府中牝馬ステークス2021結果&馬体診断・優勝はシャドウディーヴァ

初重賞。

常総ステークスで2年前に3勝クラスを勝った後からは、重賞はおろかオープン勝ちにも恵まれずに走ったシャドウディーヴァ

高い素質があるのは以前から分かっていたことではありましたが、18度目の重賞挑戦で嬉しい初勝利を果たしました。

導いた福永騎手の騎乗も見事な差し切りを演じましたが、府中牝馬ステークス2021の結果を復習しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

府中牝馬ステークス2021着順

優勝馬シャドウディーヴァ

2着馬アンドラステ

3着馬マルターズディオサ

府中牝馬ステークス2021予想&予想結果

本命◎デゼル

対抗〇マジックキャッスル

単穴▲ドナアトラエンテ

特注☆ローザノワール

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

予想結果=不的中

府中牝馬ステークス2021予想・本命はデゼル

パドックロード配信結果

〇2着→▲8着→◎15着→☆16着でした。

パドックロード(2021)10月度会員募集&前月度実績

アンドラステが粘っていましたが…

のりしお

はしくれ

全体的には残念だったね…
しっかり回顧をしていきましょう

のりしお

はしくれ

うん!

▲1着→〇2着→☆6着→◎13着

10月の新馬戦もいきなり▲単勝万馬券馬を選出

府中牝馬ステークス2021結果・馬体診断

優勝馬シャドウディーヴァ

まず優勝馬シャドウディーヴァです。

同馬は相変わらずバランスよく拡散型の馬体を見せており、ふっくらとして多少の発汗も気にならないくらいの仕上げでした。落ち着いていていつも気性が良く大人しいのも特徴的ですが、今日はいつもより毛ヅヤも良く見せ、非常に選出にも迷いました。

切ってしまって後悔しましたが理由としては多少太く見えて、普段あまり気にしない汗も見て、どうかなと思い切っていきました。結果的にやはり拡散型の馬体の馬は許容量があって、太目ではなく充実であったと反省せざるを得ないところです。

2着馬アンドラステ

2着馬はアンドラステです。

同馬はいつも以上に胴長に見せる仕上がりが好感でしたが、1周目では本命にしようか悩むくらいの仕上げに有りました。筋肉の柔軟性がマジックキャッスルに譲ると思えたために、対抗評価でしたが全体の張りが非常に目立つものでした。

この馬は前後肢とも発達した筋肉が浮いてくるタイプで、毛ヅヤも含め好調判断がしやすいタイプだと思っています。今回くらい仕上がってくるなら次走以降楽しみがありますし、岩田騎手が前に行った判断、これも良かったのではと思います。

3着馬マルターズディオサ

3着馬はマルターズディオサです。

同馬は今回トモが硬そうで全体もややゴツゴツとしていて、あまり良くないかなと判断して、早々に切ってしまった馬です。しかし同馬は紫苑ステークスの際も垢抜けた仕上がりではなく、こうした多少硬めが見て取れる時が好調なのかもしれません。

これについては同馬の個性的特徴と言えることでもあるので、今後は出来る限り相馬の際、縦の比較をしたいと思います。多少の発汗も見られましたしそれでいて良く差して3着です。鞍上が手の内に入れていても、中々味のある3着でした。

マジックキャッスルは15着です

のりしお

はしくれ

これはちょっと心配なところだね…

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

府中牝馬ステークス2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回は戦前からどういった展開になるかと思いましたが、ローザノワールを後ろで追いかけ、アンドラステが前から行きました。ローザノワールはさすがに馬体が芝の重賞クラスでは一段、厳しいかなと思うこともあって、プレッシャーも辛かったことでしょう。

対してアンドラステの鞍上の岩田望来騎手は先週の際、重賞でインが塞がったことで進路を確保したように見えます。馬の仕上がりも良かったですから思い切って流れに乗ったことは、好判断ですし2着と言えど人馬ともに楽しみになりました。

中々難しい一戦でした

のりしお

はしくれ

選んだ馬に不利はなかったけど…

騎手のコメント

1着福永祐一騎手・・・「今回は何としても3度目の騎乗依頼に応えたいという思いもありましたし、齋藤調教師からもコンディションは前走より遥かに良くなっていると聞いていたんで、自信をもっていきました。スタートは良かったんですけど、流れの中であの位置になりました。有力馬がすぐ目の前に固まっていましたんで、ここでいいのかなと思いながら乗っていました。非常にいいリズムで走っていましたし、ずっとマジックキャッスルの後ろにいて、進路を内に取るか外に取るかでずっと考えながら乗っていましたが、最終的には外を選択して、非常にいい伸びを見せてくれていました。乗りやすい馬でそんなに癖はない馬ですが、初めて乗った時はゲートの駐立が不安定なところがありました。でも今日は安定していましたし、スタートに関しては不安は無いです。エリザベス女王杯の距離も問題ないと思います

1着斎藤誠調教師・・・「3回目の騎乗で結果を出すのは凄いです。ベテランの味が出ていました。エリザベス女王杯では福永騎手がアメリカへ行くので、どうしようかなと思っています。右回りは左回りより得意ではありませんが、頑張ってくれると思います

実力は常に感じていた

のりしお

はしくれ

馬を育てられる素晴らしい騎手だよ

府中牝馬ステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分45秒6(良)

前半800m通過=47秒3

ペース=スローペース(1秒1差)

勝ち馬上がり3ハロン=33秒1(最速)

レース上がり3ハロン=34秒4

4角通過順=14→2→11番手

クッション値(当日午前7時):9,1(標準)

おわりに

今回は午前中降雨があり馬場が心配されたところですが、途中から上がり、良馬場施行で結果からも末脚勝負でした。それだけに外枠から本命のデゼルが出たのは驚きましたが、これは毎日王冠の騎乗が尾を引いているような気もしました。

ダノンキングリーで上がって行った川田騎手の騎乗となりましたし、末脚タイプのデゼルを押し出す展開は少々驚きました。ただパドックもギリギリの仕上げでこれもあったのかなと思いますし、1・2番人気がともに二桁着順は残念に思いました。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。来週も競馬が熱くなるよう、引き続き精進して参ります

はしくれ

明日もよろしくお願い申し上げます
よろしくお願いします

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です