日本ダービー2022予想・本命はイクイノックス

枠順。

いよいよ日本ダービーに向けてカウントダウンが始まりましたが、木曜日の枠順発表では本命イクイノックスは大外。

人馬ともに皐月賞と同じの大外枠からのスタートですが、ルメール騎手は先週オークスを見事に大外から制しました。

Cコースになり基本は道中インで溜めるのが理想的ですが、日本ダービー2022の予想を早速公開しましょう。

はしくれ

ペースはミドルハイペースの予想
晴天・良馬場での想定です

のりしお

日本ダービー2022予想・印&買い目

本命◎イクイノックス

対抗〇プラダリア

単穴▲ドウデュース

特注☆ダノンベルーガ

買い目=ワイドボックス各100円、計600円

*目黒記念2022は目黒記念2022予想・本命はボッケリーニ

▲1着→☆2着→〇6着→◎7着

先週土曜平安ステークス7番人気馬を含むワンツー

日本ダービー2022予想

本命◎イクイノックス

本命◎はイクイノックスです。

同馬は皐月賞も大外枠、難しい一戦になりましたが、鞍上のルメール騎手の手綱で見事に2着に連対しました。このときは5か月ぶりのレースで仕上がりに不安も感じましたが、いざパドックでは好馬体を見せ、トップクラスであると分かりました。

〇2着→◎3着→▲4着→☆16着

ご覧の通り皐月賞の際は対抗に推すほどの仕上げですし、バランスが良く、無駄な肉がつかず、理想的な体型をしています。他馬が皐月賞へ向かう際にも1~2走消化したのと違って、フレッシュ度合いが高い部分でも、上積みが大きいと予想します。

大外枠もルメール騎手ならばこなしてしまいそうなところですし、何より差し脚がある馬なので、流れそうな展開も良いでしょう。有力各馬の動き出しを見て進路取りも決められる枠ですし、ゲートも最後入れの利点があり、スタートも不安が少ないでしょう。

対抗〇プラダリア

対抗〇はプラダリアです。

同馬は前走の青葉賞ではダービーの試走を完璧にやり、内で溜めて最後中へ持ち出し、伸び切る強い競馬を見せました。デビュー戦から中距離を使って二千以下の実績がないですし、道中緩まなかった展開を前走で勝ったのも大きいです。

今回のダービーは先行馬が揃った印象を受けましたから、Cコース替わりも含めそこそこ隊列はばらけると予想します。こうなると皐月賞とは一変、スローからハイへと変わりますから、そうした持続力が求められる展開に強いことも良いでしょう。

枠も3枠6番と好枠、2枚目で溜めて行ける位置ですし、馬体も前走少し絞れれば更に良くなるという感じでした。重馬場のダメージも感じさせず前走重賞を勝ちましたから、このスタミナが活きると予想して、対抗評価に抜擢とします。

単穴▲ドウデュース

単穴▲はドウデュースです。

同馬は元々マイラータイプで胴がやや詰まった体型ですが、弥生賞から伸びやかさが増して、皐月賞時も本命にしました。いつも必ずきちんと仕上がって無駄な肉がつかないタイプですし、筋肉が張って瞬発力でも引けを取ることはない存在です。

実際立ち回り勝負になった前走中山の皐月賞でも、上り最速のタイムを計時し、大外から3着になりました。厳しい一戦になった理由は距離の壁の意識もあるでしょうし、相手関係を推し量りつつのレースだった部分もありそうです。

その点今回は隣枠からダノンベルーガをマークできますし、溜めて弾けることが分かったので、出方を見て競馬をして行けます。7枠自体も過去に4頭の馬券内馬が出ていることからも、問題になることはないと思い、単穴3番手に指名します。

特注☆ダノンベルーガ

特注☆はダノンベルーガです。

同馬は皐月賞では4着と、馬場の悪い枠にも泣きましたが、中山や右回りも初めてと、敗因が分かりやすいものでした。更に仕上がりもまだまだ余裕が感じられる中でのレースとなり、これが絞れたらトモの大きさは圧倒的だなとも感じました。

そのため仕上がりに期待が持てる状況が望まれたところですが、事前のフォトパドックの馬体では、素晴らしい仕上がりを見せています。管理する堀調教師は以前サリオスを完璧にしましたから、距離の壁をなくすような仕上げを、十分に施してもくるでしょう。

こと東京の舞台では前走皐月賞で勝利を飾っている、ジオグリフを一ひねりで倒した同馬得意の舞台に変わります。川田騎手はマカヒキでダービーを優勝させているジョッキーですし、枠も連対率の高い枠で、可能性のある馬と言えましょう。

日本ダービー2022買い目

的中の重複を加味しながら、ワイドボックスで狙っていきます。

ワイドボックス各100円、計600円と致します。

日本ダービー2022当日のパドック予想

さあ日本ダービー発走です。最も注目している馬体は?

のりしお

はしくれ

フォトパドックの良いダノンベルーガ!

日本ダービー2022は5月29日(日曜日)、東京競馬場第11レース15時40分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。