競馬小説「アーサーの奇跡」第3話

前回までのあらすじ

 

父・善男に買い方を教わって、初めての馬券を手にした匠。

ファンファーレが鳴り響くと、各馬が一頭ずつゲートに吸い込まれて…

競馬小説「アーサーの奇跡」第2話

競馬小説「アーサーの奇跡」第3話

第3話 デビュー戦

 

「―ガシャンッ!」

 

大きな音で開かれたゲートを、各馬が一斉に飛び出していく。

好スタートから前に行ったのは、断然人気のカーテンアップだ。

 

「速い!圧倒的だな」

善男がうなる。

 

「こりゃいただきだ!こうなりゃあもう、負けるわけがねえ!」

今度は先のパドックで聞こえた、おじさんのがなり声が飛んでくる。

匠はアーサーがどこか探した。

 

「あっ…」

 

言葉に詰まる匠。

アーサーは出遅れていた。

 

「おいおい、この短距離で出遅れか、ツイてないな、ハハ…」

善男は軽く笑っては見せたが、その声は乾いていた。

 

「(そんな…)」

 

匠の困惑を無視するように、レースは中盤を消化していく。

カーテンアップは山本が手綱を持ったまま動かす素振りもなく

悠然とリードを保ったままで、坦々と先頭を進んでいる。

素人目にも十分な走りだ。

だが…。

 

「ん?鮫浜のヤツ、こんなところで一気に仕掛け始めたぞ!諦める気はどうもないみたいだ。見てみろ匠、アーサーのヤツ、マクリ始めたぞ!」

 

信じられない光景だった。

好スタートから後続との差を7、8馬身開いた人気馬を

出遅れた馬がもの凄い脚で先頭を目がけて追い込んでくる。

 

一頭、二頭、三頭…。

次々に捉え出したアーサーは、気づけばただ一頭に追い上げた。

 

「おいおい、とんでもないマクリだぞ、こりゃあ!」

善男の興奮が伝わってくる。

匠の心臓もバクバクと鳴り、音が聞こえるくらいに脈打った。

 

最後の4コーナーでは二頭の差が更に縮まったのを感じて

「アーサー!行けー!」

と思わず匠は思い切りその名前を呼んでいた。

 

「山本ォー!手を抜くなー!来てるぞ~!」

 

先のパドックのおじさんの声が怒声のような檄に変わっている。

カーテンアップのリードはそれでも2馬身ほど開いて見えていたが

アーサーの勢いはそれ以上に凄まじいスピードに感じられた。

 

「…!」

 

鮫浜の豪快な騎乗ぶりと、アーサーの猛追に言葉も出ず、善男も匠もただ前を見つめ最後の攻防を見守っていた。

 

「ハアッ!」

鮫浜のムチは凄まじく、ビシバシとアーサーの胴を打つ音が何とも痛々しく響き渡る。

だが、アーサーは怯まない。

それどころか、恐ろしく加速していく。

 

予想外のアーサーの走りにも二の脚で逃げるカーテンアップに

ついに馬体を併せるとそのまま、重なりながらゴールに飛び込んだ。

 

手綱を取る山本も鮫浜も

カーテンアップもアーサーも

善男も匠もおじさんも

皆必死にその歯を食いしばっていた。

 

次回予告

 

もつれ込みながらゴールした2頭。長い写真判定に委ねられ…

勝負の行方は。

 

次回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第4話

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第2話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です