オールカマー2021結果&馬体診断・優勝はウインマリリン

最内枠。

6戦全勝で春のGⅠ大阪杯を勝ったレイパパレが、人気に推された一戦でしたがその中で勝ったウインマリリン

2着も同じ勝負服で伸びたウインキートスが連対を果たし、1・2番枠の馬がそのままのワンツーという結果になりました。

先週と違いインが優勢のレースとなった今回の一戦、オールカマー2021の結果を早速回顧致しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

オールカマー2021着順

優勝馬ウインマリリン

2着馬ウインキートス

3着馬グローリーヴェイズ

オールカマー2021予想&予想結果

本命◎レイパパレ

対抗〇ランブリングアレー

単穴▲キングオブコージ

特注☆ステイフーリッシュ

買い目=馬連◎流し各100円、複勝〇▲☆各100円、計600円。

予想結果=不的中

オールカマー2021予想・本命はレイパパレ

パドックロード配信結果

☆1着→◎4着→▲5着→〇7着でした。

パドックロード(2021)9月度会員募集&前月度実績

からくも☆で1着に入ったウインマリリンを選んでいます

のりしお

はしくれ

レイパパレも良かったんだけどね、デムーロ騎手が上手く乗っていた
グローリーヴェイズが積極的に3コーナーで動いていきました

のりしお

はしくれ

最近かなりデムーロ騎手らしい騎乗が復活してきて嬉しい
あとは選出が噛み合うかですね

のりしお

はしくれ

うん。早速診断をしていくよ


◎1着→☆2着→▲3着→〇6着

9月最終日の新馬戦では3→2→9番人気上位独占

オールカマー2021結果・馬体診断

優勝馬ウインマリリン

まず優勝馬ウインマリリンです。

同馬は天皇賞春の際にきっちり馬体を絞ったことから、今回のマイナス体重を見て懸念もしていたパドックでした。しかしいざ馬体を眺めてみると悪いところは全く見られずに、毛ヅヤもよく、落ち着き払っていて好調を感じる仕上がりでした。

ご覧のとおりツル頸も見せつつ2人引きでもチャカつくこともなく、かなり気性的にも前進して最後も直線溜めが利きました。まだもう一段張りの上昇を残している仕上がりに見えますし、エリザベス女王杯も十分に期待が持てる馬だと思います。

2着馬ウインキートス

2着馬はウインキートスです。

同馬は元気を持て余している仕上がりと言って良いところですが、チャカつきによって馬体が横から捉えられず苦労した相馬です。全体にすらりと無駄肉がなく、毛ヅヤも良いと判断しましたが、何分しっかり掴めそうになく、非選出も止む無しと切りました。

レースではしっかりと折り合いつつ最後インから抜け出てきましたが、丹内騎手も想定した通り伸びた結果というコメントでした。先週とかなりレースが違って馬場もインがそのまま生きましたし、状態面の良さがそのまま出る展開が味方したと思います。

3着馬グローリーヴェイズ

3着馬はグローリーヴェイズです。

同馬は今回きっちり仕上がり雰囲気のある好仕上げでしたが、何分選出馬がすぐに決まりそこから漏れる結果となりました。ただ悪いところはなかったですしコンパクトにまとまった馬体から、柔軟性も失ってはおらずスタミナを感じる仕上がりでした。

非常にハイレベルな馬でもあり常にバランスを維持していますし、急坂はプラスにはなりませんがそれで3着は立派なものです。後方から一気に気分も良く競馬したことも活きていましたが、かなり心肺能力が高いと改めて実感するものでした。

最内2頭でのワンツーでした

のりしお

はしくれ

結果的には分かりやすかった

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

オールカマー2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回は先週セントライト記念での敗戦が頭をかすめ、待機策から差す競馬ができる馬とレイパパレで組んでいきました。結果完敗でイン前が生きるいつもの9月の中山でしたし、これは一体どうしたものかなと溜め息の出るところとなりました。

レイパパレに関してはマークされ競り落とされた結果と言えますが、川田騎手も状態は良かったと話している通り好調でした。欲を言えば馬体を増やすよりかシャープさが欲しいと思いましたが、それでもトモが素晴らしかったので、内枠だったらなと思いました。

イン前がかなり優勢だった

のりしお

はしくれ

ウインマリリンは強かったけど

騎手のコメント

1着横山武史騎手・・・「1枠1番入ったんで、日経賞凄くいい競馬だったんで、それと似たような競馬ができればなと思っていました。思い描いたようなレースができたと思いますし、とても良かったと思います。直線ではロザムールとレイパパレの間を狙おうと思ったんですけど、狭くて入り切れず、一回引っ張って凄くもったいないシーンがあったんですけど、それで勝ち切れたのは馬の力です。夏を超えてリラックスできていましたし、精神的な部分が大きな成長かなと思います。(中山で強いのは)とても器用な証だと思います。今日は馬に救われただけだったので、次は自分の技術も発揮できるように臨んでいきたいと思います」

インを捌くのは想定通り

のりしお

はしくれ

本当に頼もしいコンビだよね

オールカマー2021結果データ

勝ちタイム=2分11秒9(良)

前半1000m通過=60秒7

ペース=スローペース(1秒6差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒1(最速)

レース上がり3ハロン=35秒3

4角通過順=3→5→3番手

クッション値=10,2(やや硬め)

おわりに

今回は中山らしい4コーナー5番手以内の競馬になり、スローペースも相まって内から抜けた2頭が押し切ってきました。特に3番手追走で抜けたウインマリリンは強かったですし、上りも最速を計時していて文句のつけようのない走りです。

やはり得意舞台もありましたしレイパパレがマークされることから、その後ろから坦々と進める展開利も良かったと思います。個人的には馬場読みを外して的中の目がないところでしたが、その分刻まれた敗戦ですし、糧にしていきたいと思いました。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。来週は良い結果が出せるよう、引き続き復習して参ります

はしくれ

来週もよろしくお願いします
また、お会いしましょう

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です