パドック党の願い

 

こんにちは、パドック狂です。

 

このところコロナウイルスによって

無観客競馬が続いていますが

このために長らくパドック党は

モニター観戦のみの競馬です。

 

ライヴ観戦が不可能なために

モニターの経験値が増えますが

その取り組みの中でいくつかの

気になる点を感じてもいます。

 

もっとモニターの中継自体が

こうあってくれたら嬉しいのに・・・

と中央競馬中継に対する

パドック党の願いがあります。

 

今回はそれらの願いをまとめ

関係者の方たちに届くよう

コラムを執筆しましたので

どうぞごゆっくりご覧ください。

 

☆有料中継に期待すること

 

地方競馬中継の提供を

無料でしている楽天競馬は

パドック映像も無料で見られ

じっくりと取り組むことができます。

パドックを見たい方、鍛えたい方の強い味方

 

それに対し中央競馬では

パドックは基本的に有料で

グリーンチャンネルへの加入が

ほとんど必須といえる状態です。

 

このグリーンチャンネルの中継は

全レース中継の1チャンネルと

パドック中継の2チャンネルから

構成されている中継です。

 

ですがこの2チャンネル態勢すら

3場開催のとき限定で

2場開催となると途端に

全レース中継のみになります。

 

有料放送は構いませんが

開催場が少なくなることで

パドック中継をしなくなるのは

非常に残念に思っています。

 

はしくれのようにパドック党なら

それを見るために契約をして

少しでも長い時間パドックを

眺めていたいと思うところです。

 

楽天競馬は無料放送で

パドックも何周か見られますし

グリーンチャンネルは有料なので

常時2チャンネルにしてほしいところです。

 

 

☆中継時間が短い

 

またこのパドック中継を見ると

中継の時間自体が短く

ほとんど意図的に周回数を

削っているようにも感じます。

 

それが顕著なのは調教などの

パドックとは無関係な動画を

周回時間に流すことからも

疑問を感じずにはいられません。

 

調教も前レースの映像も

パドック党には無意味ですから

その時間を全て周回中の

馬体にあててほしいところです。

 

とくに昼休み後の新馬戦では

発走時間が20分前を

切ってから放送したりしていて

周回数が減少しています。

 

事実2020年7月11・12日は

函館5レースを全レース中継で11時53分から放映し

発走時間12時10分に対し

馬券検討時間が少なすぎました。

(パドックチャンネルは更にその後)

 

ライヴ観戦時は発走前の

30分前から見られますし

発走15分前と言ったら

もう騎手が騎乗する時間です。

 

これだと馬券の検討時間が

ライヴよりずっと少ないですから

少しでも時間が増えるような

配信を心がけてほしいです。

(それともパドック馬券が脅威で敢えての方針なのかもしれませんが・・・)

 

パドックチャンネルと銘打つなら

これくらいはお願いしたいですし

少しでも馬体を映し出すよう

意識して取り組んでほしいです。

 

 

☆中継角度を考えてほしい

 

パドック映像を映し出すとき

もうひとつ気になっているところは

角度が悪く馬体の全体が

映っていない馬がいることです。

 

斜め後ろからの画像からでは

非常に判断が難しい上

2周目以降も同じ角度での

確認しかできなかったりもします。

 

そうなると馬券を買う意識すら

冷めてしまうことすらもありますし

せっかくの有料のサービスの

恩恵を受けることができません。

 

画像は確認ができない限り

まったく意味をなさないものですし

この点はカメラワークマニュアルに

取り組んでほしいと思っています。

 

特に福島競馬場の最奥や

新潟競馬場の最奥など

非常に見えづらい競馬場での

中継の改善を切に願います。

 

これについては見づらいところから

対象馬が出るのを待つだけで

すぐに取り組めるはずの点ですし

早急に改善してほしいです。

 

 

☆何かにつけ削られるパドック

 

先述のとおり調教動画や

前走動画はパドックには不要で

パドックチャンネルを売りにするなら

パドックだけをやってほしいです。

 

騎手の騎乗周が映ることから

映像は撮っているはずですから

ただひたすらにパドックの馬体を

映し続けてほしいところです。

 

また全レース中継のときでも

審議が長引いている時などや

写真判定も結果が出るまで

引き延ばさずパドックを見たいです。

 

審議画像をいくら映されても

ファンは裁決に加われませんし

画面を小さくする行為なども

やめてもらいたいと思っています。

 

また単複のオッズならまだしも

連馬券のオッズなども出ますし

これらも全然意味ないですから

かえって不親切だと思います。

 

パドックの周回に敢えて挟む

構成もやめてもらいたいですし

とにかく周回数を少しでも

確保してくれることを願います。

 

 

☆施設面での願い

 

ここまではグリーンチャンネル中継の

動画配信の問題について

改善の要望を述べましたが

願いはそれだけではありません。

 

パドック中継を見るにあたって

「これじゃ馬体が見えない」

というのは

これまでも触れてはきたことですが

特に夏のミストが問題です。

パドックに異変が!?

 

これは番組制作でなんとか

することのできないところですから

競馬場を改修するときには

ぜひ検討していただきたい点です。

 

パドックで周回する人馬には

もちろん優しくしてほしいですが

パドックを全天候ドームにし

冷房をつけてほしいところです。

 

そもそもパドックには屋根すらなく

なぜ雨風にさらされているのか

よく分からないという疑問もあり

一考の余地はあると思います。

 

なるべく一定の視点で見られ

横の比較がきっちりできるよう

パドックの設備面の改善も

行ってくれたらと願います。

 

☆最後にパドック党からの一案

 

また最後になりますが前述の

施設面の改修をやらないとしても

中継の質を上げる方法が

まだあるのではないかと思います。

 

それは馬体が最も良く見える

順光での正面からカメラを

定点観測でカメラを据えて

映し出していくという方法です。

 

これならライヴで観戦している

パドックのときと近い状態で

ミストも画面に映るところだけ

噴霧しなければよい話です。

 

一頭一頭を追いかけながら

映し出す方法が取れないので

画面を引く距離がポイントですが

具体策になり得ると思います。

 

まして定点カメラを据えるなら

カメラマンも必要ありませんし

メンテナンスさえ怠らなければ

安定した中継が可能でしょう。

 

ということで・・・

 

今回は一パドック党として

より競馬を楽しんでいくために

切に願ってきた点をはっきり

まとめて述べることに致しました。

 

敢えてこの場を借りて言ったのには

同じような気持ちを抱いている

パドック党の方が少なからず

いるのではないかと思うからです。

 

メディアを使って口にしなければ

どうしても声が個人的になり

これらの改善点に対しての

願いが届きにくいと思います。

 

そこでパドック配信をしている

プロの予想家でもある立場から

これらの声を発信することで

願いが届いたらと思います。

 

パドック馬券が武器になるのは

相馬眼を持つ人間が新馬戦をやるとどうなるか

で先日も述べた通りですが

それだけ予想の役に立つため

切に願っているところです。

 

またこの先日のコラムの後に

パドック予想した七夕賞でも

3着以内独占を果たして

パドックの力を示しています。

七夕賞2020結果・優勝馬はクレッシェンドラヴ

 

パドック中継がちゃんと映れば

予想の精度も上がりますから

競馬ファンを開拓するためにも

ぜひ行動していただきたいです。

 

ああいつかパドックばかりどっぷり

何周も見られる中継になり

パドック動画に浸り切りながら

馬券の検討をしたいものです・・・

 

どうか様々な改革の前に

はしくれのようなパドック党にも

楽しみが大きく膨らむような

施策を願いたいと思います。

 

*コラム画像は冒頭画像以外グリーンチャンネル中継のキャプチャです。

 

*「パドック狂」はしくれの配信は

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

モニターでも活きる、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です