競馬小説「アーサーの奇跡」第34話 成人式

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

甘酒を勢い口に運んで、唇をやけどしてしまう奏。

突然のことに動揺しながら、境内をあとにした結衣でしたが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第33話 ちゃんと見て?

競馬小説「アーサーの奇跡」第34話

第34話 成人式

 

「12時ご予約の佐藤様です」

結衣が扉を開けてそう告げると、匠は真っすぐ背筋を伸ばした。

 

「本日はおめでとうございます」

善男が予約客に挨拶する。

成人式は七五三と違いスタジオの空気も張り詰めていて、暖房が効いたなかでも部屋には、冷えた空気が押し寄せてきていた。

 

「(結衣さんもいるし、今日はしっかりとやれているところを見せなくっちゃな)」

匠は七五三のときに比べ、結衣がいることにも落ち着いていて、家族連れで賑わう中にあって坦々とアシスタントをこなした。

 

「もうちょい右、そうだ影を飛ばして」

善男の指示でレフ板を差し出し、影の消えた位置で固定をすると、善男はアイコンタクトで匠に「その位置で良い」と合図を送った。

 

「失礼します」

その作業の最中(さなか)、結衣はゆっくりと扉を閉めると、小さくきしむ階段を静かに音をたてないように降りていった。

 

「(それにしても、何か今日の結衣さん、この前より元気がなく見えるな)」

匠は出で立ちこそ同じであれ、結衣に多少の違和感を覚えた。

それは朝、店に現れたときも既に感じていたことであったが、外の寒さのせいかもしれないと、特段気にしないようにしていた。

 

「(しかしまあ、雪でも降りそうだしな…今日は本当、底冷えもしてるし)」

天気予報では夕方以降に雨か雪になると伝えていたが、とりあえず天気はもって善男も

「良かった」

と胸を撫でおろしていた。

 

「はい、撮りまーす!そう、線の上です。あ、今ちょっとはみ出していますよ!いえ、足じゃなくて優しいムードが」

善男が慣れた口調で真剣な顔の被写体を柔和にしていく。

 

「(さすが父さんはしゃべり慣れてるな。競馬の話はしゃべりすぎだけど…)」

何かにつけて競馬談義をする善男に匠は倦(う)むこともあるが、こうして仕事をしている善男の姿を見ることは誇らしかった。

 

―カシャッ。

 

アナログの写真機が音を立ててシャッターを切るのが聞こえてくると、事前に用意したホルダーを手に、タイミングを見て匠が渡した。

それを受け取って今度は善男が撮影分を匠に手渡すと、そのやりとりが何回か続いて、撮影は順調に終了した。

 

「―ところで今日の休憩なんだがな」

「う、うん」

匠がそわそわしている。

 

「この前と同じように結衣ちゃんと二人で入ってもらいたいんだが…」

匠がその言葉を「待っていた」というような目で善男を見つめると

「いやむしろ、それを望んでたよなあ…」

善男が苦笑いしてつぶやいた。

 

匠は照れたように頭を掻き

「ごめん…」

と善男に頭を下げると

「何も悪いことなんてないだろう。結衣ちゃんは本当に良い子だしな。親バカだがな、お前の素直さは、正直父親冥利に尽きるよ…」

善男が見つめながら答えた。

 

匠はそれからスタジオを出ると、休憩を告げに早速階下の、受付で外を見て座っている結衣の元へと静かに駆けつけた。

 

「あの結衣さん。その…お疲れ様です。今日はこれから休憩なんですが、父さんがまた二人で入れって」

匠がはにかみながら言うと

「分かりました。ありがとうございます…」

結衣も微笑んでそう返事をした。

 

ただその微笑みはどこかいつもと違って遠くを見つめる感じで

「あの結衣さん…疲れちゃってませんか?すみません、寒いなか来てもらって」

匠が心配そうに告げた。

 

「ごめんなさい、大丈夫ですわたし…。それじゃ休憩、いただいちゃいますね」

結衣はどこかよそよそしかった。

 

「(う~んこれが「女性の日」なのかなあ?おれにできることはなさそうだけど…)」

匠は黙って見つめていた。

 

「あ、それと今日の休憩はわたし…お昼ごはんを用意してきました。奥のお部屋を借りて食べられると、この前お話しをいただいたので…」

結衣がうつむきながら話した。

 

「もちろんです、ぜひ使ってください。おれは何も用意していないので、パンでも買って来ようと思います。できるだけすぐに帰ってきますが…」

匠が結衣に返事をすると

「ゆっくりしていきたいですよね…。ごめんなさい、わたし…」

神妙な面持ちでそうつぶやく結衣の表情に気づかず匠は

「こっちです」

と結衣に笑いかけると、奥の居間へと案内をしていた。

 

「なんだか結衣さんにここを見せるの、恥ずかしいような照れくさいような…でも古い割には良いでしょう?おじいちゃんが中もこだわったから」

匠が案内した居間には、温もりのある光が漏れていた。

 

真鍮(しんちゅう)製の間接照明に、大正ガラスをはめ込んだ出窓。

レンガ調の柱に固定された飴色の外装の振り子時計―

それらは匠の祖父がずっと、大切にしていたものたちだった。

 

「素敵…」

結衣が目を細める。

 

「良かったです」

匠は微笑むと、結衣を座らせてブランへ向かった。

 

出窓からは光があふれ出して木製のテーブルに止まっている。

結衣はその上に昼食を出すと、一人静かに溜め息を漏らして、飴色の振り子時計に映った物憂げな表情を見つめていた―

 

次回予告

 

結衣を一人居間に残したままで、ブランへとパンを買いに行く匠。

奏は匠が一人なのを見て、結衣あてに言伝(ことづて)を頼みますが…

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第35話 大丈夫

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第33話 ちゃんと見て?

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。