競馬小説「アーサーの奇跡」第43話 後継ぎ

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

アーサーの初の敗戦を受けて、そのショックを引きずっていた匠。

帰りの電車のなかで様々な浮き沈みを経験するのでした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第42話 敗者

競馬小説「アーサーの奇跡」第43話

第43話 後継ぎ

 

「あら匠ちゃん。ちょうどいいところに」

休憩時間にパンを買いに来た匠にすぐに気がついた奏は、ミトンを片手に手際よくパンを商品棚へと陳列していた。

 

「お、もしかしてそのパン焼きたてか?」

香りのする方を匠が見ると

「うん。わたしが考えたメニューでね、たこ焼き風のパンにしてみたけど…。匠ちゃんこれ、買ってくれない?」

奏が匠に問い返した。

 

「たこ焼きパン?なんかうまそうじゃんか。いいけどいったいいくらするんだ?」

「200円!たこもちゃんと入ってる!まさかほんとに買ってくれるなんて…やっぱりソースにして良かった!」

「やっぱり焼きそばパンにするか…。体が焼きそば求めてるし…」

「…」

いつもの調子で匠が構わず焼きそばパンに目を逸らして言うと、奏はじいっと匠を見つめて、目を瞑るくらいに細めて言った。

 

「…匠ちゃん、今買うって言ったでしょ。ひどいじゃん、たこが中で泣いてるよ?なんなら焼きそばパンでもいいけど、今は時価で一個一万円ね」

奏が憮然として答えた。

 

「…え?焼きそばパンがそんな値段に?一体どんなパン屋なんだここは…。はいはい、たこ焼きパンを買うよ。あとあんぱんは、買っていいだろ?」

奏を見て匠はしぶしぶ、たこ焼きパンを取ってそう言ったが、手を伸ばす匠を見つめ奏は、目をきらきらさせてじっとしていた。

 

「…おいお前、何固まっているんだ?それであんぱんは買ってもいいのか?」

匠が奏に問いかけると

「ああうん、ごめん。もちろん好きにして…。あんぱんは定価にしてあげる…」

「まったく、何を言っているんだ…。パンは定価に決まってるだろ…」

ぶつぶつ言いながらパンを取り、レジへと足を向ける匠だった。

 

途中、アップルパイをトレーに入れ、それをすっと置いた匠だったが

「…うん、今日は結衣さんが来てるわけね。じゃあ、ビスケット2枚入れておくね…」

奏がポツリつぶやいていた。

 

「ああ、今日もバイトに入ってくれて。助けられてばっかりだからさ、お礼にこれくらいはしておかなきゃ…。それにこの前のアップルパイ、生地が特に美味しいと言ってたし、おじさんはやっぱ達人だよ」

匠が屈託なく笑った。

 

「…いつかきっとわたしも匠ちゃんに、美味しいパンを食べさせてあげるね…」

奏はいつになくしおらしく、うつむいたままでそう答えていた。

 

「…うん?ああお前、やっぱりこのまんま、この店でずっとやっていくんだな…?」

奏は高校卒業後も、変わらずに手伝いをやっていたが、匠より早く家業に従事し、専念すると心に決めていた。

 

「匠ちゃんは、学校頑張ってね。おじちゃんの後、やっぱり継ぐんでしょ?しっかり勉強しとかなくっちゃね」

匠と奏は一人っ子のため、互いに似た境遇でもあったが、稀に実家の商売のことなど、それとなく話す瞬間があった。

 

同じ商店街を生きるなかで後継ぎはどこも課題であったが、匠が一番身近だったのは幼馴染のこの奏であった。

 

「…お前、偉いよな」

突然ポツリと、匠が奏に向かってつぶやく。

「え…?」

奏が顔を見上げると

「いや、なんでもない…」

匠が言った。

 

「それはそうと、匠ちゃん。食べたらさ、感想聞くから忘れないでよね。はっきり言ってくれるの貴重だし、遠慮なく言ってくれていいからさ…」

真剣な目で奏が言った。

 

「おれの意見なんて役に立つかな。殆んど同じものばかり買うのに…。そんなに味覚、自信ないけど」

何気なく言い返す匠に

「また買いたいと思ってもらえるか、その部分が勝負になるんだから…。それにもし気に入ってくれたら、匠ちゃん、もっと来てくれるでしょう…?」

匠を見て奏が尋ねた。

 

「はいはい、その時はまた買いますよ…お前の財布じゃないんだけど…」

呆れたように言った匠に

「そんなつもりで、言ってないもん!」

むっとした奏がそう言った。

 

「…へ?いやその…おれが悪かったよ…。パンに懸けるお前の気持ちは、おれの写真よりお前が凄いよ…。感想はまたの時に言うよ。あと焼きそばパン、定価にしろ?」

会計が済んで外へ出ると、南風がふわりと舞い上がって

「ありがとうございましたー!」

と言った、奏の声もどこか弾んでいる。

 

少しずつではあったが段々と春らしくなってきたのを感じて、匠は目の前の公園の木が、芽吹いているのに目を細めていた。

 

次回予告

 

善男から結衣の労いも兼ねて、喫茶店代を受け取った匠。

進行方向が真逆なことに、驚いた顔をする結衣でしたが…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第44話 寄り道

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第42話 敗者

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。