佐渡ステークス2021結果&馬体診断・優勝はアナザーリリック

素質。

土曜日のメインレースは3勝クラスの佐渡ステークスでしたが、ここを勝ったのは3歳牝馬の人気馬アナザーリリックでした。

同馬はスタートでは後れをとり中団後方を進みましたが、直線は外へと持ち出されると一気の末脚を披露しました。

GⅠ7着の実績からも十分な素質を感じましたが、そんな佐渡ステークス2021の結果を回顧していきましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

佐渡ステークス2021着順

優勝馬アナザーリリック

2着馬ゴルトベルク

3着馬モズナガレボシ

佐渡ステークス2021予想&予想結果

本命◎アナザーリリック

対抗〇コマノウインクル

単穴▲ヤマニンマヒア

買い目=単勝&複勝各100円、計600円。

予想結果=的中:単勝300円・複勝150円

佐渡ステークス2021予想・本命はアナザーリリック

パドックロード配信結果

◎1着→〇2着→▲11着→☆17着コメント入り本線のワンツーでした

パドックロード(2021)7月度会員募集&前月度実績

先週は6番人気本命◎で1着としましたが、今週はコメント入りでワンツー。おめでとうございます

のりしお

はしくれ

ありがとう。アナザーリリックは上のクラスでも十分やれそうだね。ゴルトベルクも好仕上げだった
はしくれさんはNHKマイルカップでも推していた馬でしたよね

のりしお

☆1着→〇3着→▲7着→◎中止

はしくれ

このときは不運も重なったけど…。やっぱり信じ抜いて良かった
7月最後の配信レースでしっかり結果の出た一戦です。回顧もしっかりお願いします

のりしお

はしくれ

会員の皆様、ありがとうございました!

佐渡ステークスはコメント入りで◎〇本線ワンツー

佐渡ステークス2021結果・馬体診断

優勝馬アナザーリリック

まず優勝馬アナザーリリックです。

同馬は今回馬体が絞れてマイナス14kgと出ましたが、パドック党には数字を気にせず買いたいと思える仕上がりでした。牝馬ですから元々の腹目がスッキリとしているのはありますが、これだけ絞れて充実するのは本当に素質上位と言えます。

パンパンに張り出したトモを見てもワクワクするものを感じましたし、ブログ予想で本命にしたのを、心底「やった」と思うものでした。前後肢共にボリュームにあふれ無駄がなくバランスもパーフェクトで、スタミナもついている好仕上げに感動させられた一幕でした。

2着馬ゴルトベルク

2着馬はゴルトベルクです。

同馬はアナザーリリックと違いプラス12kgと出ていましたが、全く太め感のない馬体で毛ヅヤも光って好仕上げでした。まるでどこに12kgの数字が乗ったのか分からない仕上げにあり、完全に馬体に消化してきた張りのある馬体を見せていました。

1着馬と明暗を分けたのは単純に馬格の違いであって、同馬自身の仕上げは十分に勝利を意識できる仕上げでした。持っている素質の差が出ましたが、この馬も相当にハイレベルで、小柄ながら輪郭の張っているトモが特に良い好仕上げでした。トモの張りから分かること

3着馬モズナガレボシ

3着馬はモズナガレボシです。

同馬は新潟では致命的な絞り切れていない腹周りから、緩さを感じさせる皮膚感にも疑問を持つなかで3着でした。同馬主の所有馬にはよく見る意外性に溢れたタイプですが、同馬をバシッと選出するのは相当厳しかったと言えましょう。

相馬眼の基準にはならないと思う反面トモは張りがあって、輪郭もしっかりしていますから瞬発力には注意が要ります。結果的に追い出すまで下がった位置取りになったことを踏まえても、立派な3着ですし磨かねばならないものがあると感じました。

モズナガレボシは難解でした

のりしお

はしくれ

これを狙って獲ったら凄いよね
展開利が有っただけはない

のりしお

はしくれ

もちろん展開利はあったけどね、それだけであんなに伸びないからね

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。8月度も修正を重ねつつ、的中を目指したいと思います

佐渡ステークス2021結果・回顧

レース後の感想

今回は前半4ハロンでは47秒3を計時して、前後半差1秒5計時のスローペースという内容でした。これを見る限りインの前が良い馬場状態から展開自体は、勝ち馬にとって決して楽ではないものだったはずの一戦です。

それをたとえ52kgと言えどあっさりと突き抜けてきましたから、馬体も含めて今後が非常に楽しみなアナザーリリックでした。ゴルトベルクは2着とは言っても普通なら勝てていたところですし、同馬のファンも決して悲観する内容ではなかったと思います。

上位2頭はかなり強かった

のりしお

はしくれ

これはかなりレベルの差があった

佐渡ステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分45秒2(良)

前半800m通過=47秒3

ペース=スローペース(1秒5差・800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=33秒2(最速)

レース上がり3ハロン=34秒0

4角通過順=13→10→5番手

クッション値(当日7時)=9,1(標準)

おわりに

今回は先述している通りアナザーリリックが相当強く、他馬にとっては相当に厳しい戦いを強いられたと思います。おそらく本当は今の馬場ならイン前有利だったとも思われ、このあたりが3番手に粘ったモズナガレボシに利いていたでしょう。

それを思えば2着に突っ込んだゴルトベルクも狭いところを割り、非常に鋭い末脚を見せてしっかり最後は追い込んでいます。上位2頭は抜けた走りをして今後も楽しみな存在なので、今回の一戦からどのような未来が開けるのか楽しみです。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。日頃のご愛顧に報えるように、次の的中を狙っていきます。

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

クイーンステークス2021の無料予想クイーンステークス2021予想・本命はドナアトラエンテ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です