競馬小説「アーサーの奇跡」第33話 ちゃんと見て?

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

匠と結衣が恋人になったと勘違いしていた善男の元に

勢いよく登場した奏に胸を撫でおろした匠でしたが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第32話 おみくじ

競馬小説「アーサーの奇跡」第33話

第33話 ちゃんと見て?

 

「…それにしても」

「なに?」

気まずいムードを打ち破るように突然現れた奏だったが、匠は目が合うと一息ついて、奏の出で立ちをじっと見つめた。

 

「おまえなあ、なんでこんな寒い日に、ミニスカートなんかはいてるんだよ…」

「なんでって…今年が最後だから、ことあるごとに着とこうと思って。この制服、お気に入りなんだから」

匠が呆れた声でつぶやくと、奏が間髪を入れず答えた。

 

「それは良いけどさ、正月早々風邪をひくことになっても知らんぞ」

まるで妹に言うような体(てい)で、匠がすぐ奏に釘を刺した。

 

「そんなこと言って、しっかり私のこと見てるんだから匠ちゃんてば…」

善男の腕を取っている奏が、上目遣いで匠のことを見た。

 

「何が「私のこと見てるんだ」だよ…それにいつまでくっついているんだ…」

変わらず善男の腕を取って、様子をうかがう奏に匠は、眉をひそめて脱力したように、再び息を吐いてそう答えた。

 

「まあまあ、いいじゃないかそんなことは。奏ちゃんも今年は卒業だし、好きな恰好をしているだけだろ?それになあ、眼福なことじゃないか。見てみろ、こんなにきれいな太もも!う~ん芸術品!」

「や~ん、おじちゃんのエッチ!」

善男が不愛想な匠を見て奏のことをかばうように言うと、奏は嬉しそうに善男を見て、更に抱き寄せるように締め付けた。

 

「はっはっは、ユアウェルカム」

そんな奏に懐かれて目尻を嬉しそうに下げる善男を見つめ

「あ~もう、なんなんだいこの人たち…」

ますます呆れる匠だった。

 

そんな匠の後ろでは微笑む結衣が三人のことを見ていたが、それに気がついた奏は右手に握ったコップを結衣に差し出した。

 

「そうだ、結衣さん。甘酒は飲めます?さっきそこでもらってきたんですが…まだちょっと熱いままなんですけど…」

「何持ってるんだろうと思ったら…そうか、そんなもの配っていたのか…。結衣さん、甘酒は要りますか?」

匠も結衣にそう振り向きながら、答えを知ろうとうかがっていたが

「ありがとうございます、奏さん…わたしはさっきいただいているので…」

結衣は既に飲んでいたようで、遠慮がちにそう答えを返した。

 

「あらら、すみません。じゃあ飲んじゃおっと!」

その声を聞いて奏は勢い、甘酒を唇に運んでいた。

 

「おい、そんなに勢いよく熱いの…」

匠が手を伸ばした瞬間

「熱っ!」

と目をつぶった奏を見て

「大丈夫?」

善男が声をかけた。

 

匠の後ろで結衣も驚いて、心配そうな表情をしている。

奏はその姿が目に入ると、今度は目を閉じて匠に言った。

 

「…匠ちゃん、唇やけどしちゃった。ちゃんと見て?赤くなったりしてない?」

奏は匠に顔を近づけて、触れるくらい唇を差し出した。

 

結衣はそんな匠のすぐ後ろで、慌てたように口元を押さえた。

 

「(結衣さん、見てる…)」

奏が匠の肩越しに見える結衣を薄目で確認してみると、その瞬間、結衣の頬を伝って、一筋の涙がこぼれていった。

 

「(え…?)」

奏は我に返り目を開いて、目の前に迫った匠を見たが

「なんともなってないぞ、しょーがねーな…」

匠はいつも通りのままだった。

 

「良かった良かった」

善男が微笑み、頷きながら奏をのぞき込む。

匠の肩越しに、結衣が右手で頬を拭ったのが奏に見えた。

 

「(結衣さん、本気…)」

奏は察して

「お騒がせしました」

と結衣に言うと

「いえ…あの、大丈夫でしたか?」

結衣がうつむきながらそう答えた。

 

「はい、もう全然熱っつくないです」

奏が結衣にそうひとこと言うと

「あー!居た居た、奏―!もう本当、突然どこ行ったかと思ったよー!」

似たような制服の二人組が、奏の周りを取り囲んでいた。

 

「ごめんごめん、つい知り合い見つけて」

奏は友達にそう答えると、匠と善男と結衣の三人に

「それじゃまた」

はにかんで手を振った。

 

二人組が奏の脇を固め、がっちりと腕を引っ張っていくと、何やら慌ただしく人混みへと、いつの間にか姿を消していった。

 

「まったく、相変わらずあいつはなあ…」

匠が呆れたようにつぶやくと

「かわいい娘だ」

善男がうんうん、頷くように一人唱えていた。

匠は改めて結衣に振り向き

「ところで結衣さん、先に甘酒を飲んでいたなんて知りませんでした。お好きなんですか?」

と嬉しそうに、改めて質問を続けていた。

 

「…はい…」

結衣は浮かない表情で、震えたような声でそう答えた。

 

「結衣ちゃん?」

異変を察した善男が、すぐさま結衣の顔をうかがったが

「ごめんなさい、わたし…あのもうすぐ日も暮れてしまいますしこの辺で…」

目を潤ませて二人に言った。

 

「そ、そっか。そうだね。もう日暮れだ。次に会うのはスタジオになるかな…そうだ匠、送って行ってあげな」

善男が匠にそう言いかけると

「大丈夫です。一人で帰れます。匠さんもお父様も次また、お会いするの楽しみにしています。それじゃ、また…」

「う、うん。また次、待っているからね」

「あの結衣さん、次のときもよろしく…」

結衣は一礼すると振り向かずに、ざわめく人の中に消えていった。

 

その背中は凛としていながらも、どこか寂しそうな雰囲気だった。

 

「う~ん、これはちょっとまずかったかな…」

善男が一人つぶやいている。

 

「何が?」

匠がそう問いかけると

「いや、な…」

と善男が息を吐いた。

 

「(せっかく会えたと思ったのになあ…)」

匠が寂しさを胸にしまうと、府中の駅へ続く並木道も、段々と夕暮れに染まっていた。

 

次回予告

 

成人の日を迎えて撮影のアシスタントに集中する匠。

いつもより元気のない結衣を見て、匠は違和感を覚えましたが…

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第34話 成人式

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第32話 おみくじ

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。