札幌日刊オープン2021結果&馬体診断・優勝はディアスティマ

長距離砲。

札幌日刊オープンで勝ったディアスティマは1番人気のなか、逃げる競馬で後続を抑えて強い内容で1勝を加算。

松籟ステークスを優勝したスタミナを遺憾なく発揮しつつ、直線では競られる競馬ながら危なげなく勝ち切って見せました。

長距離界で飛躍を期待する今後が楽しみな同馬でしたが、札幌日刊オープン2021の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

札幌日刊オープン2021着順

優勝馬ディアスティマ

2着馬カウディーリョ

3着馬ジャコマル

札幌日刊オープン2021予想&予想結果

本命◎ディアスティマ

対抗〇ボスジラ

単穴▲シークレットラン

買い目=単勝&複勝各100円、計600円。

予想結果=的中:単勝210円・複勝120円

札幌日刊オープン2021予想・本命はディアスティマ

パドックロード配信結果

◎1着→☆4着→▲6着→〇8着コメント入り馬による優勝です

パドックロード(2021)8月度会員募集&前月度実績

先週に続くコメント入り馬の優勝おめでとうございます

のりしお

はしくれ

ありがとう。さすがに強かったよね。馬体もパンパンに張っていたから
函館では当日新馬戦も3着以内独占としました。1番人気も除いていますね

のりしお

〇1着→◎2着→▲3着→☆7着

はしくれ

あとちょっとでパーフェクトだったけど。新馬戦はやっぱり楽しいよね
新潟6レースの新馬戦の大波乱でも2頭選出です。二桁人気馬2頭が馬券の対象になるのも読んでいました

のりしお

はしくれ

会員様の応援のおかげで!いつも本当にありがとうございます

〇2着→▲3着→◎7着→☆8着

新潟6レースの新馬戦は最低人気抜擢〇2着。3着▲も二桁人気

札幌日刊オープン2021結果・馬体診断

優勝馬ディアスティマ

まず優勝馬ディアスティマです。

同馬は今回天皇賞から3か月ぶりの一戦でしたが、無駄な肉がなく馬体が絞れて張りもよく上々の仕上げでした。特に毛ヅヤがピカピカに光って前走以上に良く見えましたし、トモがパンとしてバランス面にも優れた好感を持つものでした。

比較で言っても他馬より馬体がしっかりとブレの無いものでしたし、抜けて良く見えてコメントを打った判断も吉と出たところでした。また先週イカットが不利を受けパドックの修正をしないと決め、それに従って予想したことも間違いなかったなと思われます。

2着馬カウディーリョ

2着馬はカウディーリョです。

同馬は前走の七夕賞で約1年振りのレースを走り、一気に上昇を感じるまでに引き締まってきた馬体面でした。前走時はかなり緩い馬体で非常に狙い辛い馬でしたが、今回はもう一頭選べれば同馬にしたいほどの仕上げでした。

久々を叩かれてツヤも光り、皮膚もぴっちりと張ってきましたが、洋芝向きの絞れた全体でスタミナを感じる仕上がりでした。このあたりもう少しだけ直感を大切に印を打てていれば、ワンツーも選出可能だったと結果から後悔するところです。

3着馬ジャコマル

3着馬はジャコマルです。

同馬は前走天皇賞では17着に終わっていましたが、逃げ宣言のなか3番手でも折り合って最後残してきました。しぶとい走りはいまだ健在で柔軟性の高い全体から、しなやかな腹回りに仕上がって高いレベルにある仕上がりでした。

トモの丸みもはっきりとしていて好調を窺えるものでしたし、メンバー的にも実績上位で好走も不思議ない存在です。プラス12kgの数字自体は気にならない仕上がりと言えますし、幅のあるところも地力上位をアピールするつくりだと思います。

オープンだけにハイレベルでしたか

のりしお

はしくれ

それでもディアスティマが良かったけど
これからも期待できる馬ですね

のりしお

はしくれ

うん

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

札幌日刊オープン2021結果・回顧

レース後の感想

逃げ宣言の出ていたジャコマルが先手を奪うことができないほど、序盤はバラックパリンカも競って速くなった流れにも見えました。ただ前半61秒5と結果的にミドルスローにもなり、内枠から行き切ったディアスティマ・吉田騎手も光る判断でした。

ソダシもそうですが抜け出してからしぶとい走りをする吉田騎手と、同馬のコンビは合っているようで今後も見てみたい気もしています。主戦は北村友一騎手から替わることはないとは思いますが、同騎手の復活までの期間も期待できるコンビだと言えましょう。

人馬一体の走りであった

のりしお

はしくれ

しぶとさがプラスされた感じだよ

札幌日刊オープン2021結果データ

勝ちタイム=2分39秒8(良)

前半1000m通過=61秒5

ペース=ミドルスローペース(0秒5差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=36秒7(2位)

レース上がり3ハロン=36秒7

4角通過順=1→2→3番手

クッション値(当日8時20分)=7,4(やや軟らかめ)

おわりに

今回は4角順位通りに前に行かないといけない競馬で、上りも1・2位がそれぞれ2位と最速という競馬になりました。後続には全く出番のない競馬だったというところですから、函館の芝が生きている以上、想定できる流れと言えました。

単複重視で臨んでいたので他馬の複勝も期待しましたが、この点は更に予想を磨いて精度を上げるほかにはありません。さすがにディアスティマは通過点と言えるような競馬になりましたが、もう少しうまく展開を読んで的中に繋げたいと思います。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。日頃のご愛顧に報えるように、次の的中を狙っていきます。

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です