中京記念2021結果&馬体診断・優勝はアンドラステ

手綱。

アンドラステの手綱を任された川田騎手は2度目の騎乗ながら、2戦2勝と完璧な騎乗で同馬に初重賞をプレゼント。

重賞を勝たせることができたと安堵するコメントも聞かれるなど、素質をかなり高く感じていたことが窺えるレース振りでした。

早目に抜け出すと外を回したライバルを封じる走りでしたが、そんな中京記念2021の結果を回顧致しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

中京記念2021着順

優勝馬アンドラステ

2着馬カテドラル

3着馬クラヴェル

中京記念2021予想&予想結果

本命◎ロータスランド

対抗〇ディアンドル

単穴▲ボッケリーニ

買い目=単勝&ワイドボックス各100円、計600円。

予想結果=不的中

中京記念2021予想・本命はロータスランド

パドックロード配信結果

☆2着→◎5着→〇6着→▲8着でした

パドックロード(2021)7月度会員募集&前月度実績

ここは厳しい結果になりました

のりしお

はしくれ

誠に申し訳ございませんでした
そんな反省も含めての、回顧をお願いします

のりしお

はしくれ

うん。しっかり回顧していくからね

函館2歳ステークスでは◎〇本線ワンツー

中京記念2021結果・馬体診断

優勝馬アンドラステ

まず優勝馬アンドラステです。

同馬は前走時に印を付け4着という結果が出ましたが、その時よりやや細いと見られて、今回は無印の評価でした。これが裏目に出てしまいましたが、前走はハンデの影響もあり、今回は相対的に浮上もしやすい一戦だったと見えます。

出走する度に次元の高い仕上がりを見せている同馬ですが、今回選出できなかったのは非常に残念に思っています。トモは張っていてこの部分からは十分やれるように感じたので、修正をかけながら上達して、見極めていきたいと思います。

2着馬カテドラル

2着馬はカテドラルです。

同馬は東京新聞杯から顕著に馬体が回復してきて、安田記念では敗れていますが、ここでも高次元な仕上げでした。特徴であるボリューム感のある柔らかい筋肉がありますから、スピードでは引けを取らないと見て4番手評価に選んでいます。

不振時でもずっと保たれていたバランスの良さも変わりないですし、体幹が真っすぐなタイプなので、怪我もしにくいタイプにも見えます。まだ若々しい雰囲気ですから5歳を迎えてもまだ上昇の、余地を残している馬と思われ引き続き楽しみな存在です。

3着馬クラヴェル

3着馬はクラヴェルです。

同馬は最軽量で3着とハンデが背中を押しているように、馬体面ではまだ華奢さが目立ち、上位には推せない馬と言えます。それでもトモの張りは確かであり、特に外側部が張っているので、瞬発力に秀でていることを感じさせる仕上がりと言えました。

牝馬らしく胴回りが細目で心肺機能ももうひとつですが、横山騎手との相性も高くこの点も効いていると思います。ハンデを背負うには背中がしっかり固まってきた方が良いでしょうが、絞れた無駄のないつくり自体はツヤもあり良いデキに思えました。

ハンデ戦らしい結果になった

のりしお

はしくれ

思ったより影響が濃かった

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。敗戦に懲りることなく、上昇目指して頑張りたいと思います

中京記念2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

小倉開催は今日で6日目で馬場もやや差しが決まる状態で、超速馬場で開幕しましたが、最後はそういう馬場になりました。展開自体は描いた通りで道中はしめたと思いましたが、直線ハンデの影響もあって外差しで決まった一戦でした。

こういう状況は先週馬場が豪雨で緩くなったこともあるか、少しとはいえ前日の土曜の降雨の影響も多少あったか…。とにかくこれを読み違えたことがそのまま結果に出てしまいました。これは予想家としては反省をしなくてはいけないなと思います。

意外なほど差しが決まりました

のりしお

はしくれ

これを読んでいた方は上手いよね

騎手のコメント

1着川田将雅騎手・・・「無事に重賞ウィナーになることができて良かったです。前半の雰囲気も良かったですし、リズムよく、い位置も取れましたし、その後はバランスを教えながら脚を溜める準備をして、とてもいいリズムで道中をこなすことができました。各馬の並び的にどのポジションを取ろうかと思ったんですけど、結果的に内から行く方がベターだなという選択をして、早目に先頭に立って押し切ることにして、頑張ってもらいました。ずっと重賞で善戦してて、勝ち切ることはできませんでしたが、久々に跨って、重賞勝てる馬だと思ってたんで良かったと思います」

中京記念2021結果データ

勝ちタイム=1分46秒2(良)

前半800m通過=47秒9

ペース=スローペース(1秒6差・800m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒3

レース上がり3ハロン=34秒7

4角通過順=2→8→10番手

クッション値(当日8時)=9,1(標準:小倉)

おわりに

今年の中京記念は異例の小倉千八の開催でしたが、終わってみれば最終週らしい差し馬場に近づいた感じでした。後半800m地点で前を捉える競馬になったので、ロングスパートを選択していた川田騎手は巧みな騎乗でした。

アンドラステは千六を舞台に活躍を重ねてきた馬ですが、前走からの距離の短縮にも陣営の巧さが感じられます。スタミナ切れはありませんでしたし、脚を溜めていた2頭を退け、堂々初重賞制覇をした価値あるレースと言えることでしょう。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。日頃のご愛顧に報えるように、また来週も走って参ります。

はしくれ

ご声援ありがとうございました
ありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です