競馬小説「アーサーの奇跡」第44話 寄り道

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

匠への気持ちを胸にいだいて、新商品を作り上げた奏。

そんな真意に気づかずに匠は、いつも通り会話をするのでした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第43話 後継ぎ

競馬小説「アーサーの奇跡」第44話

第44話 寄り道

 

「お疲れ様、今日も助けられたよ」

写真館の一日が過ぎていき、善男が結衣にそう声をかけると、二人の後ろから準備を終えた匠が玄関に駆けつけていた。

 

「おい匠。今日はこれをやるから、結衣ちゃんと欅(けやき)にでも行ってこい」

靴を履こうとする匠に向かい、善男が耳打ちするように言うと、四つ折りの五千円札をさっと、匠のポケットへ差し入れていた。

 

「え、いいの…?」

善男を見た匠に

「このところ結衣ちゃんには随分と、世話になっているところだったしな。それにお前、「娘さんですか」ってお客さんにも聞かれているんだぞ?お前知らないだろうけど結構、商店街でも噂になってな。あんな子がウチに来てくれただけで、そりゃ幸運だったとは思うけど…。ずっと居てくれたらいいだろう?」

善男の直球の質問を受け、一瞬固まった匠だったが、コクコクと善男を見て頷くと、チラと結衣の方に視線を馳せた。

 

「?」

結衣は二人の視線に気がついて、少し首を傾げて見せていたが、匠が

「あ、いや…もう出られますから。すみません、こんなところで待たせて…」

そう言うと小さく頷いた。

 

「そうだ匠、それからこれをやろう」

善男が今度は「競スポ」を出すと

「競馬欄にアーサーの記事がある。今回の記事は大切な記事だ。欅で結衣ちゃんとお茶をするなら、多分ちょうどいい話題になるだろ」

そう言って匠の手に握らせた。

 

「う…うん。じゃあ、ちょっと行ってくるから」

匠が善男に返事を返すと

「今日もありがとうございました」

と、善男に結衣が深く一礼した。

 

「こちらこそ」

善男がそう返すと

「じゃあ行きましょうか」

と匠が告げて、匠と結衣は二人で外へ出て、欅の方へと歩き出していた。

 

「…匠さん?駅は逆じゃないですか?」

きょとんとした結衣が問いかけている。

 

「ええ…。実はついさっき父さんから、お茶でもして来いって言われまして。遠回りにはなっちゃうんですけど、喫茶店経由で帰りませんか?結衣さんにはお礼もしたいですし」

突然、駅とは逆の方向へ歩き出した匠に驚いたが、結衣はすぐにその意味をのみ込むと

「はい」

と嬉しそうに匠に告げた。

 

「でも、いいんですか?バイト代も出て、そのうえお茶までご馳走になって。なんだか私が来るとマイナスに…」

結衣は嬉しそうではあったが、胸に手を当てて匠に告げると

「いいんです。だって結衣さん来てから、本当にお客さん増えましたし…。それに予定あるんじゃなければ、その、おれもお茶したいところですし…」

終業後の疲れで匠も、緊張せずにそれに答えていた。

 

「…わたし、いつも真っすぐ帰るだけで、予定とか入れたりはしてないです。あ、そうだ。でもちょっとお母さんに、メールだけは送ってもいいですか?」

結衣が思い立ってそう言うと

「もちろん。むしろすみません、なんだか。突然のことだったものですから…」

匠もすぐにそれに頷き、すまなそうに結衣に頭を下げた。

 

結衣はそんな匠に微笑みかけ、それからすぐにスマホを取り出すと、匠の歩く速さに合わせつつ、母親に向けてメールを送った。

 

「…送りました。これで大丈夫です」

送ってすぐ結衣が匠を見ると、匠はその視線を感じながら

「(父さん、サンキュー)」

と心で言った。

 

「…わあ、あのお家の屋根、素敵ですね…。あの先の木の影もきれいで…」

結衣は欅までの道のりも、慈しむように見て歩いていた。

 

匠はそんな結衣の声を聞いて、地元が愛おしく感じられたが

「(そういえば確か、公園でパンを食べた時も似たように感じたな…)」

匠はそのことを思い出し、ふと結衣の横顔を見るのだった。

 

やがて二人はレンガでできている門の前まで連れ立って歩くと

「ここです」

と匠が門扉(もんぴ)を開き、結衣がその中へと続いて行った。

 

「こんな素敵なお店があるなんて…」

店の隣にある竹藪がサラサラと春風に揺られている。

 

嬉しそうに目が合った結衣を見て

「良かったです」

と匠が微笑んだ。

 

店内の電球の光が漏れ、淡い光が二人を包み込む。

 

「それじゃ、いきましょう…」

店内へ続く木戸をゆっくりと匠が開けると、煌々と光る照明のなかに、二つの影が溶けていくのだった。

 

次回予告

 

いつもとは違う雰囲気のなかで、改めて結衣を意識する匠。

とっさに目を移した新聞から、アーサーの動向を知るのでした…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第45話 転厩

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第43話 後継ぎ

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。