函館スプリントステークス2021結果&馬体診断・優勝はビアンフェ

洋芝。

京都の葵ステークス以来の勝利を重賞制覇で飾った、ビアンフェが逃げ切りを見せた函館スプリントステークス2021。

これで北海道の芝レースは3-1-0-0の大活躍で、洋芝巧者の力を見せつけ後続をインで完封しました。

カレンモエがスタート後に譲った展開も向いた一戦でしたが、函館スプリントステークス2021の結果を回顧しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

函館スプリントステークス2021着順

優勝馬ビアンフェ

2着馬カレンモエ

3着馬ミッキーブリランテ

函館スプリントステークス2021予想&予想結果

本命◎カレンモエ

対抗〇シゲルピンクルビー

単穴▲ビアンフェ

特注☆ミッキーブリランテ

買い目=馬連ボックス各100円、計600円。

予想結果=的中・馬連1010円

函館スプリントステークス2021予想・本命はカレンモエ

パドックロード配信結果

〇1着→◎2着→☆3着→▲9着でした

パドックロード(2021)6月度会員募集&前月度実績

本線ワンツーで3着以内独占となりました。おめでとうございます

のりしお

はしくれ

会員様の応援のおかげで…本当にいつもありがとうございます
予想時から得意レースにしているという告知もありました

のりしお

はしくれ

さすがに馬を見るまで分からないけど、カレンモエは良くできていた
馬券内率の高いコメント入り推奨馬での連対確保。どんなお気持ちですか?

のりしお

はしくれ

嬉しいよ。それに会員様にはいつでも良い予想を届けたいから
いよいよ運気上昇の気配

のりしお

はしくれ

復習がここに来て効いてきたね。少しでも良い結果を出したいよ

いよいよ上昇気配。新馬戦も配信好調

函館スプリントステークス2021結果・馬体診断

優勝馬ビアンフェ

まず優勝馬ビアンフェです。

同馬は今回も無駄肉がなく引き締まった馬体が光っていて、非常に薄い皮膚感も手伝い、よりピカピカに輝いていました。雄大な馬格を誇り胸前が非常に深いタイプでもあって、心肺能力の高いところがこの点からはっきり窺えます。

大型でありながら絞り切れる仕上げに問題の出ないタイプで、これには中竹調教師による調整の妙もあったことでしょう。同師はサートゥルナーリアを一時管理して結果を出してましたし、やはり好調に仕上げてきたなと感じられるパドックとなりました。

洋芝コースは4戦連続連対と得意にもしていますが、絞り切れたスタミナある馬体で持久戦には強いつくりでした。札幌の馬場は函館と比べ多少速いことも有りはしますが、外枠からのスタートもありつつ、強い内容だったと思います。

2着馬カレンモエ

2着馬はカレンモエです。

同馬は今回コメントを付けて配信と勝負の仕上げでしたが、それを決意させた要素としてはトモの張りが決め手にもなりました。元々胴が短い体型でいかにもスプリンタータイプですが、牝馬特有の柔らかさがあり、バネも感じさせる仕上がりでした。

まだ多少緩さも見られるものの、以前より更に無駄がなくなって、非常にシャープで素軽い馬体で一目見て気に入る仕上がりでした。また決め手としたトモの張りですが、これまでよりも大きくなっていて、特に外側の輪郭が更にしっかりしてきたように思います。

中央にかけて張りが盛り上がる牝馬の好仕上げにありましたし、このトモの充実がある限りは、そう凡走することはないでしょう。あとは前肢にかけての胸前や肩がボリュームアップしてくるなら、更にスピードの持続性能を高めることが可能な馬でしょう。トモの張りから分かること

3着馬ミッキーブリランテ

3着馬はミッキーブリランテです。

同馬は前走京王杯スプリングカップでは4着でしたが、和田騎手が騎乗している通りに状態の良い仕上げにありました。今回は珍しくデータともに選出馬が同じとなりましたが、それだけ迷いなく選出できる好仕上がりにあったと思います。

特に外側のトモが張っていて全体的な輪郭がしっかり、パワフルで今までよりも短距離向きの馬体に仕上がっていました。一時の不調から抜け出してきて完全に復活した感があり、今後もこれを継続できるなら怖い存在になってきそうです。

胸前がふっくらと充実して心肺能力の高いタイプで、スピードの限界値が試されるこの手のレースは得意な馬です。洋芝も問題がないタイプで±0の馬体重的にも、平行線以上が望めるなら次走は前進もあることでしょう。

やはり開幕週の馬場も展開に影響したと思われますが

のりしお

はしくれ

お、詳しいね。カレンモエはスタート良かったけど譲った分が出た感じだね。この点は枠の差かな
ビアンフェは序盤が速いですよね。インが取り切れたのも大きいです

のりしお

はしくれ

藤岡騎手はNHKマイルカップから立ち直れた感じだよね。こちらも一緒に上昇したいね

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。会員様のあたたかいお気持ちに心より感謝申し上げます。

函館スプリントステークス2021結果・回顧

レース動画


レース後の感想

本命のカレンモエはスタートがやはり速いなという出方をして、一頭ポンと出ましたがさすがにビアンフェには譲る展開でした。これは鮫島騎手にとってみてもかなりやりづらい枠だったはずで、好スタートが活かしにくいことが残念な一戦に思えました。

とはいえそれでも2着に粘った味の有る走りは好感ですし、開幕週の札幌の馬場なら粘り切れると信じてもいました。中団以降から差してきたのがミッキーブリランテでありましたが、ラスト12秒3のラップから洋芝の重たさも感じました。

一見前が止まらない馬場でのスピード比べのように見えますが、タフな展開で前で凌ぎ切る強い競馬を勝ち馬はしました。このあたり前走中山に出て坂で苦労したことも追い風で、最後まで粘り抜くしぶとさにも繋がったのではと思っています。

いきなりから好レースでした。札幌はこれからも楽しみです

のりしお

はしくれ

また来年も狙っていきたい

騎手のコメント

1着藤岡祐介騎手・・・「今までで一番と言っていいほど落ち着いてゲートに入れたので、いい雰囲気だなと感じてました。2歳の時から素晴らしいスピードを見せてくれていたんですけど、気持ちと体が噛み合わないこともあって、厩舎や牧場の方が一生懸命やってくれて、やっといい形になったと思います。一歩目がそこまで速い馬ではないので外枠が欲しいなと思っていましたし、理想的な逃げができたんじゃないかなと思います。速いペースで行って、全馬苦しくなるところで粘りが利くのがこの馬の良いところなので、迫られるところまでは何とか粘ってほしいなという気持ちで追っていました」

2着鮫島克駿騎手・・・「大外枠からの競馬で難しかったです。スタートセンス良く二の脚でいい位置に付けられましたが、ペースが速かったですね。仕掛けのタイミングを考えながら乗りましたし、もう少しだったんですが…。結果を出さなければならない立場で負けてしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいです。」

3着和田竜二騎手・・・「もう少しでした。周りも速く流れも速かったのですが、洋芝の乗り味も良く、具合も良かったです。エンジンのかかりは遅かったんですが、慣れれば1200mも大丈夫だと思います

函館スプリントステークス2021結果データ

勝ちタイム=1分7秒6(良)

前半600m通過=32秒8

ペース=ハイペース(2秒0差・600m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=34秒8

レース上がり3ハロン=34秒8

4角通過順=1→3→9番手

おわりに

当レースは短距離戦ですから前が速いのは当たり前ですが、前後半差2秒ありましたし、ラストも12秒3と出ました。かなり追走力が問われてくる展開で開幕週でなければ、インを凌ぎ切ることは相当に難しかったのではと思います。

このあたりは洋芝の適性も多少なり問われたところでしたし、スピードの持続力勝負となり、ビアンフェには向いた展開でした。差してきたミッキーブリランテには和田騎手のコメントもありましたが、この距離に慣れてくれば上昇が期待できる走りだと思います。

これからどのようにインの芝生が変わってくるかに注目しながら、また予想を公開する際には精査して参りたいと思います。3着以内独占の結果も、これからもご覧いただけるように、ブログ・パドック共に安定した結果が出せるように取り組みます。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。上位独占を目指して今後も精進していきたいと思います。

はしくれ

ご声援ありがとうございました
これからもよろしくお願い申し上げます

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です