉田豊騎手が鞍上ですが、この乗り替わりはパンサラッサから推測される手綱に思えます。逃げて新境地を開き続ける大ベテランの騎乗もありますし、他に速い逃げ馬もいないので、残り目に期待したいところです。

ラジオNIKKEI賞2022買い目

今回は逃げ残りも考慮して、穴の単複も狙っていきます。

単勝各100円、複勝▲100円、◎ワイド流し各100円、計600円と致します。

ラジオNIKKEI賞2022当日のパドック予想

夏開催名物重賞です。最も注目している馬体は?

のりしお

はしくれ

トモの張りが強いボーンディスウェイ!

ラジオNIKKEI賞2022は7月3日(日曜日)、福島競馬場第11レース15時45分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。