セントウルステークス2019結果・優勝馬はタワーオブロンドン

 

水を得た魚。

 

そんな表現がしっくりくる

快勝を飾ったタワーオブロンドンが

高い短距離適性を見せつけた

セントウルステークス2019。

 

かねてからスプリント路線での

活躍を望んでいたはしくれでしたが

今回本命に推したのはGⅠ馬

ミスターメロディの方でした。

 

春の王者が半年ぶりのここでも

力を発揮できると予想しましたが

果たしてタワーオブロンドンがその差を

どれくらい開いたのか・・・

 

まずは予想結果を振り返って

レースを回顧していきたいと思います。

 

<セントウルステークス2019予想・印&買い目>

本命◎・・・ミスターメロディ

対抗〇・・・タワーオブロンドン

単穴▲・・・イベリス

買い目・・・◎単勝&複勝各100円、ワイド流し◎ー〇▲各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<セントウルステークス2019結果>

優勝馬・・・タワーオブロンドン(〇)

2着馬・・・ファンタジスト

3着馬・・・イベリス(▲)

(◎ミスターメロディ8着)

 

はしくれ・・・完敗です!

今回も応援下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(><)

 

はしくれの本命◎ミスターメロディは8着入線・・・

 

久々とはいえ馬体も良く

かなり期待していた一戦でしたが

在厩調整でタイトなローテーションの

タワーオブロンドンとは1秒の差でした。

 

夏競馬を通じて外厩調整馬と

休み明けについて悩み抜きましたが

まだまだ正解を得るには時間が

かかると感じた結果でした。

 

それでは早速スタートから振り返って

復習して参りましょう。

 

まずそのスタートですが・・・

 

 

大外13番のタマモブリリアンが

一頭出遅れとなりました。

勝ち馬の7番タワーオブロンドンも

あまり良いスタートではありません。

 

序盤は先行したい馬が複数

メンバー中に見受けられましたが

結局テンのダッシュ力が鋭い

ダートの雄・マテラスカイが行きました。

 

 

これをマークするように5番の

ラブカンプーが並びかけましたが

その後ろを追走する形で

ファンタジストとイベリスが続きました。

 

本命◎のミスターメロディは

これを追って3番手集団の外で

タワーオブロンドンは馬群の中ほどで

じっくり進めて行きました。

 

 

前半600m通過は

33秒0の時計で

開幕馬場できれいな芝生の上を

ハイペースで通過して行きました。

 

コーナーを回りながら進出した

ミスターメロディは手応えが怪しく

勝ちに行く強気の騎乗になりましたが

少しふわふわとした走りに見えました。

 

 

直線に入りマテラスカイを捉え

ファンタジストが番手から抜け出しますが

一頭次元の違う末脚で

外からタワーオブロンドンが伸びてきます。

 

イベリスも進路を確保しつつ

ファンタジストと競り合いましたが

この2番手を後目に弾けて見せた

タワーオブロンドンが快勝しました。

 

 

最後は悠々と跨るだけという

ルメール騎手も「完璧」と言うゴール

2着馬に3馬身差を付けての

圧勝と言える内容の競馬でした。

 

元々1400m戦でも

やや長いかなという馬体でしたが

ここのところスピードにも慣れてきて

あっという間の主役候補誕生です。

 

GⅠ馬ミスターメロディは

久々が響いた感じもしましたし

勝ち馬は夏場順調に使えたのが

勝因のひとつにも思えました。

 

ルメール騎手も勝利騎手インタビューで

GⅠを狙えると言いましたが

いよいよ2歳時から期待された

素質馬が完全開花です。

 

それではここからはそんな今回の

馬体診断を実施して参りましょう。

はしくれ配信パドックロード

印は以下の通りでした。

 

 

〇1着→☆3着→◎8着→▲13着でした。

 

それでは早速優勝した

タワーオブロンドンから見て参りましょう。

 

 

優勝馬タワーオブロンドンです。

 

同馬はいつ見ても短距離適性が

高い特有の馬体をしていますが

ボールのように膨らんだ全体と

短く見える胴が印象的です。

 

筋肉質ですが硬さはありませんし

常に柔軟性を保っていて

このあたり在厩で調整する

藤沢調教師の腕によるものでしょう。

 

調教も軽めで北海道からの

転戦というローテーションでしたが

中2週でむしろ上昇を感じる

張りのある好馬体でした。

 

カリカリするような面もありませんし

素直で乗りやすいタイプなのでしょう。

ルメール騎手の笑顔も納得の

仕上がりと圧勝の競馬でした。

 

 

2着馬はファンタジストです。

 

同馬ははしくれが苦手とする

腹袋がぼてっと見えるタイプで

今まではその点がかなり引っかかり

あまり良い仕上がりには見えませんでした。

 

ですが今回はすっきりとしており

もしかして・・・?という印象を持ちましたし

低重心で短距離向きの馬体が

好感が持てる仕上がりでした。

 

元々幅のあるタイプですから

スピード戦には強いですし

レコード決着になった今回の

好走は納得の行くところです。

 

毎回馬体が違う感じで

捉えどころが難しいタイプですが

坂でへこたれたりもしませんし

この距離でまた見てみたいところです。

 

 

最後3着馬はイベリスです。

 

同馬は一目見て成長を感じる

幅のあるつくりに変わっていましたが

+14kgの馬体重は

全て成長分と考えて良いでしょう。

 

▲に推したアンヴァルも相当に

ふっくらとして仕上がっていましたから

迷ってこちらを4番手にしましたが

上位評価は譲れないところでした。

 

元々華奢さが目に付く牝馬で

古馬との対戦で心配もしましたが

パドックを見ればトモが一回り

大きくなって筋肉がつきました。

 

お腹周りも無駄がありませんし

肩の筋肉もバランスよく張っています。

好位で折り合えた気性面もよく

次戦以降も楽しみな存在です。

 

ということで今回は4頭中

2頭が馬券圏内に入りましたが

ミスターメロディは8着と意外な

結果に終わってしまいました。

 

ですが8割5分の仕上がりでしたし

それでも成長を感じられましたので

次戦もGⅠに出走するなら

注目が必要だと思います。

 

またデータ予想は買い目をボックスと

迷って軸を立てて失敗でしたが

このあたりはまだトンネルの中ですので

じっくり修正したいと思います。

 

応援下さる皆様には毎回

ご心配をお掛けしておりますが

次の的中へ向け諦めずに

臨んで参りたいと思います。

 

また秋に入り寒暖差が大きくなり

不調になりやすいこの頃です。

ご覧下さる皆様におかれましても

お体にはご自愛ください。

 

そしてまた次の当ブログ予想で

お会いできれば幸いです。

今回もご精読下さいまして

誠にありがとうございました。

 

☆はしくれの個人配信

パドックロード(2019)9月度会員募集中!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「セントウルステークス2019結果・優勝馬はタワーオブロンドン」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様です。
    タワーオブロンドンはスプリンターとして覚醒した感じに見えますね^^
    適応能力が高いのか本来の潜在的なものなのか分かりませんけども万全ならスプリンターズSで勝ち負けあっても不思議ではないかなと思って見ました^^;
    残念ながらここを使った事でローテ的にスプリンターズSではお釣りが無くなったかなと思って見てますがもしかして藤沢厩舎のグランアレグリアとタワーオブロンドンのワンツー何て事もあるかもしれませんね^^;

    1. 炭酸水さん、ありがとうございます(*^^*)
      タワーオブロンドンは本当に短距離戦が合っていたのでしょうね。物凄い強さでしたが次走は鞍上も変わりそうでどうですかね(^^;)
      藤沢調教師はタイキシャトルを育てた前例もありますから、元々短距離馬は得意分野だと言うことも有ると思います。
      もしワンツーしたら凄いですよね。更にスプリンターズステークスが楽しみになる結果でした☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です