競馬小説「アーサーの奇跡」第27話 激闘のあと

前回までのあらすじ

 

横並びでゴールした決着に、呆然と立ち尽くしていた匠。

一方結衣は夕飯を求めて一旦その場を離れるのでした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第26話 無言の会話

競馬小説「アーサーの奇跡」第27話

第27話 激闘のあと

 

写真判定は結衣の想定の通りに長い時間をかけていた。

 

「(アーサーとビクトリーロードなんか、挟まれてて殆んど見えないしな…)」

ビジョンを見た匠の背中に

「匠さん、今これ買ってきました」

結衣が控えめに声をかけた。

 

「ああ、すみません。結衣さんにわざわざ夕飯を買ってきてもらうなんて」

「いいんです。この前ここに来たとき、ちょっと気になっていたものがあって…」

「結衣さんが気になっていたもの?」

「はい、美味しそうだなと思って…」

結衣が手に下げた袋を見て、匠がその中を気にしていると

「なんだろう?袋取って良いですか?」

早速結衣にそう問い掛けた。

 

「あ…待って。目を閉じてくれますか?匂いで何か当ててみてください」

そう言うと結衣は匠の視線をもう片方の手で遮っておき、手に持った袋を匠の鼻へ少しずつ近づけていくのだった。

 

「…」

結衣のしなやかな手がそばにくると匠は心が揺れるのを感じ、それを振り切るように目を閉じると、匠は袋へ鼻を近づけた。

 

「ふんふんふん…」

匠が真剣に匂いを嗅いで当てようとする姿を見て結衣が

「くすっ」

と小さく笑っているのが目を閉じた匠の耳に入った。

 

「え~っと…これは…焼きそばですね?」

「当たりです!」

すかさず結衣が答えた。

 

匠は早速その目を開けると袋の中の透明な容器に、ぎっしり詰まったソース焼きそばが白い湯気を立てているのが見えた。

 

「…もしかして結衣さん、おれの好物、わざわざ覚えててくれたんですか?」

「はい。前にパン屋さん行ったとき、奏さんから教わりましたから…」

結衣が匠を見て微笑んだ。

 

「そう言えば、おれがパン買うときにはいつも女の人と行くとかって…結衣さんはいつもからかうから…」

「ん。いつもなんかじゃありません。せっかく焼きそばを買ってきたのに…」

匠の言葉に結衣がむっと視線を止めていることが分かると

「あ、いや。その、冗談です、冗談…やきそばで凄く嬉しいです。お金もちゃんといま払いますから…」

匠がカバンに手を伸ばした。

 

「なんかわたし、脅してるみたいです…」

結衣が視線を落として言うと

「へ?いや、その」

慌てた匠に

「…ふふ、匠さん。いつもごめんなさい。つい匠さんにはこんなことでも、言えるような気がしてしまっていて…」

結衣が打ち明けるように言った。

 

「え?いやその、なんていうか、はは、その…。結衣さんにはどうも勝てなくて…」

そんな匠を真っすぐに見て結衣が微笑んでいるのが分かると、匠はまたすぐ恥ずかしくなって視線が彷徨ってしまうのだった。

 

「(ああもう、さっきは見つめ合ってても、どういうわけか平気だったのにな…)」

ゴール後に見つめ合っていたときは心地良いくらいに感じていたが、意識が戻ると不自然なくらい目が泳ぐ匠は戸惑っていた。

 

そんな瞬間に

「おおおおぉ~!」

とスタンドに歓声が沸き上がると、今度はそのざわめきが伝わって、地響きのように鳴り響いていた。

 

「…」

 

見ると着順の表示のところに数字がゆっくり点滅している。

その数字の先頭に立ったのはアーサーの「7番」の数字だった。

 

「匠さん!」

結衣が匠を見つめる。

 

「やった…やったんですね!」

満面の笑みで応える匠に

「はい!やっぱりアーサーが勝ちました、良かったです、本当に良かった…」

その声を聞いた結衣の瞳には、潤んだようなあとが感じられた。

 

「結衣さんの応援が効きましたね…」

その言葉に結衣が頷くと

「はい…」

と言って掲示板に灯る数字を黙って二人で見つめた。

 

7…13…5…11…

 

少なくともアーサーが勝ったのを、並び順から匠は知っていた。

「(もしアーサーが2着以下だったら、13番の方が先に並ぶ。あとはハナ差かそれとも同着か…)」

どよめくスタンドを鎮めるように着差が次々と点灯された。

 

ハナ…ハナ…ハナ…

 

よくぞ判別できたというくらいギリギリの決着になっていたが、正確無比な判定を通してアーサーの優勝が確定した。

 

「よっしゃあ~!鮫浜、にっぽんいち~!」

「沖~!ちくしょう、2着だったのかよー!」

「まさかあ…粘ってると思ったのに…」

「仕方ない、玉城よくやってくれた…」

 

場内は様々な声に溢れしばらくどよめきが続いていたが、ほどなくして静まるとどこからか

「パチパチパチ…」

と拍手が漏れ出した。

 

最初は誰かが不意にしたような何気ない小さな拍手だったが、またひとつ、そしてふたつと広がり最後は波紋のように広がった。

 

「え…?」

匠は場内を見渡しながら結衣の方へ再び目を移すと、結衣も同様にスタンドを見つめ、そして最後は視線が重なった。

 

「…」

 

匠が頷くと結衣も頷き、その拍手の輪に加わっていくと、大きな歓声の中で

「ありがとー!」

という声もどこからか聞こえた。

 

パチパチパチ…パチパチパチ…

拍手の波が場内にさざめく。

 

それは匠が競馬を知る中で初めて味わった経験であり、しばらく拍手は鳴りやまないまま誰もいないゴールに響いていた。

払戻金が表示されても拍手は中々鳴りやむことなく、特別な結果を讃えるように、さざめきが場内に溢れていた。

 

パチパチパチ…パチパチパチ…

鳴りやまない拍手が続いていた。

 

アーサーはその喝采に包まれ、2歳王者の栄冠を手にした。

 

次回予告

 

無敗で2歳王者の座についたアーサーを見届けた匠と結衣。

連れ立って駅へ向かう帰り道、善男からの電話がかかってきて…?

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第28話 帰り道

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第26話 無言の会話

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。