クイーンステークス2021結果&馬体診断・優勝はテルツェット

巻き返し。

前走ヴィクトリアマイルの際は14着のテルツェットでしたが、突然の雨さえ味方につけて外差しを決めて見事に快勝。

前の馬が動いているのを見て待機したというルメール騎手にも、嬉しい函館初重賞制覇をプレゼントする1勝でした。

距離延長にも加えて洋芝適性も見せた一戦でしたが、そんなクイーンステークス2021の結果を復習しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

クイーンステークス2021着順

優勝馬テルツェット

2着馬マジックキャッスル

3着馬サトノセシル

クイーンステークス2021予想&予想結果

本命◎ドナアトラエンテ

対抗〇シャムロックヒル

単穴▲イカット

買い目=単勝&複勝各100円、計600円。

予想結果=不的中

クイーンステークス2021予想・本命はドナアトラエンテ

パドックロード配信結果

▲2着→☆7着→〇10着→◎11着でした

パドックロード(2021)8月度会員募集&前月度実績

これはまた厳しい結果でしたね…特に不利を受けていたイカット

のりしお

はしくれ

これがなきゃ3着はあったなあと…
しかしこの後は不運の補填か、最低人気馬で当たりました

のりしお

▲2着→☆3着→〇4着→◎6着

はしくれ

ワイドなら万馬券だったけどね。複勝でも2520円付いてくれたから嬉しかった

相変わらずお小遣い買いですね…。それはさておき馬体診断の方もよろしくお願いします

のりしお

はしくれ

うん!

関越ステークスでは最低人気☆3着を華麗に抜擢

クイーンステークス2021結果・馬体診断

優勝馬テルツェット

まず優勝馬テルツェットです。

今回は馬体的にも仕上がりの良い馬が多く見られましたが、同馬を非選出とした理由は洋芝よりも距離の懸念でした。軽いタイプでスタミナがあるのは納得できる馬ではありますが、やや馬体が短いところがあり、マイルの方が良いと思いました。

結果的に降雨もあった上に馬群も凝縮していましたから、ルメール騎手が上手く捌いたのが追い風になったのも確かでしょう。とはいえ同馬はこれくらいならば距離もこなせるのが分かりましたし、今回は学ぶべきことの多い一戦という結果になりました。

2着馬マジックキャッスル

2着馬はマジックキャッスルです。

同馬は調教から好馬体を見せつける良いつくりと言えますが、多少脂肪がのった感じに見え、3番手評価とした次第です。小気味よいフットワークで完歩が大きくないこともあったのですが、展開も向き洋芝も十分こなせた結果だったと思います。

同馬に関しては仕上げが良いと更にフワフワのツヤを見せるので、この点も上昇余地を感じるつくりだったと言える2着でしょう。それでもやはり目にしてしまったら選ばないわけにいかない感じで、前後肢共にふっくらと張った筋肉が良好な仕上げでした。

3着馬サトノセシル

3着馬はサトノセシルです。

同馬は今回プラス10kgと実際にもやや太目に感じて、全体の張りは足りていましたが無印評価した1頭でした。この3着は不利さえないならばイカットだった可能性が高く、相馬としては別段修正をかけずとも良いだろうと思います。

ただそれでもそうした運を持った仕上げであることも事実ですから、ふっくらとしていたことも含めて好仕上げだったことも確かです。角度があまり良くない点もあり、非常に選びにくい馬でしたが、プラス体重は半分消化し成長も見えたので楽しみです。

不利も含めての競馬ですからね。残念な結果にはなりましたが

のりしお

はしくれ

うん。当たった方はおめでとうございます
次こそは当たるといいんですけど

のりしお

はしくれ

また、きちんと予想を立てていく

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。良いところ、悪いところを受け止め的中を目指したいと思います

クイーンステークス2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

今回はBコースに変更でイン前有利と見たものでしたが、イカットの不利だけでなく中団待機組に向いた状態でした。外差し馬場というにはあまりにもイン自体は生きた馬場でしたから、凝縮した展開面も含め切れ味勝負という結果でした。

ルメール騎手がこうした馬場のなか馬群を縫ったのは正解ですし、不得手な小回り馬場でもしっかり結果を出すのだから脱帽です。初頭の北海道開幕では足踏みをしている感じでしたが、修正をかけたうえ馬場を読んだファインプレーだったとも思います。

さすがはルメール騎手ということで

のりしお

はしくれ

超一流はやっぱり違うよね。あやかりたいです

騎手のコメント

1着C.ルメール騎手・・・「ずっといい感じでした。いつも通りスタートから後ろの方になりました。冷静に走ってくれましたし、リズムも良かったし、彼女の手応えは良かったです。前の馬が動いていましたので、決勝線までいい目標がありました。彼女は凄くいい脚で頑張ってくれました。」

クイーンステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分47秒8(良:直前から降雨)

前半800m通過=47秒8

ペース=ミドルハイペース(0秒1差・800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒2(最速)

レース上がり3ハロン=36秒0

4角通過順=11→4→8番手

クッション値(当日8時20分)=7,8(やや軟らか)

おわりに

今回は展開が読み切れずに敗戦を喫してしまいましたが、イカットの不利がなければ結果は分からなかったなとも思います。修正は上りがかかる馬場での凝縮馬群が読めなかったこと、スローにはなりにくい一戦との認識が甘かった点でしょう。

またシャムロックヒルは馬体面でまだ多少緩さがありましたので、もう一段絞れれば重賞を勝ったときに戻れると思います。ドナアトラエンテは走法的にあまり洋芝が向かなかったのか、案外な敗戦で馬場替わりの秋以降見直したいところです。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。8月度も攻める姿勢を持って一戦一戦挑んでいきます!

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です