新潟記念2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週の新潟競馬場ではサマー2000シリーズ最終戦、新潟記念2021が開催される予定です。

この一戦にはトーセンスーリヤ、ショウナンバルディが参加しますが、シリーズチャンピオンを目指す2頭の調教はどんな具合でしょうか。

評価が分かれる調教となった今回の2頭の結果でした、そんな新潟記念2021の調教を診断します。

新潟記念2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ザダル

<美浦 南W 重 85.9-69.3-52.8-37.8-11.7 ほぼ馬なり>

今回1位に選出したのはザダルと致しました。

同馬は前走エプソムカップで見事に快勝を決めていますが、3番人気の評価は変わらず高い支持を得ている人気でした。プラス12kgの出走もあり馬体も完璧ではない中でも、中団から外を伸び切ったのは今の新潟ではプラスと見ます。

このところ自動計測によって特にラスト1ハロンのタイムが、かなり速く計時されていますが同馬は今週11秒7。途中で気合をつけられただけですんなり伸びてこの時計ですから、引き締まった馬体面も含めてかなり状態は良いと思います。

走法にも安定感があって無駄なことをしないタイプですから、レースに行ってもしっかり力を発揮できる状態に思えます。あとはハンデが1,5kg増、これがどう出るかが試金石でも、追い切りとしては合格と言える好内容の1位抜擢です。

調教2位:トーセンスーリヤ

<美浦 南W 重 69.5-54.3-39.1-11.3 やや強め>

調教2位はトーセンスーリヤです。

同馬は前走函館記念で強い内容で勝ってきましたが、引き締まった切れ長な馬体から新潟コースも向く存在です。そんな同馬は1週前からの追い切りで一杯で走っていて、今週もやや強めに追い切られ意欲的な調整に映ります。

ラスト1ハロンタイムが重でも11秒3は速いのですが、とにかく数字面よりも馬体に張りがある点を評価しています。前走も強い勝ち方といえど調教は目立っていなかったので、今回の方がより状態には期待ができると判断しました。

元々新潟は勝っていますし馬体の適性も十分なので、仕上がりに問題がなさそうなら馬券には入れていきたい馬です。シリーズチャンピオンもかかりますしここが勝負の鞍と言えますから、調教を信じて良いところかと判断して2番手に指名です。

調教3位:リアアメリア

<栗東 CW 良 56.7-41.0-11.9 馬なり>

最後はリアアメリアです。

同馬は前走ヴィクトリアマイル13着という成績になり、今回は距離延長で牡馬との一戦とハードルは下がりません。2歳時の期待を考えるなら現状は厳しいとも言えますが、馬体自体は非常にふっくらと毛ヅヤもよく好感が持てました。

同馬は1週前の調教でやや強めに追い切られていますが、このときは4ハロン51秒0をウッドで記録しています。相変わらずの切れ味でラストも11秒4としていますから、今週は状態を維持すること、これに重点を置いたのでしょう。

そしてその状態の維持はかなり当たっていると言える馬体面で、これを当日維持して出てくれば善戦できる状態にあります。新潟まで輸送がありますので心配な面は残っていますが、現時点では3番手評価に相応しい存在だと思います。

新潟記念2021調教診断・おわりに

ショウナンバルディはどう見ましたか?

のりしお

はしくれ

シリーズチャンピオンを狙うには、少し物足りないかなと思った
トーセンスーリヤが意欲を見せる調教だったこともありますかね…

のりしお

はしくれ

どうしても比較をして見てみると、ここではそういう考えになるね…

*新潟記念2021のパドックロードも配信致します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

また新潟記念2021の関連記事はこちらから―

新潟記念2021予想・本命はトーセンスーリヤ

新潟記念2021・今週の期待馬体

新潟記念2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。