目黒記念2022結果&馬体診断・優勝はボッケリーニ

最重量。

日本ダービーのあとはGⅡ目黒記念が組まれていましたが、ここではトップハンデを背負っていたボッケリーニが抜け出して快勝。

57,5kgのハンデなら苦にならないという感じに見せて、しっかり伸び切った直線からは充実の今を感じさせました。

中距離馬から覚醒し長距離重賞の奪取は見事でしたが、そんな目黒記念2022の結果を早速回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

目黒記念2022着順

優勝馬ボッケリーニ

2着馬マイネルウィルトス

3着馬ウインキートス

目黒記念2022予想結果

本命◎ボッケリーニ

対抗〇バジオウ

単穴▲マカオンドール

特注☆パラダイスリーフ

買い目=ワイドボックス各100円、計600円

予想結果=不的中

目黒記念2022予想・本命はボッケリーニ

パドックロード配信結果

〇1着→◎6着→☆10着→▲14着でした。

パドックロード(2022)5月度会員募集&前月度実績

優勝馬は見抜けていましたが…

のりしお

はしくれ

2頭以上来なくて残念だね
早速馬体診断をしましょう

のりしお

はしくれ

うん

〇1着→◎2着→▲5着→☆14着

日本ダービーは大本線のワンツー抜擢で混戦に断

目黒記念2022結果・馬体診断

優勝馬ボッケリーニ

まず優勝馬ボッケリーニです。

同馬はいつも通り好仕上げで無駄な肉がなく締まっていますが、瞬発力を感じる強いトモ、毛ヅヤもツヤツヤな仕上がりでした。腹周りがスッキリしたタイプで可動域が広い体型ですし、風を切って走っていけるような流線形の仕上げに見えました。

気性的に落ち着いた性格で騎手の判断を聞ける馬なので、折り合い面がプラスになることも距離適性に響いているでしょう。リラックスした歩様を見せておりしっかりと踏み込めていましたから、本命でもおかしくないくらいの対抗評価ができた馬でした。

2着馬マイネルウィルトス

2着馬はマイネルウィルトスです。

同馬は周回の一周目では選出候補にした馬でしたが、二周目以降の発汗が目立ち、それを懸念しての無印でした。バランスが良く皮膚も薄い馬で毛ヅヤもふわふわになっていますし、筋肉の柔軟性が上がって、昨年秋よりも良く見えました。

今回は珍しくブログ予想・パドック予想が一致したために、自身かなり期待していましたが、結果が振るわずに残念でした。しかしながら同馬はあと一歩で選出可能であったことからも、悲観する内容ではないかなと、次月以降に期待を繋げます。

3着馬ウインキートス

3着馬はウインキートスです。

同馬はこの角度から見た方が良い仕上がりに見える馬体ですが、正面真横を確認した際、緩さが気になって無印でした。牝馬ですし線が細く見えてもそれほど気にならないところですが、腹目にも多少ゆとりを感じて、手が出せない仕上がりにありました。

2度やっても買えなかっただろうと反省するところではありますが、トモの筋肉は悪くないために、これが特に生きたかと思います。スロー展開も活かされましたし馬体評価としては切りましたが、次走以降上昇の余地があり、これから警戒が必要でしょう。

ダービー後の確変はおあずけ

のりしお

はしくれ

いずれここも突き抜けて行きたい

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

目黒記念2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は昨年スローペースが甚(はなは)だしかったこともありますし、結局控える競馬になるかと想定したのは良いところでした。前半62秒5になって思うより更に遅かったですが、これが目黒記念の特徴だと感じずにはいられないところです。

ポジションを取っていけない馬には末脚が届かないレースですし、それを見極めて拾えていかねばならないレースだったと思います。反省点も多い結果ですがブログ本命馬は1着なので、焦らず取り組みを強化しながら的中を狙いたいと思います。

スローになりやすい一戦ですね

のりしお

はしくれ

ダービーのレコードの後でもね…

騎手のコメント

今回はありません

浜中騎手は好騎乗でした

のりしお

はしくれ

ボッケリーニをよく分かってるよね

目黒記念2022結果データ

勝ちタイム=2分32秒1(良)

前半1000m通過=62秒5(推定)

ペース=スローペース(4秒2差:前後半1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒4

レース上がり3ハロン=34秒7

4角通過順=3→3→1番手

クッション値(午前7時)=9,3(標準)

おわりに

今回は超スローペースという展開が読めたかどうかでしたが、こうなるとパドックも運次第で、致し方ない結果となりました。しかし昨年より全体像が掴めた一戦でもありますので、来年以降は的中を目指し、取り組んで行けるかなと思います。

はっきり言って昨年は一番ひどい重賞だと感じましたが、今年は騎手の方々もやる気を見せてくれた悪くないものでした。スローならばスローなりにレースの組み立てをして欲しいところですし、馬券を買う側としては真剣勝負をいつでも期待しています。

あとは予想力を磨くことだけ

のりしお

はしくれ

しっかり上達していきたいよね

パドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。温かいご声援に感謝して、配信に邁進して参ります。

はしくれ

来週も頑張ります
またお会いしましょう!

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。