競馬小説「アーサーの奇跡」第45話 転厩

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

結衣への謝礼を兼ねて善男から、喫茶店代を受け取った匠。

思いがけず二人きりの時間を、欅(けやき)で過ごすことになりましたが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第44話 寄り道

競馬小説「アーサーの奇跡」第45話

第45話 転厩

 

喫茶・欅は静かな店内に木枠の窓ガラスがはめこまれて、そこから見える竹藪が見事なコテージ風の老舗カフェであった。

匠と結衣は窓際に腰掛け、早速飲み物を注文したが、店内を嬉しそうに見る結衣につい見とれてしまう匠であった。

 

「(ああそうだ。今日こそは結衣さんに、聞きたいことを質問しなくっちゃ…)」

匠は九州旅行の際、結衣が佐賀競馬場にいたことや、アーサーに惹かれた理由について、改めて知りたいと思っていた。

メールのやり取りこそしてはいたが、中々核心に迫れずにおり、そんななか与えられたチャンスだと直感的に今を捉えていた。

 

「匠さん。また素敵な喫茶店、連れてきて下さって嬉しいです」

結衣が嬉しそうに匠に告げた。

 

「え?あ、はい。本当にいい店で…。喜んでくれて嬉しいです…」

匠は結衣の視線を受けて、頭がまた真っ白になっていた。

 

「(ああバカバカ、もう随分バイトで、何度も顔合わせているじゃないか。なんだってまた緊張してるんだ…)」

結衣と向き合った匠はふと、視線を下げて意思を取り戻すと

「…あの、結衣さん。紅茶でいいんですね?」

思わぬ言葉を口走っていた。

 

「はい。とっても落ち着く香りですし、色もきれいで見てて癒されます」

「たしかに。おれもコーヒーじゃなく、今度は紅茶頼んでみようかな…」

匠は結衣の声に合わせて、つい声を返してしまうのだった。

 

「(そうじゃない、本題に入らなくちゃ…)」

もう一度匠は決心し、結衣の顔を改めて見上げたが

「それじゃあ今度お気に入りの紅茶、いつものお礼に持って行きますね…!」

結衣の言葉に詰まるのだった。

 

「あ、はい、はは。それは楽しみだな~…」

引きつるように言った匠は

「(はあ…だめだ。あの笑顔を見ちゃうと、本質的な質問ができない。そもそも彼が居るかもしれないし、ただの偶然だったかもしれない。嫌われるのは絶対に嫌だし、一体何から話せばいいやら…)」

視線を落とし、うつむいていた。

 

そうして

「(はあ…)」

とため息をつくと、膝の上の「競スポ」が目に入り、とっさに

「(そうだ!)」

とそれを手に取ると、結衣の方へ視線を戻していた。

 

「あの、結衣さん。ついさっき父さんが大事な記事があるとか言っていて、アーサーのことかも知れませんから、ちょっとここで読んでみてもいいです?」

アーサーの話題に近づけた。

 

「そうですか…。もちろん構いません、でも読んだら教えてもらえますか?」

「もちろん!」

匠が結衣にそう言うと、匠はすぐ記事を確かめていた。

 

「(よし、これで流れはできてきたよな。あとは記事を読み終えたらにしよう…)」

一歩前進の気分になり、匠が記事に目を通していると、アーサーの今後を伝える記事に、匠は驚いて目を丸くした。

 

「え…?」

つい声を上げた匠に

「匠さん?」

結衣がそう問いかけると

「…」

匠は無言のまま、記事を読み進めて手元に置いた。

 

「アーサーに何かあったんでしょうか?」

結衣が心配そうに見つめている。

 

「いや、あの…おれよく知らないんですが、アーサーは転厩(てんきゅう)をするそうです。それで主戦騎手も交替だって…」

「転厩?」

「はい。このまま地方所属馬でいるより、トレーニングの質も上げられるし、関東の日比谷厩舎になるから、ダービーでも輸送が少ないって…。これは鮫浜騎手から特に、武内さんにお願いをしたとか…。あ、鮫浜さんのインタビュー、ここに出てるんでちょっと読みますね」

匠の声を真っすぐに聞き取り、結衣が小さく頷いて見せると、それを確かめて匠はすぐさま新聞の記事をそこで読み上げた。

 

「えっと、鮫浜騎手の言葉ですが…。―僕は引退ももうすぐですから、花を咲かせたい気持ちもあります。でもこの前、弥生賞に出たとき、僕のせいで負けたと思いました。アーサーはまだ何か持っています。でも、それは僕じゃ出せない気がする。芝のレースの経験だけでなく、それを補うものが欲しいんです。この馬は僕だけのものじゃないし、みんなに愛される馬になります。この馬にとって最善の道の障害に僕はなりたくなかった。それで九十九(つくも)調教師(せんせい)に悪いけど、お話して、納得してもらって。先生も同じ気持ちでいました。武内さんはまだまだ僕たちと夢を見たいって言ってくれたけど、アーサーのために全てをやるなら、転厩するべきだと思いました―」

そう読みながら匠はふっと、目頭が熱くなるのを感じた。

それは前走の弥生賞の際、ゴール後に肩を落とした鮫浜、パドックで表情を強張らせて歩く村口を見たからであった。

 

「匠さんは、鮫浜騎手のこともずっと応援していましたもんね…」

「はい…。初めての競馬のときに、アーサーと鮫浜騎手に出会って…。一緒に戦っているようで、それが特別な気がしていました」

そんな匠を見つめたまま結衣は

「わたしもです。鮫浜騎手とずっと、まるでひとつのように見ていました。なんだか寂しく感じちゃいますね…」

頷きながら匠に言った。

 

「そう言えば、結衣さんはあのときに、アーサーを見抜いていたようですが、どうしてそんなすぐ見抜けたんです?」

「あのとき…ですか?」

匠はつい転厩の話から結衣の核心を突くことを聞いて、結衣の反応に焦ってとっさに

「あのときってのは…ほら、この前、全日本2歳優駿のときに、結衣さんが言った通りにピタッと4着まで来ていたじゃないですか。あれ、本当に凄いなと思って。どうしたらそんなに分かるんですか?」

匠はつい佐賀競馬場の際、出会った真相に迫っていたが、結衣のいぶかし気な表情を見て、とっさに違う話題に切り替えた。

 

「(そりゃ確かに、この前の川崎のレースのことも聞きたかったけどさ…。これ以上は勇気が出ないよ…)」

匠はふと苦笑いをした。

 

「あれは偶然なんだと思います…。横並びでゴールしていましたし。でもそうですね、バランスがやっぱり…一番大事なんだと思います」

窓の外の景色を眺めながら、結衣はゆっくりとそう答えていた。

 

「バランス…。バランスっていうことは、具体的に言うとどうなんでしょう…」

匠が結衣に質問すると

「体の芯が地面に対しても、真っすぐに見えていることでしょうか…。平衡感があるっていうか…。それとお尻が大きい馬は、特に速く走れると思います」

結衣は口元に指を当てて、思い出すようにそう答えていた。

 

「へえ…結衣さんもズバッとこれという、答えがあるわけではないんですね。あまりに的確に当たってるから、必勝法でもあるかと思って」

「はい。実際に確かめてみないと、これというのはすぐに分かりません。それからレースを走る馬同士、比較してみないといけませんから」

真剣な顔で言う匠に、結衣は頷きながら答えていた。

 

「良かった。結衣さんでさえそうなら、おれが分からないのも無理はないし。でも結衣さんは当たっていますから、やっぱりそれが大事なんでしょうね。同じレースに出ている馬同士「横の比較」をするってことですね。他に大事なことはあります?」

匠が身を乗り出して聞くと

「そうですね…。細部より全体に、ゼッケンを中心に見る感じで、お腹が絞れて、ふっくら厚みがあるのがいい形だと思います…!」

そう言うと結衣も身を乗り出し、目を輝かせて匠に答えた。

 

「あ…」

距離が近づいた二人がばっちり、目を合わせたまま固まっていると、結衣は頬を真っ赤にしてうつむき、目を伏せたままで黙ってしまった。

 

匠も内心胸がドキドキと、早鐘を打つように高鳴ったが

「(このまま一気に聞けちゃいそうだぞ…)」

そう思い切って

「あの…」

と切り出した。

 

するとその瞬間、結衣がぽつりと

「あの…それと、ツヤも大事ですから…」

うつむいたままつぶやいたので、匠はその声に目を丸くして

「ふふっ…!」

と結衣を見て噴き出していた。

 

「…?」

匠の反応に目を丸くして、きょとんと顔を見上げた結衣を見て

「ああ、ごめんなさい…。結衣さんはほんと、競馬が好きなんだなって思って。もちろん、ツヤも大事にします…」

微笑みながら匠が言った。

 

結衣はそんな匠の言葉に頬を赤らめてうつむいていたが、匠は

「(今日はこれまでにしよう…)」

ガラスに映る結衣を見て思った。

 

次回予告

 

競馬談義に花を咲かせながら、心の距離を縮めていく二人。

結衣を送る帰り道の途中で、再び固まる匠なのでした…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第46話 何も言えずに

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第44話 寄り道

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。