中山金杯2022結果&馬体診断・優勝はレッドガラン

ハンデ減。

中山金杯は前走からのハンデ減を利した形になった、レッドガランスカーフェイスによるワンツーで馬連でも万馬券。

意外なほどスローな流れのなか差し脚を伸ばした各馬でしたが、中団インで待機した勝ち馬レッドガランは見事な脚でした。

2着以下はコンマ1秒差での大接戦になったレースですが、そんな中山金杯2022の結果を回顧致しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

中山金杯2022着順

優勝馬レッドガラン

2着馬スカーフェイス

3着馬ヒートオンビート

中山金杯2022予想結果

本命◎ウインイクシード

対抗〇トーセンスーリヤ

買い目=単勝&複勝◎〇各100円、馬連&ワイド◎〇各100円、計600円

予想結果=不的中

中山金杯2022予想・本命はウインイクシード

パドックロード配信結果

▲1着→〇3着→☆5着→◎6着でした。

パドックロード(2022)1月度会員募集&前月度実績

馬券内に2頭選出ですね。ウインイクシードは残念でした

のりしお

はしくれ

仕上がりは凄く良かったんだけど
2着以下はコンマ1秒差での2~8着の接戦でした

のりしお

はしくれ

いかにもハンデ重賞な結果で…これを読み切れた人は凄いよね
それでは診断をお願いします

のりしお

はしくれ

うん。しっかりと復習しなくちゃね

▲1着→〇3着→☆5着→◎6着

年明けの中山金杯からは馬券圏内の2頭を選出

中山金杯2022結果・馬体診断

優勝馬レッドガラン

まず優勝馬レッドガランです。

同馬はマイルのイメージが強く、ブログ予想では外したのですが、今日の仕上がりを見ると実際に中距離は行けると考えました。安田調教師が中京よりもこちらを選んだことが納得で、斎藤騎手を据え置きにしたのも完璧な采配の結果でした。

緩さも抜けてツル頸でピカピカ、背が高く見えることさえ除けば、殆んど完璧な仕上がりにあり、すぐ選び出すことに決まりました。前走時より上昇を果たして且つハンデも1kg減でしたし、インの馬場の良い場所を取れたのも、強い勝ち方に貢献しました。

2着馬スカーフェイス

2着馬はスカーフェイスです。

同馬はおそらく2回見てみても選出はできない仕上げでしたが、まだ緩さを感じさせる馬体でトモももう一つ弱く見えました。実際ハンデが軽くなかったら着順も下げているはずですから、前走から2kg減というのも好走に繋がったと思います。

ただそれを引いても大外からのロスのある競馬にもなりましたし、馬体も緩めで強敵相手に2着は地力がついた証拠です。思う以上に成長を果たしてそれが見極められないほどなので、今年はここから上昇を果たす可能性も有ることと思います。

3着馬ヒートオンビート

3着馬はヒートオンビートです。

同馬は前走チャレンジカップでソーヴァリアントの2着としたので、今回は人気に推されましたが、出来としては8分の仕上げでした。それでも馬体は目立つバランスでスッキリとした腹部が好感で、前走くらい張りが出ていたなら本命も有り得る仕上がりでした。

いつでも優美な馬体をしていていかにも切れで押すタイプですから、瞬発力勝負になったことは、良い方に出ていたなと思います。皮膚も薄く、筋肉も柔らかく、質の高い馬体と言えますから、この状態さえ維持していければいつでも好勝負が可能でしょう。

スカーフェイスに驚いていました

のりしお

はしくれ

バランスもまだ良化途上だしね

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

中山金杯2022結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は速い逃げ馬ではないシャムロックヒルが逃げて行ったので、ペースとしてはスローペースになり、最後は切れ味が重要でした。展開的にはこれほどスローになるとは読めずに予想をしたので、これが災いしタイプの異なるウインイクシードには不向きでした。

やはりハンデ戦であることによりゴール前も大激戦でしたし、これが僅かでも違えば結果はかなり変わっていたなと思います。やはり恐るべきはハンデ重賞、芝もフラットな状態でもあり、金杯は屈指に難解であるレースだなと再認識しました。

展開とハンデ差が敗因だと

のりしお

はしくれ

パドックでは2頭来ているからね

騎手のコメント

1着斎藤新騎手・・・「ここ最近で一番状態が良いと感じていました。賢い馬で折り合いの不安もなく、良い脚を使ってくれました」

嬉しい重賞2勝目でしたね

のりしお

はしくれ

本当に。おめでとうございます!

中山金杯2022結果データ

勝ちタイム=2分0秒1(良)

前半1000m通過=62秒0

ペース=スローペース(3秒9差:前後半1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒2

レース上がり3ハロン=35秒9

4角通過順=6→9→9番手

クッション値(AM7時)=9,5(標準)

おわりに

今回はかなり前半が遅くこのメンバーでは驚きましたが、読んで読み切れるものではないので、致し方ないと考えています。いつもながらパドックとデータでは全く違った結果になるので、どちらも割り切った予想で臨み、結果を出していきたいところです。

またこうした結果になるからこそハンデ戦の存在意義があって、これぞ「推理する楽しみ」かなあと主催者の意図を感じてもいます。何かこういうレースは大胆な戦法を取らねばと思いますし、変化球も身に着けて一段の上昇を果たしたいと思います。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。本年も誠心誠意予想し、配信に邁進して参ります。

はしくれ

本日もありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です