競馬小説「アーサーの奇跡」第42話 敗者

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

ビッグツリーの最後の末脚に、崩れ去った優勝への確信。

アーサーの敗戦を受け匠は、その場で一人立ち尽くすのでした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第41話 大樹

競馬小説「アーサーの奇跡」第42話

第42話 敗者

 

「(ああ違う、どうもしっくりこないな…)」

匠はメールを打ち直していた。

 

帰宅中の武蔵野線の車内。

今日一日の結果の報告を結衣にするためにメールを打ったが、どうにも言葉がはっきり浮かばず、匠はそのことに戸惑っていた。

 

「(アーサーが負けるなんてこれまでは、想像の中でしかなかったけど…。こうしていざ本当になっちゃうと、どう伝えていいか分からないよな…)」

匠はアーサーの敗戦に現実感が乏しくなってきて、西日の射す武蔵野線の中で、夢とうつつとが混在していた。

 

「(考えてみれば今までこうして、負けた状況を知らなかったけど、大切な馬が負ける経験を沢山の人がしてるんだろうな…)」

匠はアーサーが勝ってきたレースで負かした馬たちのことや、それを応援するファンの気持ちが、身に染みて分かるとも感じていた。

 

「(カーテンアップも、サマードレスにも、ノースペガサスもファンがいたはずだ。騎手や厩務員さんや、調教師、馬主に生産者や予想家まで、父さんがいつか言っていた通り、みんながやきもきしてたんだろうな。武内さんはどうしてるだろうか。鮫浜さんはがっかりしていたな…)」

匠にとって初の敗戦、その処理がまるで追いつかなかった。

 

「(なんだかこうしてみると今までが、特別だっただけの気もしちゃうな…)」

溜め息をつき、ぼんやりとした匠がふと窓を見上げてみると、電車は停まって開(ひら)いたドアから、駅名の表札がのぞいていた。

 

「(あれもう、南浦和まで来ちゃった。もう半分通り過ぎていたのか…。これじゃ府中本町着いちゃう…)」

夢とうつつの間に置かれ、時間を過ごしていた匠の目に、現実の景色がぼんやり映り、ふとその中に気づくものがあった。

 

「(あれ、あの人…?)」

匠がその目をじっと細めると、電車を降りた人たちに混じって、見覚えのある背中を発見し、その背中が匠に振り返った。

 

「(…!)」

それは中山に到着してすぐ出会ったあの中年男であり、どこか匠に勝ち誇ったような、含みのある笑みを投げかけていた。

―それはまるでアーサーの敗戦をあざ笑うような表情を見せて。

 

「(…っ!)」

その顔を見つめ匠は瞬間、はらわたが煮えるような気がしたが、中年男はすぐ背を向けると、駅の奥へと姿を消していた。

 

「(なんなんだよ、なんだってあのオヤジ…こんなところにも現れるんだよ!なんなんだよ、負けたのが悪いかよ!ちくしょう、何だって笑ってるんだ…!)」

ぼんやりしていた匠の目に、はっきりした光が戻っていた。

そして匠は勢いそのままに、今度はメールの画面を開いた。

 

「―結衣さん、今日はアシスタントの件、本当にありがとうございました。アーサーを撮ることはできましたが、勝つところは今日はお預けでした。でも凄く頑張ってくれましたし、アーサーはやっぱり強い馬です。今度はぜひ、一緒に勝つところを応援できればと思っています」

匠は渾身の想いを込めて、結衣へのメールを送信していた。

そして送ったあとではっとすると、自身の言葉に動揺していた。

 

「(あれ、やばい…。これじゃデートするための、約束の口実みたいじゃんかよ…。どうしよう、返信なかったら…)」

中年男に頭に来て、匠もつい弾みがついていたが、送った後に取り消しができずに、匠の背筋は凍り付いていた。

 

「(あああああ…。アーサーも負けたのに、こんな勝負運ない時におれは…)」

中年男のせいにしても、送った事実は取り消せなかった。

先程まであっという間に過ぎた電車の移動が遅く感じられ、今度は逆にスマホの着信をじっと待つ長い時間に変わった。

 

「(ああもう、何をやってるんだ、おれは…。本当、やけっぱちだったから…)」

競馬で負ける人の気持ちが、どういうものか痛く身に染みると、匠は自身の行いを恥じて中年男にも悪く思った。

 

「(…まあ、こんなやけっぱちになったのも、結局おれの弱さのせいじゃんか…。あの人はそりゃ好きじゃないけど、メールのことは関係ないんだし…。そういえばあの人は今回、馬券をおれの手に戻したよなあ…。こうなるのが分かってたんだな…。やっぱりちょっと凄い人かも…)」

まるで予期したような結果に、匠は思いを巡らすのだった。

 

「(それに結衣さんも、やっぱりあんなに素敵な人に彼氏いないなんて、考えてみれば有り得ないよなあ…。おれはいったい何、期待してんだ…)」

段々と気持ちが落ち着いて、匠がふと窓の外を見やると、既に日が暮れて暗くなっており、府中本町の近くに来ていた。

 

「…」

そうして外の暗がりを見ながら、無心になっているところに「ブル」と、スマホが振動するのが分かって、匠は慌ててメールを開いた。

 

「―匠さん、今日は残念でしたね。わたしもスマホで結果を見ました。でも残念だなと思っていたら、匠さんがお誘いを下さって…。はい、ぜひ行けたら嬉しいです…!」

結衣のメールは「よろしくお願いします」というスタンプも押されていて、どことなく結衣に似た金魚の絵が、照れたような顔でお辞儀していた。

 

それから匠は家路を辿ると、迎えた善男が心配しながら

「…おかえり。お前その、大丈夫か…?」

匠の顔を窺っていた。

 

匠はそんな善男の顔を見て

「…うん」

とそうひと言返事をしたが、疲れたような、嬉しそうな顔に、善男はじっと目を凝らすのだった。

 

次回予告

 

アーサーの敗戦の衝撃から、平静を取り戻していく匠。

休憩時間にパンを買うために、奏の待つブランへ出掛けますが…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第43話 後継ぎ

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第41話 大樹

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。