レパードステークス2019結果・優勝馬はハヤヤッコ

 

白毛馬。

 

レパードステークス2019は

混戦ムードの中差し切った

田辺騎手騎乗のハヤヤッコが

デルマルーヴルを制して優勝。

 

これまで中央重賞において

白毛馬の勝利はありませんでしたが

2週連続の重賞勝利で

田辺騎手が見事に捌ききりました。

 

道中は各馬早目に動いて

最後上りがかかる展開でしたが

流れに逆らわず外に持ち出す

好騎乗にハヤヤッコが応えて快勝。

 

そんな一戦となったレパードステークスの

一戦ではありましたが

まずは今回も予想から振り返って

回顧して参りましょう。

 

<レパードステークス2019予想・印&買い目>

本命◎・・・エルモンストロ

買い目・・・◎単勝100円、複勝200円、計300円。

 

それでは結果です。

 

<レパードステークス2019結果>

優勝馬・・・ハヤヤッコ

2着馬・・・デルマルーヴル

3着馬・・・トイガー

(◎エルモンストロ10着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

今回も全く良いところなく

宝塚記念以来の不的中で・・・

非常に長いトンネルが続いて

疲れきっている今日この頃です。

 

復習しても予想を精査しても

こういう駄目なときは続くものですが

先が見えないからと嘆いてばかりいても

結局何も変わることはありません。

 

こういう時は多少がむしゃらでも

やれることをひとつづつやりながら

トンネルで過ごすときの在り方を

ご覧いただければと思います。

 

それでは今回も苦しい気持ちですが

いつも通りレース回顧に参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

 

中で9番のトイガーがやや後手も

大きな出遅れはない状態で

各馬早目の立ち回りを意識して

序盤は速い流れになりました。

 

 

序盤の鍵を握ったのは中から

押し出したハヤブサナンデクン

これに短距離で勝ち上がってきた

サトノギャロスが競り掛けます。

 

後続も前方に引っ張られながら

隊列も徐々に決まってきますが

やや縦長になったなか先行馬は

スタミナを消費する展開でした。

 

 

前半800mの通過タイムは

47秒1の時計で

これは前後半差4秒1もある

かなりのハイペースとなりました。

 

含水率が殆どないダートで

乾いた力の要る馬場状態から

先行各馬のスタミナの懸念は

十分察せられたところでした。

 

 

それでもここから内を突いて直線

デルマルーヴルが抜け出しましたが

地力で何とか粘り込んでいて

脚色はあまりよくありません。

 

後続との差が縮まってくると

今度は外を突いたハヤヤッコ

猛然と脚を伸ばして先団を

捉えきったところがゴールでした。

 

 

この展開を読んでいたのかどうか

定かではありませんでしたが

道中後方3番手で進んだ

田辺騎手の騎乗が生きてきました。

 

対して先に抜け出しを図った

デルマルーヴルはよく粘りましたし

これまでの実績が伊達じゃないと

感じられる価値のある2着でした。

 

暑いですし冷酒でもしばきながら

冷ややっこでも食べたい気分でしたが

そんなダジャレを言ってる場合じゃないと

目の覚める白毛馬のゴールでした。

 

因みにこの展開を考えてか

アッシェンプッテルも人気でしたが

12着という結果に終わって

競馬の難しさを実感しています。

 

それではここからは当ブログ名物

馬体診断へと参りましょう。

はしくれの配信「パドックロード」

印は以下の通りでした。

 

 

◎6着→☆9着→〇10着→▲11着でした。

 

目も当てられない結果となり

会員様には大変申し訳ございませんでした(><;)

 

データ・パドック両面で完敗の

レパードステークス2019でしたが

上位3頭の馬体診断も

きっちり行って参りたいと思います。

 

 

まず優勝馬ハヤヤッコです。

 

ちょっと影で見づらいところですが

バランスは悪くありません。

柔らかい身のこなしでバネも感じられ

及第点と言える仕上がりでした。

 

ただ選出できなかった理由としては

まだ全体に緩い感じがしたのと

全体にボリュームが乏しいかなと

懸念したことが原因です。

 

トモの張りは目立った一頭ですが

成長途上に感じられたので

良くなるのはまだ先かなあと

手を出しづらい一頭でありました。

 

展開の助けもありましたが

それにしてもよく走っていますし

白毛で暑さに強いというところも

あてはまったかなと思います。

 

 

2着馬はデルマルーヴルです。

 

この馬は本当にタフな馬で

抜け出して粘れることもそうですが

海外や地方に遠征しながら

環境の変化によく耐えています。

 

腰の部分が細く独特なフォルムで

いつも判断に迷いますが

思いきって切ってしまったことは

完全に裏目に出てしまいました。

 

人気でしたし勝ちに行く競馬で

あれだけ粘るのは地力の高さですし

見た目からは想像できないほど

タフさを備えていると思います。

 

落ち着きがあって大人な馬だと

感心させられる一戦でした。

相馬眼上達の糧にできなければ

申し訳ないと思っています。

 

 

そして3着馬トイガーです。

 

同馬はおそらく何回やっても

手が出せないタイプだと思いました。

 

お腹がぽっこり下側に張っていて

バランス面でも懸念がありましたし

肉付きは良いのですが硬そうに見え

手が出せない仕上がりに感じました。

 

こういうタイプは稀に来ますが

常に狙えるものではありませんし

他馬との比較に加えて同馬自身の

縦の比較もしなくてはなりません。

 

非常に難しい判断が問われる

高難度なパドックだと感じますが

ダートの中距離は適性が高そうで

その点は合点のいくところでした。

 

ということで・・・

 

まさしくこのところボロボロな予想で

負けまくっている当ブログですが

回収率は80.19%と

なんとかギリギリボーダーラインです。

 

ガミリながらも的中を重ねていた

春シーズンの粘りが効いていますが

この夏に吐き出した貯金をどうして

糧にできるのか現在思案中です。

 

やるからにはやはり上を目指して

取り組んでいきたいと思いますが

トンネル脱出にはまずは謙虚さが

一番大切になるところです。

 

慎重に少しづつ打開しながら

トンネルに火を灯したいと思います。

応援下さる皆様のためにも

来週も頑張って予想します。

 

ご心配をおかけし申し訳ございませんが

これからもよろしくお願い申し上げます。

 

*小倉記念本命◎カデナ2着。

パドックロード(2019)8月度会員募集中!

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「レパードステークス2019結果・優勝馬はハヤヤッコ」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様です。
    盆前の繁忙期に忙殺されて競馬は一時お休みです_:(´ `」 ∠):_
    買ったとしてハヤヤッコ頭では買う事は無かったので間違いなく撃沈でした。
    小倉記念もメールドグラースが負けるならここかなとも思っていたのでどちらにせよ撃沈必至でしたね。
    週末は休みなのでまた競馬します^^
    今月もよろしくお願いします!

    1. 炭酸水さん!お疲れ様です(*^^*)
      なんと、大変な時期なのですね・・・!
      炭酸水さん、どうなさっているのか心配しておりました(*ーー*)
      先週はレース選びから、パドックまで不本意な結果でしたし、
      出直しの気持ちでまた今週も力一杯取り組む決意です。

      炭酸水さんも大変な中、コメントまで下さりありがとうございます(*TT*)
      今月もまだ始まったばかり、笑って終われるよう頑張ります。
      こちらこそよろしくお願い申し上げます(*^^*)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です