ラジオNIKKEI賞2020予想・本命はグレイトオーサー

 

定石。

 

毎年ラジオNIKKEI賞では

好位から鋭く脚を伸ばして

馬場の3分どころを走り抜けて

優勝する馬が見受けられます。

 

福島は今週から開幕で

馬場状態は良いと思いますが

降雨予報で馬場が渋りそうで

この点も考慮したいところです。

 

そこで差し脚があって抜け出せる

グレイトオーサーを選びましたが

まずは予想印と買い目から

ご覧いただきたいと思います。

 

<ラジオNIKKEI賞2020予想・印&買い目>

本命◎・・・グレイトオーサー

対抗〇・・・パラスアテナ

単穴▲・・・パンサラッサ

特注☆・・・ディープキング

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

本命◎はグレイトオーサーです。

 

同馬はこれまで2戦2勝と

全く底を見せていませんが

デビュー戦は差し切り勝ちを収め

2戦目は逃げ切って勝ちました。

 

鞍上にはレーン騎手が騎乗で

この点も頼もしいところですが

同騎手が3戦連続で乗る

相棒も珍しいところです。

 

コンビとしての経験に加えて

名手が育ててきたということが

例年の定石にも合いそうな

脚質的にも脅威となります。

 

堀調教師は2頭出しとなり

前に僚馬を置いてきそうなので

進路取りの融通も踏まえると

本気度が高いのも同馬でしょう。

 

対抗〇にはパラスアテナです。

 

同馬は2走前に福島での

勝利実績が光っていますが

このときは稍重で着差をつけ

適性の高さが窺えました。

 

武騎手も乗り味が良いと言って

メディアでも取り上げられていますし

位置取りが後ろになりそうですが

差し足も鋭く追い込むでしょう。

 

また馬場が思ったよりも乾いて

時計が速くなることがあっても

前走時計が優秀ですから

この面でも不安が少ないです。

 

ハンデ戦で52kgと軽く

芝のレースでは2戦2勝で

28年振りの牝馬による

優勝の可能性もあるでしょう。

 

単穴▲はパンサラッサです。

 

同馬は逃げ脚質で前走も

後続を離して走りましたが

最後も特別追われることなく

バテずに優勝を果たしました。

 

行きっぷりが良く見えるために

後続がやや抑えて進みましたが

今回も主導権争いでは

先手を主張すると思われます。

 

こうなると前走時と同様に

後続が思ったより食いつかず

マイペースに持ち込んで直線で

後続を離す予想もできます。

 

福島は直線が短いため

こうなると粘り込みもありますし

三浦騎手はしぶとく残せるので

成長分も含めて期待です。

 

特注☆にはディープキングです。

 

同馬の父はディープインパクトで

言わずと知れた名種牡馬でしたが

昨年亡くなってからも産駒の

大活躍は変わりありません。

 

このラジオNIKKEI賞の過去にも

10年で優勝馬が4頭と

舞台適性の高い血統と

言って問題のないところでしょう。

 

更に同馬は前走で逃げ馬

パンサラッサに逃げられましたが

3着馬を7馬身振り切って

ただ一頭追いすがっていました。

 

過去10年で2勝を挙げている

戸崎騎手で勝負気配ですから

インを捌いてロスなく回れれば

あっと言わせるチャンスもあるでしょう。

 

買い目はハンデ差が示す通りに

実力拮抗の様相のため

ワイドボックスで的中を目指し

レースを楽しみたいと思います。

 

ラジオNIKKEI賞2020は

7月5日(日曜日)

福島競馬場第11レース

15時45分発走予定です。

 

*7月開幕。パドック予想は

パドックロード(2020)7月度会員募集中!

また、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です