日経賞2021予想・本命はカレンブーケドール

傾向。

今週土曜日は中山競馬場で日経賞が開催され、春の天皇賞へ向け試金石となる顔ぶれが揃っています。中でも人気のカレンブーケドールはこの大一番へ向かうかは、分からないところではあるのですが実績上位に違いありません。

しかし日経賞の傾向では過去10年では牝馬は不振で、マリアライトの3着がやっとと牡馬の高い壁を感じさせます。それでも有馬記念最先着からカレンブーケドール本命で、予想を展開していきますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

それでは早速まずは予想印と買い目から公開をしましょう。

日経賞2021予想・印&買い目

本命◎カレンブーケドール

対抗〇オセアグレイト

単穴▲ダンビュライト

特注☆ジャコマル

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

先週GⅢファルコンステークス3着以内独占

相馬師はしくれのオリジナルコンテンツ・パドック速報パドックロードは―

パドックロード(2021)3月度会員募集

日経賞2021予想

本命◎カレンブーケドール

本命◎はカレンブーケドールです。

同馬は前日オッズで前売り1番人気に推されているほど、牝馬としてだけではない実績をこれまでにも積み上げてきました。先行してしぶとく脚を伸ばしスタミナも豊富で息が上がらず、後続各馬には捉まえにくい優等生タイプと言えるでしょう。

そんな同馬は2走前にはあの伝説のジャパンカップを4着、有馬記念で5着に入るなど上位の力を見せつけています。好メンバーの中でも見劣らず実力をしっかり出せるところは、牝馬の枠に収まらぬ力で十分優勝も狙えるでしょう。馬体の見方を伝説のジャパンカップ出走馬から解説

しかし今回データ面を見ると牝馬が不振な一戦でもあり、休み明けは勝ち星がないなどの不安点も見つかってしまいます。鞍上も好調騎手の一人の松山弘平騎手は良いですが、乗り替わり自体はあまり良いとは言えないのが事実でもありましょう。

とはいえ同馬は調教の際も3位評価できるくらいに動き、上昇を感じられる仕上がりで出てくるのではと期待が持てます。また人気を2分する形となるワールドプレミアとの比較からも、ハンデが前走時より1kg軽くなる点も良い状況でしょう。日経賞2021調教診断・上位3頭を選出

展開的にもスローメンバーでジャコマル以外は控えそうなので、好位で立ち回れることに加え、中枠がプラスに出てきそうです。今の中山は内は荒れていて走りにくいと思うところですし、実際傾向的にも内目の枠だと苦戦傾向にあります。

牝馬であることが傾向的にいかにマイナスポイントと言っても、そういったジンクスはいつの日にか打ち破られるのもまた競馬です。有馬記念からのローテも吉で、5番手以内で末脚も伸びる、実績馬カレンブーケドールなら本命に相応しいところでしょう。

対抗〇オセアグレイト

対抗〇にはオセアグレイトです。

同馬はカレンブーケドールに似て有馬記念からのローテーションで、過去傾向からも最有力なステップでここに参戦しました。昨年は中盤活躍できず一時の勢いが翳りましたが、ステイヤーズステークス優勝であっさりと巻き返して見せました。日経賞2021過去10年の傾向とイチオシ

このステイヤーズステークスこそは日本最長距離の芝レースで、中山競馬場を2週もする特殊な一戦で知られています。そこで優勝を果たしただけでも十分旬を感じるものですが、更に同馬は上がり3ハロンで最速を計時して走りました。

最もスタミナを使うレースで3番手を常に進む競馬で、最後も上がり最速となっては後続はひとたまりもありません。この一戦から有馬記念への参戦は納得ができましたが、さすがに超一流を相手に好走はいきなりなりませんでした。

とはいえ5着カレンブーケドールとの着差は僅かコンマ3秒、敗れたとはいえ背中はしっかり捉えられるところに見えたのです。こういう手応えを掴んだことは同馬の鞍上が天才騎手の、横山典弘騎手であることでより価値が出てくると思われます。

少なくとも今回の一戦は勝負になると踏んでいるでしょうし、そうなるとどんな大胆騎乗が炸裂してくるかが分かりません。長距離戦が得意な騎手ですし有力馬が乗り替わりの今なら、絆の力で実績の分は差が埋められるのではと思います。

近10年で4角5番手以内は勝率9割を記録し、スローで一脚使えることからかなり上位も有り得るところです。そのうえ調教も動き自体はかなり好調に思いましたから、スタミナを活かしきれれば他馬にはできない走りも描けるでしょう。

既にGⅡ馬である実績や、超一流馬と対戦したこと、スタミナがあって好位抜け出しに速い上りの脚が使えること。これに横山騎手の操作力と人馬の絆が噛み合って来れば、一発大駆けも現実的な狙いとなっておかしくないでしょう。

単穴▲ダンビュライト

単穴▲はダンビュライトです。

同馬は今週調教評価で1位に指名した実績馬ですが、実際好調教の内容はリンクする結果が得られています。それが前走の京都記念での3着からも明らかなのですが、同馬は今週も追い切りがよく、坂路で51秒8でした。

こういう時計を数字だけ見ると中身がよく分からないものですが、同馬は馬なりで走破しており好調は間違いが無さそうです。同馬自身がやる気になっており馬体も特に減って見えないので、輸送さえ上手くクリアしてくれば勝利も得られる位置にいるでしょう。

また同馬は中山競馬場で1-0-3-1としてきましたが、その全てが重賞という点もまた見逃せないことと言えましょう。特にAJCCの際には優勝時はスローを立ち回って、馬体の良さをしっかり活かしきり2馬身差後続を離しました。

既に3年前の記録となり懐かしさもある一戦でしたが、このときは◎1着→〇2着→▲3着とパーフェクトな配信となりました。先の京都記念時は上昇を期待できる仕上がりにあったので、今回はより仕上がってくるかとこの点も期待ができる馬です。

そして同馬は松若騎手であり、デビュー戦も手綱をとった騎手で、ここのところ再びコンビを組み上昇の糸口を再度掴みました。一時は天皇賞秋を除外、気難しい面が強く出るなど陣営も苦労を重ねながらの再上昇は素晴らしいものです。

元々好位で立ち回りがよくペースが上がっても粘れる馬で、思いの外ペースが早まっても対応できる点も魅力でしょう。そこにつけて今回は外枠の12番は位置が取りやすいため、荒れた内を避けられることからも競馬を有利に運べそうです。

人馬が作り上げたチャンスのなか松若騎手も上昇のチャンスで、調教も良く前走もきちんと重賞で馬券内に来ています。京都記念は阪神開催で坂があることも追い風でしたし、4角5番手の競馬を見せてもう一丁に注目しています。

特注☆ジャコマル

特注☆はジャコマルです。

同馬は今回唯一逃げでの出走が予定される馬ですが、金曜時点では単勝オッズ13番人気の穴馬です。ここ2戦では重賞を使って連続7着の成績からも、伏兵評価なのは確かですが、やはりこの脚質は警戒です。

元々競馬は前に馬を置き追いかける方が走りやすいため、逃げ馬は不利になりやすいですが粘り込みやすいレースもあります。それが単騎逃げが約束されたスロー展開がまずひとつですし、今回同馬はその展開利が見込める状況だと思われます。

そして二つ目が逃げを打つ馬があまり人気を背負ってない事実で、人気馬が逃げる展開よりかは当然マークも薄くなるのです。この2点が今回揃っている同馬は単純な展開利から、まさかの逃げ切りという結末も全くないとは言い切れません。

また同馬の戦績を紐解くと3走前同コースを勝利し、舞台適性は証明しており既にこれだけでも要注意です。そして連続で7着している重賞での敗戦結果にしろ、初の古馬重賞と6ハロンの距離延長が敗因と言えます。

2歳戦で勝っていることからも、元々素質が高かった馬で、晩成傾向でここのところは馬体面も充実してきました。ネコパンチが勝ったレースでもありジャコマルというネーミング的にも、親しみやすい共通項があり逃げも類似していて不思議です。

こういった偶然の一致からも予想の面白さがあるところで、騎手も関東の田中勝春騎手が連続騎乗となっています。調教は一杯に追われながらそう速い時計ではありませんが、気配がないことが逆に怖いと感じて最後に抜擢します。

買い目

こちらは先週的中しているフラワーカップでの馬券なのですが、日経賞2021でも同様にワイドボックスにします。先々週中山牝馬ステークスでもお世話になった馬券種で、3週連続を目指しここでも同様に買いたいと思います。ワイド馬券は難しい?儲からない?

ただでさえ混戦ムードのなかで更に穴馬を選びましたから、的中すれば組み合わせ次第で十分な配当になりそうです。実力馬だらけの一戦なので見るだけでも楽しいところですが、予想した以上は当ブログでは常に買っていきたいと思います。

過去の予想結果

またこちらからは日経賞の過去の結果を掲載して参ります。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬ミッキースワロー

過去記事なし

2019年優勝馬メイショウテッコン

過去記事なし

2018年優勝馬ガンコ

優勝馬はガンコ!日経賞2018結果

当日のパドック予想

今月最終週の配信に突入したパドックロードですが、創設以来毎月新規会員様にご加入いただいています。先週ファルコンステークスでは3着以内独占を果たしてハイレベルな一戦でも変わらず安定した結果を挙げています。

☆1着→◎2着→〇3着→▲12

今週も4重賞開催で非常に楽しみが広がりますが、はしくれの最大の武器でもある相馬眼にもご注目下さい。

これまでも同業を騙る人やパドックは無意味だという人など、様々な妨害を受けましたがはしくれは決して挫けはしません。パドックこそ予想家の技ですし競馬の華の一つなのであって、脅威だからこそやめさせようとする人たちに抵抗してきました。

その甲斐あって配信の最中に本命◎の選出馬が、重賞で8連勝をするなど結果をきちんと残してもいます。こういう結果が挙げられたことははしくれをご支持下さっている、会員の皆様のあたたかな思いに応えようとすればこそです。

当ブログは数ある競馬ブログのなかでも異質な存在ですし、それははしくれがプロの予想家で尚且つ相馬眼があるからです。プロの看板とその自負を背負い公言して結果を出し続ける。プロであれば普通のはずのことができているブログは少数でしょう。

パドックだけで予想ができるのは、はしくれにとっては当たり前です。そしてそういった武器がないならば予想家としては厳しいでしょう。もちろん時には良績が出せず悲しみに暮れることもありますが、はしくれは更に相馬を磨いて次の感動を求めていきます。

日経賞2021は3月27日(土曜日)、中山競馬場第11レース15時45分発走予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です