マーメイドステークス2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週日曜はダブル重賞、阪神競馬場ではGⅢ、マーメイドステークス2021の発走が近づいています。

ハンデ差もあり天候によっても更に難解な状況下ですが、特別好調を感じた馬も今回の調教で見られました。

荒れる荒れると言いながらそれを当てるのは難しい一戦ですが、マーメイドステークス2021の調教診断を致します。

マーメイドステークス2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:アンドラステ

<栗東 CW 重 67.1-51.3-37.7-11.8 ほぼ馬なり>

今回1位に選出したのはアンドラステと致しました。

同馬は今回55kgのハンデが課されることになりましたが、それを見越しても馬券に入れたい一頭に変わりない存在です。前走のターコイズステークスはスマイルカナに敗れはしましたが、相手の土俵だった感もあってタイム差なしの2着は立派です。

同馬は1週前の追い切りも非常に迫力ある動きを見せ、栗東Cウッドを4ハロンで49秒6を出しました。この時点で馬体は完成してツヤもピカピカに見られましたから、この状態さえ維持されていれば十分だろうと思っていました。

それが今週最終追い切りで重馬場を51秒3から、ラスト11秒8を殆んど馬なりで計時する状況です。維持するよりも上昇を感じる仕上がりでトモもパンパンに張って、輸送も短い今回ですから必ず馬券には入れていきます。

調教2位:レッドベルディエス

<美浦 坂路 稍重 52.8-39.2-26.1-13.1 馬なり>

調教2位はレッドベルディエスです。

同馬は前走でGⅠ戦のヴィクトリアマイルにも出走して、目下の充実ぶりには目を引く今後が楽しみな晩成馬です。現在5歳を迎えていますがキャリアは僅か14戦であり、消耗が少ないことが同馬にとっては非常に良かったのでしょう。

今週の最終追い切り時には相手を煽るほどの走りながら、自身は終始馬なりで対処し、落ち着いて駆け抜けて行きました。タイムも52秒8を計時、稍重馬場であることを思えば、十分速い時計が出ていると判断できるタイムに思えます。

この調教からは末脚的に切れる印象はないところですが、追わなかっただけで実のところはレースで最速2回があります。その際はともにラスト3ハロン32秒台を計時ですし、余力のある調整内容から2位評価に推薦と致します。

調教3位:ホウオウエミーズ

<美浦 南W 稍重 67.8-52.7-38.7-12.5 馬なり>

最後はホウオウエミーズです。

同馬は前走で2勝クラスを勝ったばかりの馬にはなりますが、出走してくれば50kgでの軽ハンデの出走馬となります。これまでも度々波乱になった一戦でのこの軽ハンデですから、状態面が良いことを思えばプッシュしないわけにいかないでしょう。

そんな同馬は美浦南ウッドで稍重馬場のなか追われましたが、5ハロン67秒8からラスト12秒5を計時でした。4ハロンでは52秒7と加速しながらラップを刻みつつ、余力を感じる走りで手応え抜群の内容に映りました。

2000mはただの一度きり紫苑ステークスで11着と、見せ場を作れはしませんでしたが、前走不良馬場で勝っています。スタミナに問題なしと思われ、上がり最速も5回経験と、末脚も伸ばせるタイプですから好調教を終えたと見ています。

マーメイドステークス2021調教診断・おわりに

これは穴馬が上位評価です。当日の人気が気になりますね

のりしお

はしくれ

アンドラステは必ず入れるけど、他2頭も怖い存在だよね
そう言いながら内心楽しみでワクワクしているのではないですか?

のりしお

はしくれ

さすが助手だね、よく分かってるじゃん
まあ、これはいつものことですからね

のりしお

はしくれ

どんな結果が待っているだろうね…

*マーメイドステークス2021のパドックロードも配信致します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

またマーメイドステークス2021の関連記事はこちらから―

マーメイドステークス2021予想・本命はアンドラステ

マーメイドステークス2021・今週の期待馬体

マーメイドステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です