日本ダービー2019結果・優勝馬はロジャーバローズ

 

9310円。

 

日本ダービー史上に残る

高額の単勝配当を記録し

12番人気で優勝した

ロジャーバローズと浜中俊騎手。

 

まさかの2番手からの激走に

直線は静まるような空気さえも

周囲から感じ取れるほどだった

日本ダービー2019でした。

 

今週からCコースに変わって

最内枠の同馬には追い風でも

57秒台を計時する

速い流れを慌てず前で追走。

 

沢山の人が見守る中で

驚きの声が漏れた結果でしたが

競馬の怖さ、面白さが詰まった

緊張感ある一戦でした。

 

今回は一強か三強かで

下馬評が割れていた戦前でしたが

波乱の結果をまずは予想から

振り返って参りたいと思います。

 

<日本ダービー2019予想・印&買い目>

本命◎・・・サートゥルナーリア

対抗〇・・・ヴェロックス

単穴▲・・・ダノンキングリー

特注☆・・・アドマイヤジャスタ

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<日本ダービー2019結果>

優勝馬・・・ロジャーバローズ

2着馬・・・ダノンキングリー(▲)

3着馬・・・ヴェロックス(〇)

(◎4着、☆18着)

払戻金・・・ワイド380円。

 

はしくれ・・・的中です!

が、オークスに続きトリガミとなり・・・申し訳ございませんでした(><)

 

単勝配当9310円の大穴馬券に

的中された方が羨ましいやら

競馬の怖さを感じるやらで

色々と複雑な心境です。

 

ただ

トリガミとはいえワイドボックスで

地道に回収できたことには

少し安堵した気持ちもあるのが

現在の偽らざる気持ちです。

 

この大舞台で死力を尽くして

戦い抜いた18頭の競馬を

感謝の気持ちを抱きながら早速

振り返りたいと思います。

 

それではまずスタートですが・・・

 

 

いきなり大本命サートゥルナーリアが

ゲートで上手く行かず出遅れます。

 

これによりかなりポジション争いで

不利に立たされた同馬でしたが

好スタートを決めたロジャーバローズは

淡々と最内を先行しました。

 

序盤はこのロジャーバローズと

隣枠からサトノルークスも出ますが

これを制して外からまくるように

リオンリオンが逃げの手を打ちました。

 

 

このリオンリオンが最内を突いて

勢いよく先頭を奪い切ると

速い流れをあまり気にすることなく

後続を引き離しにかかります。

 

2番手のロジャーバローズはそのまま

自分のポジションを保って進み

ここから後続もまた5馬身ほど

開いて馬群が縦に伸びました。

 

 

前半1000mの通過は

57秒8というハイペースで

これがモニターに表示されると

ざわめきが場内に巻き起こりました。

 

リオンリオンは速いペースでかなり

序盤から飛ばしていきましたが

ロジャーバローズとしては丁度適した

ペースで流れていたようです。

 

このことはレース後の浜中騎手が

コメントで述べている通りですが

描いたような展開を追い風にして

4コーナーを手応えよく回りました。

 

 

赤丸の優勝馬ロジャーバローズは

2番手でまだ余裕を感じます。

対して出遅れた大本命馬

サートゥルナーリアはまだ矢印の位置でした。

 

ロジャーバローズのすぐ後ろからは

ダノンキングリーが勢いよく追い上げ

先頭のリオンリオンが下がると

マッチレースの様相を呈します。

 

 

この2頭の外から上がり最速で

サートゥルナーリアも追い上げてきますが

馬場の良い内の2頭を中々

捉えらずに苦戦します。

 

真っすぐ走らせることを意識した

ロジャーバローズとダノンキングリーが

少し間を開けて競り合いながら

最後の勝負へともつれ込みましたが・・・

 

 

最後まできっちり粘り通した

ロジャーバローズがクビ差で優勝。

熱気に包まれた令和最初の

ダービー馬に見事戴冠しました。

 

浜中騎手もとても驚いたという

そんなゴール後の雰囲気でしたが

多くの観衆が同じ気持ちを

共有したダービーの終幕でした。

 

今回予想の良かった点は

リオンリオンが外枠に入ったことで

序盤が速くなりそうなことを

読めていたことだと思います。

 

一方馬場の良い最内枠の

ロジャーバローズの粘り腰を

無警戒に予想を組み立てたことは

反省点として残りました。

 

ラップ構成を見ると序盤の流れが

速いために最後はスタミナが必要で

その分コースの内外の差と

ポジショニングの差が影響していました。

 

馬場がどんどん変わっていく中

予想も変化を求められることを

楽しみつつ上達していければと

思えるダービー2019でした。

 

それではここからは当ブログ名物

馬体診断を行って参りましょう。

はしくれの有料パドック速報

パドックロードの印は以下の通りでした。

 

 

〇2着→▲3着→◎4着→☆10着でした。

 

それでは早速1着に入線した

ロジャーバローズからご覧いただきましょう。

 

 

優勝馬ロジャーバローズです。

 

同馬は最初の入場時から

特に物怖じせずに歩いていましたが

馬体の張りも上々で調子はよく

仕上がりは良かったと思います。

 

たださすがにダービーというメンバーで

他馬の仕上がりにも目を引く馬が多く

特段選びたいという衝動には

駆られなかったというのが本音です。

 

やや胴が長くこの距離自体は

得意にできる素質はありましたし

大きく見せていたこと自体も

好感が持てる周回となりました。

 

独特のお尻を少し高く見せる

フォルムが印象的な同馬でしたが

ボリューム感ある絞れた馬体も含めて

ダービーに向いていたということでしょう。

 

 

2着馬はダノンキングリーです。

 

同馬は今回データ予想より

印をひとつ上に取りましたが

その仕上がりの上昇度を見るにつけ

本命にするか迷うほどのものでした。

 

特に冴え渡っていたのは毛ヅヤで

柔軟性の高い筋肉に加え

ふわふわと光をまとっているような

特別な輝きが見られました。

 

距離適性はこの仕上がりであれば

十分こなせそうに思えましたし

その点も心配は無用かなと

判断して対抗に推しました。

 

パドック時に皐月賞と比べて

実力接近が窺えたため

成長力も感じさせてくれたのが

今後も楽しみな逸材です。

 

 

3着馬はヴェロックスです。

 

この馬は本当にいつの時でも

好仕上がりにある馬なのですが

+8kgの発表でも馬体は

やや細いかなと思いました。

 

まだ成長途上で筋肉の張りも

一段と良くなりそうな気配ですし

何より柔軟性も高いですので

距離の融通も利きそうです。

 

瞬発力とスタミナと距離適性

全てにおいて高次元な馬体で

これからも活躍が楽しみだと

改めて思う一頭でした。

 

 

そして断然人気を背負った

4着馬サートゥルナーリアです。

 

同馬はそのバランスの良さゆえに

特別感が素晴らしい馬でしたが

今回は同馬を知ってから一番

バランスに疑問が残りました。

 

それはトモにかけての腰部分に

少し緩さが感じられたからで

僅かにいつものような優美さのある

平衡な歩様ではない気がしました。

 

この感覚は判断が難しく

全体としては好仕上がりでもあり

ダノンキングリーを上に取るべきか

非常に悩ましいところでした。

 

筋肉量やお腹の絞れ具合は

問題なく好感が持てましたし

完成度が高いだけに今後の

推移も見守っていきたいです。

 

ということで・・・

 

大波乱の結果で騒然となった

日本ダービー2019でしたが

あなたのダービーはどんな思い出に

彩られたことでしょうか。

 

はしくれはパドックを見届けたあと

こんな光景を目に致しましたが

この景色が個人的には非常に

印象深いものとなりました。

 

 

スタンドにファンが溢れ返っているため

ロープを張って制限する方々です。

安全に競馬を観戦するにあたり

ご尽力下さりありがとうございます。

 

割合空いている観戦場所へと

ファンの方々を誘導していましたが

こういう方たちのご尽力によって

安全に観戦できるのでした。

 

さて

日本ダービーが終わりを迎え

来週からは気分も変わりますが

競馬は休むことなくこれからも

その歴史を紡ぎ続けていきます。

 

その絶え間ない歴史の中に多くの

的中を記録していけますよう

これからも精進して参りますので

当ブログをよろしくお願い申し上げます。

 

あなたの競馬がこれからもどうか

あなたを幸せにしてくれますように・・・

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「日本ダービー2019結果・優勝馬はロジャーバローズ」への8件のフィードバック

  1. 僕にとっては、初めての日本ダービーでした。
    競馬予想を始める前からレース名は知っており、とても重みを感じていました。
    さらに2018年のダービー。優勝を果たした福永祐一さんが、ワグネリアンの背で涙をこらえきれずにいる映像を観て、本当に特別な一戦だと思っていました。

    はしくれさんの「競馬予想のゴール…あなたはどこに?」という記事が、ダービー目前に更新されたことも、ダービーへの思いを熱くさせてくださいました。結果的に、熟考する前にダービー当日を迎えてしまいましたが、今後しっかり考えていきたい内容です。

    さて、そんな初予想の日本ダービーは、「3強」のいずれも1着を死守できませんでした。(本命は3強ではなかったのですが…)
    一日経っても、心の声を言葉にするのは難しいですが、競馬というものを見直す機会を与えてくれる貴重なレースとなりました(^^)

    今週の安田記念は「アーモンドアイvsダノンプレミアム」と言われておりますが、果たして…。今からとても楽しみです! 後悔のないように予想していきたいと思います。

    1. ジェイさん、ありがとうございます(^^)

      ブログを拝見致しましたが、徹夜の列にいらっしゃったのですね!
      当日も暑く長い時間の中、本当にお疲れさまでした。

      日本ダービーはやはり特別で区切りのレースということもあり、
      これから新馬戦も始まりますし、関係者の集大成が問われる一戦です。
      それは予想家としてもそうですし、多くの競馬ファンの節目ですから
      思い出深い一日を過ごすことがとても大切なことだと思います。
      ですからジェイさんのダービーはひとつの成功の形だと思います。

      またコラムのご感想をいただき誠にありがとうございます(*^^*)
      ダービー週はアクセスも集まるので、はしくれの自己紹介も兼ねまして
      新規でご覧の方や、リピーターの方々に現在のはしくれを知っていただこうと思いました。
      お楽しみいただければ幸いです。

      レースとしてははしくれの見解は「3強は全て強かった」という見解で
      その上でロジャーバローズが特に強かったという視点で見ています。
      やはり勝った馬というのはそれなりに特別な何かが有ると見ていますし
      強い3強に勝ったのだからそれは相当に強いという見解です。
      クラージュゲリエも良い馬でしたし、まだまだ上を目指せると思います。
      ひと夏越して菊花賞戦線で上昇してほしいところです。

      安田記念は非常に楽しみですし、またアーモンドアイに会えるのが嬉しいです。
      昨年のジャパンカップからの推移を楽しみに当日に臨みたいと思います。
      お互い予想家として悔いのないよう予想して参りましょう(^^)!

  2. 凱旋門賞を勝つための記事について読ませて頂きました。
    大変参考になり、もし行くことになれば 活用させていただきたいと思います

    1. よねさん、ありがとうございます(*^^*)

      凱旋門賞を観戦されるのかも知れないのですね!
      羨ましい限りです。

      このコラムではこれまでの歴史に基づいて話していますが、未来永劫この論理が通用するかは誰にも分かりません。ですが昨年のクリンチャー然り、日本調教馬の中でも大型馬は苦戦傾向にあると言えます。
      知識として備えていれば観戦に深みが増すことと思いますので、観戦のお供にしていただければこれ以上ない幸いです。

      よねさんの凱旋門賞がどうか素敵なものになりますように☆

      1. 返信ありがとうございます
        観戦ではなく、ロバロの担当なので
        客観的にとらえた情報収集をして準備しておかねばと。
        レースまでの大戦略はテキがしてくれますから
        勝つための仕上げの戦略を今から練って
        いこうと思っています
        まだ決定ではないですけどね

        1. よねさん、こちらこそありがとうございます。

          ロバロとはロジャーバローズのことでしょうか?
          先に凱旋門賞挑戦濃厚との報を知りましたが…
          もし関係者の方であればとても大事な時期かと思います。
          そのような中、情報収集にあたり当コラムをご覧下さり光栄です。

          ダービー時、はしくれは同馬に印を打つことができませんでした。それは大変残念な事でしたが、同馬の活躍を楽しみにしています。

          当コラムを刷新するような関係者の皆様方のご活躍を、心より応援申し上げます。

          1. こんばんは
            あれから、馬体重と馬場の相関関係を調べて、今後の仕上げの方向性が見えてきました。
            エネイブルの圧倒的な強さにどこまで通用するかとなると…
            これから馬の成長力に頼る部分も大きいでしょうが、競馬はやってみなければわからないといえるレベルまで引き出せるように頑張ってきます
            8月20日に出発予定で40日間という短期間で適応させるという課題に、はしくれさんのブログをきっかけに学んだ事を役立てたいと思います
            ではでは(@^^)/

            検疫90日間ルールが滞在日数を制約するんですよねぇw

          2. よねさん、ありがとうございます(*^^*)
            そして、心からの声援を送らせていただきます。
            エネイブルは素晴らしい馬ですが、ロジャーバローズもまた素晴らしい馬です。
            マイナス8kgで日本ダービーを制した仕上がりの妙といい、
            管理される皆様の愛情とご尽力に吉報を期待せずにはいられません。
            もしはしくれのブログがお役に立つことがあれば無上の喜びです。

            検疫を含め慣れない土地でのご滞在は大変かと存じますが
            よねさんや角居厩舎の皆様方にはどうぞご自愛くださいませ。
            同じ地球の片隅でご武運を祈りつつ、幸多き遠征を願っています(*^^*)!

コールミージェイ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です