フローラステークス2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

日曜日はフローラステークス2021が行われますが、3歳牝馬限定のレースで調子は特に気になるところです。

キャリアがまだ浅い馬たちによるレース開催となっていますから、好調教を積んだ馬は特に注目が集まる追い切りでしょう。

好天の続く調教馬場では好内容の馬も見られますが、フローラステークス2021の調教診断を致します。

フローラステークス2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ユーバーレーベン

<美浦 坂路 良 52.6-38.5-25.2-12.6 やや強め>

今回1位に選出したのはユーバーレーベンと致しました。

同馬は週中のコラム2回で傾向と期待馬体で取り上げ、調教も1位に輝いたのは非常に稀な事態となりました。もちろん今回は最有力の一頭であるのは間違いがなく、注目度が高い追い切りですが、スピード感あふれる走りでした。

馬場の真ん中を駆けて4ハロン52秒6は優秀ですし、坂路で末も12秒6ならラップも落ちず速いフィニッシュです。無駄な動きをせず馬体的にも毛ヅヤがよく張りも見られるために、持ち前のボリューム感が併せ馬の状態からでもうかがえます。

走法・時計・馬体そして内容、どれをとっても高次元ですから、追い切りは合格点で十分本番も期待が抱けるでしょう。やや強めに追ったこともおそらく疲労に繋がることはないですし、実力発揮に支障なしと見て、調教1位に選出します。

調教2位:パープルレディー

<美浦 南W 良 66.9-52.0-37.8-12.2 ほぼ馬なり>

調教2位はパープルレディーです。

同馬は良馬場の南ウッドを左回りで追い切られましたが、ほとんど攻められる場面を見せず、坦々とフィニッシュを果たしました。状態はかなり良好と見られキビキビした動きにありましたし、トモの張りもよく馬体面からも上昇を感じられるところです。

デビューから一度も馬券外なし、東京で2連勝中なことも、全く疑ない素質があり最後もぐいと一伸びしています。それが分かるラスト1ハロンでの12秒2という時計も見られ、折り合いや切れ味に問題なくレースに臨むことができそうです。

多くの馬が距離が延長され不安点を抱えるなかにあって、同馬は既に前走オークスと同距離で勝利を飾っています。距離短縮でペースが上がっても切れ味ある末脚を出せそうで、3連勝への期待も膨らむ調教内容だと思いました。

調教3位:アンフィニドール

<栗東 坂路 良 53.6-38.4-24.5-12.2 強め>

最後は強めの追い切りを見せたアンフィニドールを指名致します。

同馬は映像では途中からの動画配信となっていましたが、手綱をしごかれ全体時計は53秒6の計時でした。矢作調教師は時計を出して馬を作ってくるタイプですから、重賞前に遠征を入れても追うべきと判断をしたのでしょう。

そこで注目したのが1ハロン12秒2を計時したラストで、ずっと追われながら最後もダレずしっかり走り抜けた内容です。加速ラップを刻むことができて直線の長い東京に臨む、直前の調教として十分、勝負が想像できる走りです。

内容や時計的には重賞・ニュージーランドトフィーを制した、バスラットレオンよりも上ですし比較から期待も持てる馬です。キャリアが浅く未勝利戦勝利後いきなりの重賞となるのですが、高い素質がうかがえる走りは3位選出に相応しいでしょう。

フローラステークス2021調教診断・おわりに

毎度有料化を検討しつつ公開中の当コラムでしたが、パドックロード会員様向けにもう1レース公開します。GⅢ福島牝馬ステークスを配信させていただきますので、ご登録された方は診断をぜひ改めてご確認下さい。

上記画像は先週配信のアンタレスステークスのものですが、1・3位に選出した2頭が馬券内に好走を見せました。2番人気→6番人気となりワイドも1010円の配当で、会員様の楽しみに貢献できていれば嬉しい限りです。

フローラステークスも今ご覧のあなたに幸運がありますように、パドックロードも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

*フローラステークス2021関連記事は

フローラステークス2021予想・本命はユーバーレーベン

フローラステークス2021・今週の期待馬体

フローラステークス2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です