新潟大賞典2021予想・本命はポタジェ

好メンバー。

GⅠ開催日の新潟では古馬による中距離重賞である、新潟大賞典2021の発走が近づいています。

金鯱賞3着から参戦のポタジェや小倉大賞典2着、ボッケリーニらの出走もあってメンバーレベルはかなり高いです。

今の新潟はインが荒れ馬場で避けて通る競馬が見られますが、その点も加味した予想をどうぞ、ごゆっくりご覧になって下さい。

はしくれ

安定株のポタジェを本命視
馬券外は一度もありません

のりしお

新潟大賞典2021予想・印&買い目

本命◎ポタジェ

対抗〇サトノエルドール

単穴▲ボッケリーニ

特注☆ダノンマジェスティ

買い目=馬連ボックス各100円、計600円。

*NHKマイルカップ2021の予想はNHKマイルカップ2021予想・本命はバスラットレオン

*高松宮記念・大阪杯・桜花賞・皐月賞・天皇賞春◎本命全馬券内

新潟大賞典2021予想

本命◎ポタジェ

本命◎はポタジェです。

今回の新潟大賞典の予想の際にまず気をつけたのは、道中あまりロスなく回りつつ、最後も進路があるかどうかです。例年このレースは内目を避け馬場の真ん中を使う展開で、この場所をいち早く確保できて伸び切れる馬に勝機があります。

このため展開的にその場所を取れそうな脚質や位置取りから、前に壁をつくりつつ抜け出せる同馬が本命に浮上しました。昨年はインも活きていましたが、今年は例年以上に芝生が、荒れ気味で多少けば立ったような見た目になっている箇所もあります。

こうなると内枠馬は先行をする以外位置が悪くなりやすく、差し脚を活かしたくてもかなりの切れ味を削がれると思われます。その点同馬の引いた外枠の10番枠は適度な枠ですし、内に先行馬が少ないために楽に位置も取れるポジションでしょう。

冒頭で伝えたようにこれまで馬券外に飛んだことも皆無で、鞍上も乗れている騎手でもある西村淳也騎手が騎乗します。距離実績も抜群でコースも左回りが得意な馬ですし、56kgというハンデからも初タイトルは近いと思います。

対抗〇サトノエルドール

対抗〇にはサトノエルドールです。

同馬は週中コラムで調教3位に指名した馬なのですが、前走の美浦ステークスを勝って今回の重賞に進みました。昨年は休み明けの初戦から調子を崩している素振りを見せ、半年の休み明けを挟んでも状態は上がってきませんでした。

そんな状態面にある同馬が今年こそはと前走で走ると、4コーナー先頭から馬場の3分どころを伸びて押し切りました。この勝利には昨年とは違う手応えをはっきり感じましたし、機動力と末脚の確かさを遺憾なく発揮した勝利でした。

元々この昨年の不調さえ考慮しなければかなりエリートで、デビューから13戦連続で3着を外していない馬です。馬を再起させじっくり育てる国枝厩舎所属の馬ですし、今回の追い切りではウッドでの馬なり好タイムも見られました。新潟大賞典2021調教診断・上位3頭を選出

近年のこのレースのトレンドに「前走勝ち」というのもありますし、3勝クラス卒業の直後も、2000m勝ちは大きいです。菅原騎手もリーディング上位で先週まで21勝ですし、ハンデ54kgの軽量を活かせば一発も有り得るでしょう。

単穴▲ボッケリーニ

単穴▲はボッケリーニです。

同馬は今回単穴評価と印上では3番手評価も、前走で小倉大賞典を僅差2着と実績ある馬です。2走前中日新聞杯で重賞初制覇を遂げましたが、掲示板外も僅かに一度と高い水準を維持してきました。

こうした結果が出るのは同馬の地力が高いことを語っていて、特に中距離は10戦5勝と勝率5割を記録しています。長い直線の新潟で生きる末脚の魅力もさることながら、使い減りもせず3戦連続上がり最速を計時しています。

この上がり最速の計時自体当コースでは有利なものですが、今回もスローペース濃厚で同馬の切れ味は武器になります。トップハンデ57kgという斤量は致し方ありませんが、少なくとも前走と同斤で末脚が鈍ることはないでしょう。新潟大賞典2021過去10年の傾向とイチオシ

吉田隼人騎手も現在5位とリーディング上位に入りますから、今回の新コンビの結成は今後を見据えていると思います。最内枠で包まれる不安が若干あることも否めませんが、実績馬が強い傾向からも3番手には据えておきたいです。

特注☆ダノンマジェスティ

特注☆はダノンマジェスティです。

同馬は前走の但馬ステークスを完勝しての参戦ですが、この時の2着馬ムジカはその後、福島牝馬ステークスを5着。下した相手が牝馬限定の重賞とはいえ好走を見せて、更に勝利の価値が高いものになったことは言うまでもありません。

同馬は現在6歳を迎えその馬体も完成していますが、体質的に強くないタイプでキャリア8戦と少ない馬です。それでも3勝クラス勝利後にいきなり印を打てる背景が、前走の他に3走前での2着惜敗にも見受けられます。

ここには今回本命に推したポタジェも出走していたレースで、勝利こそ相手に譲りましたが、僅かクビ差の着差となりました。それも同馬が5歳馬であるためハンデが2kg差あったことからも、単純な力負けとは言えない競馬であったことが窺えます。

距離も今回と同じ距離である2000mで安定しており、一時的な雨予報も見られる天気からも気になる存在です。稍重馬場では2戦2勝とし、長く追える和田騎手の鞍上で、一雨降れば更に上昇する可能性も高い存在でしょう。

新潟大賞典2021買い目

天気が変わりやすい季節ですが、当日は雨の予報も出ており、予想時点ではこの状況から軸は立てにくいところと言えます。

馬場の良いところを走れることがとにかく鍵になる一戦なので、総合力の高い4頭での馬連ボックスを買っていきます。

過去の予想結果

またこちらからは新潟大賞典の過去の結果を掲載して参ります。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬トーセンスーリヤ

過去記事なし

2019年優勝馬メールドグラース

過去記事なし

2018年優勝馬スズカデヴィアス

過去記事なし

2017年優勝馬サンデーウィザード

2017NHKマイルカップ&新潟大賞典予想結果

新潟大賞典2021当日のパドック予想

はしくれさんは今年芝GⅠ本命馬が全て馬券内です

のりしお

〇1着→◎2着→☆12着→▲17着

〇1着→◎3着→▲4着→☆5着

◎1着→☆2着→▲14着→〇18着

◎1着→〇4着→☆8着→▲15着

◎2着→☆3着→〇4着→▲5着

はしくれ

頑張って記録を伸ばしたい
GⅡの青葉賞でもワンツー。GⅠ戦とはどう違いますか?

のりしお

〇1着→◎2着→☆7着→▲8着

はしくれ

見方は基本的に変わらないよ。ただ特徴的な馬が増える
それはどんな馬体の馬でしょうか

のりしお

はしくれ

コース適性重視の仕上げかな。腹袋が目立つ馬体だったり、選択と「引き出し」が求められる
つまりクリーニングと収納だと

のりしお

はしくれ

「洗濯」と「タンス」って言いたいのね…

新潟大賞典2021は5月9日(日曜日)、新潟競馬場第11レース15時20分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です