函館スプリントステークス2020結果・優勝馬はダイアトニック

 

1勝目。

 

高松宮記念3着から

武豊騎手に手綱を託すことで

見事初のスプリント重賞を

制覇したダイアトニック。

 

前走も不利がなければ勝利を

飾っていたという声もあるなか

全く危なげのない競馬で

抜け出した2馬身差の勝利でした。

 

ハンデ58kgは他馬よりも

重くトップハンデでありましたが

そんな函館スプリントステークスを

振り返って参りたいと思います。

 

<函館スプリントステークス2020結果

優勝馬・・・ダイアトニック

2着馬・・・ダイメイフジ

3着馬・・・ジョーマンデリン

 

<函館スプリントステークス2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ジョーマンデリン

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎300円、計400円。

(予想結果=的中・複勝230円×3)

 

勝ちタイム=1分7秒5(晴れ・良)

前半800m通過=33秒4

ペース=ハイペース(0秒7差)

勝ち馬上がり3F=33秒9(7位)

レース上がり3F=34秒1

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬ダイアトニックは1200m戦初勝利

・1番人気馬の優勝は2011年カレンチャン以来9年振り8頭目

・ダイアトニックは今回の勝利でサマースプリントシリーズ1位(現時点:10ポイント)

・ダイアトニック騎乗の武豊騎手は当レース初制覇

・武豊騎手はユニコーンステークス出走のフルフラット(サウジサンバダービー優勝馬)に乗らず、初騎乗のダイアトニックを選び結果を残した。

・ダイアトニックの安田隆行調教師は当レース3勝目

・走破タイム1分7秒5は全27回中2位の時計(1位は2017年ジューヌエコールの1分6秒8)

・速い時計ながら全16頭中7頭が上がり3ハロン33秒台

・芝状態は前残り馬場でインの前が直線でも伸びる

・3着馬ジョーマンデリンは連闘のなか初重賞で3着。これで函館の芝1200mは3-1-1-0の好成績

・上位3頭の4角通過順は2→1→4番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

◎1着→▲3着→〇6着→☆7着でした。

以下馬体診断を実施します。

 

 

まず優勝馬ダイアトニックです。

 

同馬はいつも以上に立派で

張った馬体が目立ちましたが

素晴らしいバランスとあわせて

かなりの好仕上がりにありました。

 

元々前後肢の筋肉には

目立つボリューム感がありましたが

同馬独特の腹袋もすっきり

引き締まって良かったと思います。

 

ずっと体型は独特のもので

変わらないものかと思いましたが

筋肉が増えて腹が引き締まり

更なる成長を遂げてきました。

 

重心も低く体も素軽く

いかにも短距離は合っていますが

これからも短距離の重賞では

注目が必要な強豪です。

 

 

2着馬はダイメイフジです。

 

同馬はいつもふっくらとしていて

柔軟性の高い馬体ですが

先行有利な馬場を味方に

逃げる競馬が功を奏しました。

 

まだ腹周りがぽてっとしており

絞り切れていない印象ですが

好スタートから先手を奪った

スピードは確かだと思います。

 

重賞でも元々馬券内や

オープン優勝もある馬ですし

ボリュームのある馬体を見る限り

衰えは感じない仕上がりです。

 

やや曲飛気味の飛節が目立って

小回りも得意だと思いますが

昨年4着の実績からも

フロックではないと思います。

 

 

3着馬はジョーマンデリンです。

 

同馬は函館を「庭」にしており

曲飛気味の飛節も目立ちますが

スカッと絞れたお腹も細らず

連闘を感じない仕上げでした。

 

昨年中1週で出たときの

条件戦でも細化しておらず

夏は牝馬の格言とあわせて

納得の行く好仕上がりでした。

 

この馬としては前走時既に

1分7秒5で勝ちましたし

函館の舞台適性が高く

その点も生きている感じでした。

 

トモがかなり充実してきており

パンと張り旬を感じさせますが

全体的に厚みが出てくれば

更に上も目指せると思います。

 

それから・・・

 

この日もう1レース行われた

重賞のユニコーンステークスでしたが・・・

 

 

☆1着→〇2着→▲6着→◎9着でした。

 

ここで優勝したカフェファラオですが

こちらもオマケで診断を致します。

 

 

同馬はまだ若く緩さが残り

伸びしろのある馬体をしていますが

圧巻の走りで5馬身差つけ

衝撃を受けるレース振りでした。

 

ルヴァンスレーヴなどもそうでしたが

この時期に飛び抜けたダート馬には

柔軟性が非常に高く

緩く見えるくらいの馬が走ります。

 

骨格がしっかりとしていますし

馬格がありトモも大きい馬で

これからの成長を考えると

非常に楽しみが広がります。

 

ケンタッキーダービーへの切符も

掴めた今回の勝利でしたし

無敗のダービー・オークス馬に続いて

世代を牽引してほしいです。

 

ということで・・・

 

今週は馬産地・北海道の

函館スプリントステークスでしたが

サマーシリーズも無事に開幕して

これから更に盛り上がってきます。

 

秋に向けて存在感を示す

実績馬や上がり馬を追いかけ

はしくれらしい馬券を展開し

的中を目指したいと思います。

 

来週は春の総決算

宝塚記念が開催されますし

一段と気を引き締めて予想を

楽しんで参りたいと思います。

 

いつもご覧下さる皆さま

誠にありがとうございます。

これからも努めて参りますので

よろしくお願い申し上げます。

 

*函館スプリントステークス◎ダイアトニック優勝

パドックロード(2020)6月度会員募集中!

*また、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です