セントウルステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週は中京競馬場にてセントウルステークスが予定され、いよいよ夏の開催が終わって秋競馬へと突入してきます。

昨年はダノンスマッシュが勝ってその後GⅠ2勝としましたが、サマースプリントシリーズ王者を決定する戦いにもなります。

文末では過去の傾向からも最も注目するイチオシ馬を、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

セントウルステークス2021過去10年の傾向

セントウルステークス2021・過去10年3着以内傾向

*昨年以外は阪神開催

①最多好走枠8枠(桃)=8年8頭3勝

➁苦戦枠(1頭以下):1枠(白)&6枠(緑)=共に1頭

前年3着以内リピーター:4頭

④牝馬:9頭(3勝)

⑤3歳馬:5頭(1勝)

⑥人気1番人気10頭(5勝)・2番人気6頭・3番人気2頭・4番人気2頭・以下10頭

⑦好走騎手(3回以上):浜中俊騎手4回(0勝)・岩田康誠騎手3回(0勝)

⑧ハンデ:52~59kg(別定)

⑨走破タイム:良=1分6秒7~1分8秒5、重=1分8秒8

⑩好走厩舎(3頭以上):安田隆行厩舎3頭(1勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:5年5頭1勝

⑫馬体重:434~526kg

⑬4角5番手以内:20頭8勝:うち逃げ馬4頭3勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数:4頭以上):ロードカナロア(産駒3頭も自身含めて4頭)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算)重賞経由29頭(主な前走=北九州記念10頭、安田記念3頭・アイビスSD3頭・高松宮記念2頭・CBC賞2頭・函館SS2頭・海外2頭・NHKマイルC・キーンランドC・関屋記念・NZT・シルクロードS各1頭)オープン1頭

⑯前走後間隔中2週~3か月=22頭、3か月~半年以内=8頭

前走人気:14番人気以内

⑱前走最低着順馬:2019イベリス3着=NHKマイルカップ16着

⑲ペース:ハイ5、ミドル5、スロー0

枠順確定前のイチオシ

セントウルステークス2021過去10年の傾向から、枠順確定前のイチオシは…

カレンモエ

同馬は現在3戦連続2着と惜敗続きなのですが、全て重賞で速いペースにも対応ができる走力があります。安田隆行厩舎の所属馬でロードカナロア産駒という点も、他馬と比べてデータの優勢な存在と言うことができるでしょう。

また4コーナー5番手以内の競馬は得意とするところですし、左回りも中京の千二で1分8秒1を保持します。サマージョッキーシリーズの1位を走っている鮫島騎手を替えて、松山騎手で臨むことを見ても勝負度合いは高いと思います。

乗り替わりは苦にしないタイプです

のりしお

はしくれ

これはかなりの勝負気配だよね

以上セントウルステークス2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。またセントウルステークス2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは

*今週はいち早く予想公開セントウルステークス2021予想・本命はカレンモエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です