競馬小説「アーサーの奇跡」第50話 お知り合いですか?

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

迎えに来た結衣と会話しながら、東京競馬場へ着いた匠。

善男からもらった入場券を、早速結衣に手渡したのでした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第49話 入場券

競馬小説「アーサーの奇跡」第50話

第50話 お知り合いですか?

 

場内へ入ると匠はすぐに、パドックの人混みを確かめたが、スタンドへ人が流れるのを見て、レースが近いことを感じていた。

 

「まずはスタンドでレースを見ましょう」

振り返って結衣に言った匠に

「はい」

結衣も嬉しそうに笑うと、連れ立ってスタンドへ歩いていた。

 

「それにしても、ほんとに素敵ですね。こんなに大きいのに綺麗ですし…」

結衣が感心している声に、匠は

「本当に…」

とつぶやいた。

巨大なビルの中は発券機や、マークシートを置いたテーブルなど、どれもピカピカに光って設備の充実した雰囲気に満ちている。

 

「やっぱり東京はきれいなんだな…」

改めてそう言った匠に

「でもそれぞれ、良さがあるんですよね…」

結衣が何気なくそう答えた。

 

「ふふ、結衣さん。競馬のことになると、何でも嬉しそうに話しますね…」

匠がすかさず結衣を見ると、結衣も匠を見て苦笑いした。

 

「すみません、なぜか分からないですが…」

困ったような結衣に匠は

「全然、何も問題ないですよ。それより1レースから買いますか?締め切りが近いようですけど…」

聞こえた場内アナウンスの、内容をそのままに伝えていた。

 

「いいえ…まだ何も見ていませんから」

結衣が匠の声にそう返すと

「じゃあ、アーサーの単勝馬券だけ、先に買っておいてもいいでしょうか?父さんにも頼まれているし…」

匠が改めて問いかけた。

 

「…そういえば川崎で会ったときも、匠さん、先に買っていましたね…」

微笑みながら返した結衣に

「そうでしたね。あのときは結衣さんが、おれに声をかけてくれたんでした。もしかしたら結衣さんもアーサーを見に来てるかなって思ったりして…」

匠がその声につぶやいた。

 

「…なんだかもう、懐かしく感じます…」

結衣はそう言うとふと黙って、少し寂しそうにうつむいていた。

 

「…」

そんな結衣を見つめて、匠も言葉を失っていると

「あ、そうだ…。わたしも100円だけ、アーサーの馬券、買っておきますね」

周りを見渡しながら結衣が、記入台の方に歩いて行った。

匠はそれにコクリと頷くと、時折結衣を確認していたが、再び視線を交わすと今度は、並んで発券機へ向かっていた。

 

―お金を先に入れてください…!―

匠の発券機が声を上げる。

 

「あちゃ、そうだ…。お金を入れなくっちゃ…。マークシート先入れちゃったよ…」

ぶつぶつ言う匠の隣で

「くすっ」

と結衣が笑う声がすると、匠も

「はは…」

と苦笑いをした。

 

「―それじゃあ早速、外に行きましょう!」

馬券を買ってスタンドを抜けると、広い観覧席が並んでいて

「わあやっぱり、すっごく広いですね…!」

結衣も感嘆の声を上げていた。

 

「…取り敢えず、あの辺りにしましょうか。周りもまだ空いてる感じですし…」

匠はそう言うと促して、端をひとつ開けて、腰を下ろした。

 

「あの今日はお隣、失礼します…」

少し頬を赤らめた結衣が、端の座席にそっと腰掛けると

「(はあ、どうしよう…凄くいい匂いが…)」

意識を取られる匠だった。

 

「―匠さん、ちょうど始まりそうです!」

結衣の声に匠ははっとすると

「えっ…?はい、そうですね。最初のレース…。なんだかほんと、楽しみですね…。走っていくのが楽しみです!」

どことなく変な匠を見て、結衣はまたくすっと微笑んでいた。

 

「(うん…これはおれがシャキッとしないと、どうしようもないことになりそうだ…。隣に結衣さんが座ること、休憩時間でも無かったからな…)」

結衣がバイトに入るときでも隣同士で座るようなことは、休憩時間の最中としても、匠の記憶の中にはなかった。

 

「(向かい合って座ることはあっても、隣に座るのって確かこれは…。川崎で会ったとき以来か…)」

匠は記憶を辿っていた。

 

「(ああ、やっぱり…。こんな素敵な人がおれの隣に座るなんてことは、あったとしても半年ぶりだよな…。やっぱり競馬で繋がれなきゃ、こんな奇跡なんてあるわけないよ…。彼氏だったらきっと毎日…)」

1レースのファンファーレが鳴る。

 

「(…やっぱり半年って言ったらさあ、彼氏だったらまず、有り得ないよな…。どう考えても今のおれは、良くて競馬友達に過ぎないし…。でも結衣さんに限ってそんな、彼が居ておれと来たりするかなあ…?)」

匠は不意に不安になって、うつむいたまま黙りこくっていた。

 

「―ワアアアアッ!」

そんな匠をよそに、ゴール前から歓声が上がると

「匠さん?」

顔を覗き込むように、匠の目をじっと結衣が見ていた。

 

「はわっ!あの、結衣さん。どうかしましたか…?」

慌ててそう返した匠に

「…もう、ちゃんとレース見ていたんですか?すっごくきれいに走っていたのに…」

じっと見つめて匠に言った。

 

「いやその、はい…ちゃんと見ていましたよ?」

「それじゃあ、何番が1着でした?」

匠の声に結衣が返すと

「(う…まずい、何番が勝ったんだろ…)」

不意に目を逸らしたその先で

「よしっ…!」

と目の前の椅子に座った、男が馬券を手に声を上げた。

 

「(あ…あの人、きっと当たったんだな…。5番の単勝を握ってる…。そうかじゃあこのレースはきっと…)」

「5番です!」

匠がそう告げた。

 

「…」

結衣は匠の声に押し黙って、匠はそれに冷や汗をかいたが

「…当たりです。ちゃんと見ていたんですね。ごめんなさい、わたし意地悪をして…」

結衣がうつむきながら答えた。

 

「いや全然…はは、お気になさらずに…。おれ何も気にしてませんから…」

ひきつった顔で言う匠に

「良かったです…」

結衣がうつむきながら、小さく胸に手をあてて答えた。

 

「(助かった…。前の人、ありがとう…)」

匠がほっと一息つくと、前の座席の男が立ち上がり、振り返りざまにニヤリと笑って、スタンドの方へと歩いて行った。

 

「え…?」

その一瞬の表情を目にして、匠にはそれが誰かが分かると、すぐにその背中を振り返ったが、何も言えずにただ見送っていた。

 

「…匠さん?」

結衣の声に気がつくと

「いや、その何でもなく…」

と答えたが

「…わたしと一緒に居るの、嫌ですか…?」

結衣はじっと匠を見つめて、目を潤ませながら問いかけていた。

 

「はわ、いや全然嫌じゃないですよ!あのその、ちょっと知り合いを見つけて…」

振り返って答えた匠に

「お知り合いですか?それじゃ挨拶を…」

結衣が真剣な顔で言った。

 

「いや、その知り合いと言ってもそれは…。あのあんまりよく知らなくって…」

「…本当に匠さん、変です…」

匠は言葉をなくしていた。

 

「(だってさっきの人ったらこれまで、色々あったあのオヤジだったし…。話すのも長くなりそうだし…)」

結衣はじっと匠を見ていた。

 

次回予告

 

結衣の追及にたじろぎながらも、別の提案を持ち出した匠。

兼ねてからやってみたかったことを、実現しようと歩き出しますが…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第51話 緑の丘

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第49話 入場券

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。